カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

珍しいガラスのペン先を採用した万年筆

大分県にあるワンチャーというメーカーが珍しい万年筆を発売されています。

それはガラスのペン先の万年筆です。
ガラスペンは、付けペンの1種で筆記するときにペン先にインクを含ませて筆記する物です。
一度インクを含ませれば、ハガキ1枚くらいは筆記できる実用性と、ガラスの持つ美しい外観を合わせて持っています。

そんな実用性と優雅な外観を持つガラスペンに、インクを含ませる必要のないカートリッジ・コンバーターの両用式が使える利便性を併せ持った筆記具です。

しずく万年筆 うらら

f:id:Pi-suke:20181103170427p:plain:w300
しずく万年筆 うらら

jp.wancherpen.com

商品情報

発売は2018年8月から行われているそうです。
価格は30,000円(税別)とのことです。

f:id:Pi-suke:20181103170420p:plain:w300
美しいペン先

ペン先のサイズは、中字程度とのことです。

このガラスペン先の万年筆は、万年筆と同じように胴軸にカートリッジやコンバーターにインクを吸入して、そこからインクを供給する仕組みになっているそうです。
通常のガラスペンと異なり、キャップもついているので、携帯することもできます。

 

このガラスペン先を持った万年筆は、元々は日本で開発された技術だそうです。
しかし戦後は日本では見られなくなったそうですが、台湾でこの技術が代々受け継がれてきたそうです。
そんな日本で一度は見なくなった技術を使った万年筆が、復活したそうです。

この商品は、軸の素材に特殊合金を採用して、細身のボディになっているそうです。
キャップを締めた状態で全長140mm、軸径は最大径でも12mmという細身です。
女性が使用することを想定しているから、このような細身で優雅なボディが採用されたのでしょうね。

ただこの商品はハンドメイドのため、発注から納品まで1〜2ヶ月程度の時間が掛かる見込みとのことです。

 

万年筆でしたためる女性も素敵ですが、ガラスペンだとより一層女性らしい優雅で繊細な雰囲気を演出できそうです。
今から発注すればクリスマスに間に合うのかな?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。