カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

スターバックスとコクヨのコラボした環境に配慮されたノート

僕の中でオシャレなコーヒーショップのイメージが非常に強い「スターバックスコーヒー」
大学生の頃に僕の生活圏内にも出店されて、憧れながらも来店する勇気がなかなか湧かず躊躇した記憶があります。
まぁいまだに独りでスターバックスに行くと、注文はホットかアイスの2択なんですけどね・・・
カスタマイズもできて、たまに呪文か?と思うようなオーダーをされているお客さんを羨望の眼差しで見ています。

そんなスターバックスコーヒーさんが、コクヨとコラボしてノートを発売されるという事で先日ノートを買いにスターバックスに行ってきました。
そしてコーヒーを注文せずノートだけお会計したら、店員のお姉さんに話しかけられてちょっとビックリしました。

スターバックス キャンパスリングノート

f:id:Pi-suke:20190831203602j:plain:w300
スターバックス キャンパスリングノート

●紹介ページ
スターバックスがCampusと初コラボレーション!ミルクパックをリサイクルした、サステナブルなノート誕生。」
https://kokuyo.jp/starbuckscampus/pr/

製品情報

※ブルーグレー、ピンク、ホワイト、カーキ、グレーの5色展開で、ホワイト以外は限定色

製品特徴

この商品はスターバックスコーヒーの店舗から排出されるミルクパックを再生して表紙・裏表紙に使われているそうです。

スターバックスの全国約1,450店舗で、あわせて年間約1,000トンものミルクパックが排出されるそうです。
もともとスターバックスでは、ミルクパックは100%リサイクルされていて、紙ナプキンやお手拭きに生まれ変わっていたそうです。
さらにミルクパックだけでなく、聞いた話では店舗で出るコーヒーカスも再利用されているそうです。

もともと環境意識の高い企業なんですね。
店舗だけで循環させるだけでなく、より身近に幅広い世代の人に使ってもらえるようにとコクヨとコラボされたそうです。

今回のコラボノートには、約30トンのミルクパックが使われているそうです。

再生紙でできた表紙・裏表紙とのことですが、紙が反らないようにコーティングされています。
手触りはまるで蝋のような独特なコーティングです。
紹介ページを読んでみると、2年半の歳月の試行錯誤の結果のようです。

f:id:Pi-suke:20190903221411j:plain:w300
表紙デザイン

表紙や裏表紙を見てみたときに、再生紙独特の黒い斑点などが非常に少ないことに驚きました。
これは材料となったスターバックスのミルクパックそのものの印刷が少なくて、さらにモノクロのシンプルなデザインのためのようです。

中紙はコクヨのキャンパスノートと同じです。
リングから切り離ししやすいようにマイクロミシンが入っており、罫線も使いやすい方眼になっています。
そしてページの右上には日付を書き込めるようになっています。

f:id:Pi-suke:20190903221454j:plain:w300
ページの右上には日付の記入欄

表紙も奇抜なデザインではないけど、スターバックスの商品だとわかるデザインになっています。

 

実用性という面から見ると、せっかくコクヨさんとのコラボなので、ソフトリングノートだとなお良かったですね。
でもそうすると、リング部分が樹脂だから再利用という観点から趣旨から外れるのかな・・・

表紙裏にあるこんな言葉が記されています。

『限りある地球の資源を最後まで大切に使いたい。
 そんな想いから、スターバックスの店舗からミルクパックを集めて毎日使えるノートをつくりました。
 これはグリーンな未来につながる1冊です。』

最初の一文は、これはこのノートに限った事ではないですよね。
このノートに限らず、これからは環境に配慮された商品というのが当たり前になってくるといいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。