カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

万年筆

万年筆を始めるなら「カクノ限定パッケージ」がオススメ

PILOTから発売されている大人気の万年筆「カクノ」の限定パッケージが発売されています。 僕はこの間の週末に、岡崎のPEN'S ALLEY タケウチさんで購入してきました。 (購入時に、PILOTの創立百周年記念インキ「七福神」を吸入できるということで、パッケー…

プラチナ万年筆 富士旬景シリーズ第三作「#3776 CENTURY 六花」

プラチナ万年筆から富士が織りなす旬な風景からインスピレーションを得てデザインされる「富士旬景シリーズ」の新作が発表されました。 今回発表された富士旬景シリーズの第三作目は「#3776 CENTURY 六花(ろっか)」です。 富士旬景シリーズ第一弾「春暁」…

万年筆のインク対応のローラーボールペン「Schneider Ray」

万年筆のインクって、ご当地インク・店舗オリジナルなど本当に種類が豊富で、ついつい購入して増えていきます。 万年筆のインクを消費しようと思ったら、万年筆に入れて使うだけではありません。 ガラスペンというものもありますし、中には万年筆のインクが…

Pineider の万年筆はデザインだけじゃなく書き味がスゴい

昨年12月に発行された「趣味の文具箱 Vol.48」の表紙を飾ったイタリアの「Pineider」(ピナイダー)というメーカーの万年筆。 趣味の文具箱 Vol.48[雑誌]出版社/メーカー: エイ出版社発売日: 2018/12/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る www.…

名古屋で「プラチナ万年筆 100周年フェア」が開催されます

プラチナ万年筆さんが今年で100周年ということで、「100周年フェア」ということでイベントが名古屋でも開催されます。 プラチナ万年筆 100周年フェア プラチナ万年筆 100周年フェア 期間・場所 期間:4月8日(月)〜4月23日(火) 開催場所:東急ハンズ 名古…

万年筆をオシャレに収納する「文具箱」シリーズ

万年筆が好きな人は、同じシリーズで全ての字幅を揃えたり、好きな軸の色で揃えたり・・・ 興味のない人からしたら、使うのは1本なのになんでそんなに購入するの?と不思議で仕方がないことでしょう。 「万年筆樹海」とはよく言ったもので、万年筆に興味を持…

「インク工房」でフラッシュ?するオリジナルインクをお願いしてみた

2月16日(土)・17日(日)の2日間、JR高島屋ナゴヤの11階の万年筆売り場でセーラー万年筆の「インク工房」が開催されていました。 セーラー万年筆さんは、数多くの万年筆のインクを販売されています。 代表的なのは「インク工房」という名称で100色のインク…

お祝いやプレゼントだけでなく、万年筆初心者にもおススメセット

1月も後半となり、もう少ししたら卒業・進学・入社シーズンになりますね。 卒業記念や進学記念・入社祝いに、何か送りたいけど何がいいかな?なんて考えている人もいるのではないでしょうか。 昔は高校や大学の入学祝いや、入社祝いに万年筆をプレゼントする…

kakunoにペンクリップが欲しい!ならばコレ!!「SMART-CLIP」

あったらいいな〜と思うようなユニークな商品を製造・販売している「UNUS PRODUCT SERVICE」から、新たな商品が発売されました。 UNUS PRODUCT SERVICEは、今までZEBRAのデルガードや三菱鉛筆のクルトガ スタンダード モデルの軸を太くする「SMART-JACKET」…

人生2度目の福袋(文房具ザックザク)

元旦に学生の頃の友人から、翌日に名古屋で昼呑みしないか?と連絡があり、生まれて初めて正月三が日に名古屋に行きました。 もうね、すっごい人出です。正月三が日ぐらい、ゆっくりテレビを観ながらぼんやりと過ごす正月しか送ってこなかった僕には驚きばか…

鉛筆のような外観の万年筆「Kaweco SPECIAL FP」

先日参加した万年筆のイベントで、非常に多くの万年筆を見て実際に試筆したのですが、その中で僕の感性にあった万年筆がありました。 Kaweco はドイツの筆記具メーカーで、軸の短い万年筆などオシャレなデザインの万年筆を発売されています。 今回は先日入手…

カリグラフィーが楽しめる万年筆「ハイエース ネオ クリア カリグラフィー」

文字を美しく見せるための手法のカリグラフィーをご存知でしょうか。 僕は一昨年、岡崎にあるPEN'S ALLEY Takeuchiさんで講習会に参加して、カリグラフィーの素晴らしさに触れました。 その時は、PILOTのパラレルペンで行ったのですが、ちょっと練習するだけ…

オシャレで書き味滑らかな台湾万年筆「TWSBI ECO」

最近、話題に上る事が増えた事として「台湾文房具」があるかと思います。 なんでも台湾は日本に並ぶ文房具大国だそうです。 そんな「台湾文房具」のハシリというと、僕は「TWSBI」を連想します。 日本で発売された今年の夏あたりから、注目しており機会があ…

プラチナ萬年筆 創業100周年記念万年筆

国産万年筆メーカーといえば、パイロットコーポレーション・プラチナ萬年筆・セーラー万年筆の3大メーカーが思い浮かぶことでしょう。 そのうちの1社のプラチナ萬年筆が、2019年2月1日に創業100周年を迎えるそうです。 そこで創業100周年を記念して、創業100…

大垣市で万年筆の魅力を余すことなく体験できるイベントが開催されます

岐阜県大垣市で毎年開催されている「おむすび博」というイベントがあります。 イベント名を聞いたときは、みんなで「おむすび」を作って食べるのか?と「博」の字を無視して、クエッションマークが脳内にいっぱい発生しました。 このイベントは別に「おむす…

川崎文具店のクリスマスセット及び新インクサービス

先日、岐阜県大垣市にある川崎文具店さんにお邪魔したら、素敵な商品がありました。 以下は、川崎文具店さんの紹介記事です。 pi-suke.hatenadiary.jp pi-suke.hatenadiary.jp それは川崎文具店さんの特製クリスマスセットです。 特製クリスマスセット 川崎…

珍しいガラスのペン先を採用した万年筆

大分県にあるワンチャーというメーカーが珍しい万年筆を発売されています。 それはガラスのペン先の万年筆です。 ガラスペンは、付けペンの1種で筆記するときにペン先にインクを含ませて筆記する物です。 一度インクを含ませれば、ハガキ1枚くらいは筆記でき…

パイロットから新モデルの万年筆が発売です

パイロットから新たな筆記具が発売されます。 今回はペン習字向けの筆記具です。 ペン習字向けとなっていますが、低価格の万年筆です。 ペン習字ペン ペン習字ペン プレスリリース:万年筆『ペン習字ペン』発売 | プレスリリース | PILOT 製品情報 ペン種:…

セーラー万年筆のオリジナルペン先の万年筆が再販売開始です

セーラー万年筆が2015年12月より段階的に休止していたら、オリジナルペン先万年筆が10月5日より販売が開始されるそうです。 プレスリリース このオリジナルペン先万年筆は、熟練の職人の手作業で一本一本生産とのことで当面は製品取扱販売店は国内・海外計50…

PILOT 創立100周年 限定万年筆

PILOTが10月1日に創立100周年となるそうです。 100年前の1918年は何があったのかな?と調べたら、歴史の授業で習った7月に富山で米騒動が起こったり、第一次大戦が終結した年なんですね。 ちなみにこの年には、PILOT だけでなく、トヨタ紡織やパナソニックが…

新機能搭載で鉄ペンとは思えない「PROCYON」

2018年7月20日にプラチナ万年筆から新発売発売された「PROCYON」を先日、JR高島屋で展示されていたため試筆してきました。 この万年筆はネット上で話題になっており、是非とも試筆したいと思っていました。 プラチナ万年筆「PROCYON」 PROCYON紹介HP:プラチ…

日本語を書くのに最高の万年筆「長刀研ぎ」

日本語を万年筆で筆記した際に、どうも美しく書けている気がしませんでした。(まぁもともと汚文字なのですが・・・) よくよく書いた文字を観察してみると、アルファベットにはない「トメ」「ハネ」「ハライ」が美しいとイメージする形になっていないのです…

インク工房の楽しみ方

今日(7月28日)、明日(7月29日)と松坂屋名古屋店の万年筆売り場で、セーラー万年筆のインク工房が開催されています。 www.sailor.co.jp オリジナルのインクが作れるインク工房 ここ数年、近所でインク工房のイベントが開催される場合は、ほぼ参加していま…

愛知の文具王からプレゼントしてもらった謎のペンを調査

先日、文房具朝食会@名古屋を主催している猪口フミヒロ(id:fumihiro1192)さんに会ったら、こんなペンをプレゼントしてくれました。 フミヒロさんからプレゼントしてもらった謎のペン ただフミヒロさんもデッドストックのペンなので、ペンの詳細は分からない…

文具店の店長が惚れたメーカー「Schneider」

ISOT 会場でばったり某文具店の店長さん遭遇しました。 同一日にISOT に行くということは伺ってはいたのですが、まさかあんな広い会場で、しかも僕が会場到着後1時間もしない内にお会いできるとは思ってもみなかったです(笑) さすが筆記具大好きな店長さん…

初Pelikan は「M205 デモンストレーター」

今年の5月末に発売されたPelikan さんのM205 デモンストレーターをお迎えしちゃいました。 実はPelikan さんの万年筆は、これが初めてのお迎えです。 色々な機会にPelikan さんの万年筆は試筆しており、非常に癖がなく素直な書き味の印象を持っていたのです…

カスタムメイドの万年筆「中屋万年筆」

憧れの万年筆として、今は廃業となったイタリアのDELTA がありました。まぁ幸いにも、廃業する数年前に手にすることができました。 国産での憧れの万年筆は、中屋万年筆さんです。 www.nakaya.org ただとても高価で、オーダーメイドのため、なかなか見る機会…

万年筆の調整に挑戦

万年筆は使えば使うだけ自分の書く癖に馴染んで、唯一の筆記具になります。 こうなると他の筆記具では味わえない、なんとも言えない書き味となり、本当にストレスなく筆記することができます。 でも、毎日使っていても、自分の書き癖に馴染むまで何年も掛か…

第94・95回の文房具朝食会@名古屋、テーマは万年筆

本日、第94・95回の文房具朝食会@名古屋が開催されました。 会場は、文房具朝食会@名古屋の溜まり場?となっている、名古屋国際センター近くのNo Detail Is Small さん。 nodetailissmall.com 今回は午前に「万年筆どう使ってますか?」、午後に「万年筆と…

エントリー万年筆に「preppy」

ここ数年各社から入門万年筆として、色々な商品が発売されています。入門万年筆という位置付けは、僕の中では1,000円までと考えています。 正直、当初は1,000円の万年筆なんて粗悪品だろう。とたかを括っていました。しかし実際に手にしてみると、さすが日本…