カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

身近な文房具の歴史やエピソードなどの秘話が盛りだくさんな本「私の好きな 文房具の秘密」

筆記具、取り柄わけ万年筆が好きな人は、定期購読している人が多いムック本に「趣味の文具箱」があります。
隔月発売でなぜか雑誌扱いではなく、ムック本らしいです。
(書店で定期購読を申し込みしたら、雑誌じゃないって言われました・・・)

この「趣味の文具箱」を発行しているエイ出版社から、文具ソムリエールの菅 未里さんの本が4月22日に発売されるそうです。

Amazonでは、まだ表紙デザインも掲載されていませんが、メールマガジンには写真や本書の詳細が掲載されていましたので転記しますね。

f:id:Pi-suke:20190412223201j:plain:w300
私の好きな 文房具の秘密

私の好きな 文房具の秘密

私の好きな 文房具の秘密

「誰もが知る文房具にも、知られざるドラマがある。17種の文房具のメーカーに取材した、17の物語」

コクヨのキャンパスノート、ゼブラのサラサ、三菱鉛筆ジェットストリーム、オルファのカッターナイフ、シードのレーダーなど馴染み深い日本を代表する文房具のメーカーを菅さんがすべて取材し、歴史やエピソードに菅さんのコメントを加えて構成しています。知っているようで知らなかった文房具の秘密が満載です。ぜひご覧ください。

 

普段使う身近なものほど、その成り立ちというか物語を知らないことって多いですよね。
気がついたら使っていて、下手すると初めて使ったのがいつなのか思い出せなかったりします。

学校ではジャポニカ学習帳でも、自宅ではキャンパスノートを使っていたので、いったいいつ初めてのキャンパスノートだったのか思い出せません。

身近な文房具の歴史やエピソードなどの秘話って気になります。

 

なんでもこの雑誌のベースになったのは、菅さんがまだ某文具売り場の店員さんのころに、アルバイトの人が虎の巻にのように参考にされた小冊子だそうです。
その小冊子には各メーカーの簡単な歴史や、主要な商品、リフィルの情報などがコンパクトにまとめられていたそうです。

 

文房具好きの人はもちろん、文房具に興味を持ち始めた人もぜひ読んでみると良いと思います。
表紙デザインをみる限り、ほぼ全ての文房具を一度はみたことがあって実際に使ったことがあるものばかりだと思います。

僕はとりあえず予約して、連休の課題図書にしようかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。