カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

待ちに待った修正テープ「クリーム色 修正テープ」

平成の文房具と言われて、思い浮かぶのが「修正テープ」です。
これは消しゴムの「Radar」を発売しているSEEDさんが、世界で最初に開発されたもので、日本生まれの文房具です。
それまでは修正液を使用しており、修正液が乾くまで待つ必要がありました。でも、修正テープは貼ったらすぐに筆記することが出来て非常に便利で今では修正液を見かけることが減りました。

でも、修正テープって色々な幅はあるのですが、真っ白なテープばかりでした。
しかもかなり白色度が高く、白い紙でも修正テープが目立っていました。
今ではクリーム色などの色々な紙が使われたノートが普及してきているので、従来の白色の修正テープではなく色々な色の修正テープがあっても良さそうなのにな〜と思っていたら、嬉しいプレスリリースが届きました。

「ロルバーン専用」クリーム色 修正テープ

f:id:Pi-suke:20190730203248p:plain:w300
「ロルバーン専用」クリーム色 修正テープ

www.delfonics.com

「ロルバーン」といえば、DELFONICS の人気のリングノートで、様々なデザインの表紙やクリーム色の紙、そして巻末にポケットが付いているのが特徴です。
その人気の「ロルバーン」に対応したクリーム色の修正テープとのことです。

この修正テープは、8月下旬に発売予定 とのことですが、ノベルティとしてDELFONICS WEB SHOPや実店舗でプレゼントされるそうです。
WEB SHOP と実店舗では配布開始のタイミングが異なります。
WEB SHOP では8月5日(月)から、実店舗では8月10日(土)から配布スタートとのことです。

ノベルティの対象は、2020年版のロルバーンダイアリー(リングタイプ)1冊ご購入につき、サンプル版の「ロルバーン専用修正テープ」を1つプレゼント。
※リングタイプの全サイズ、全カラーが対象で、ノートタイプのロルバーンダイアリーは対象外とのことです。

 

修正テープを使うと、どうしても修正テープの白さが目立って、ロルバーンなどの白いではない紙だと使いにくかったのですが、このように紙の色に合わせた修正テープは待ちに待った商品ですね。
ぜひサンプルを入手して、どれくらクリーム色の中紙とマッチするのか確認したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。