カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

充実した検索機能の「手帳検索事典」がスタートしています

文房具売り場に、来年の手帳が数多く並び始めましたね。
今購入しても、使い始めるのは3ヶ月以上先だったりするのですが、人気のデザインなど一部の商品は早々に売り切れてしまうので、気に入ったものがある人は早めの購入がオススメです。

しかし、手帳ってすごいいっぱい種類がありますよね。
「コレ」という手帳が決まっている人はいいのですが、どの手帳にしようか・・・と悩まれている人は大変ですよね。

手帳は他の文房具よりも使う人の生活に密接に関係しているので、他の人にとって使い勝手がよくても、自分にはイマイチ・・・なんてことは珍しくありません。
例え同じ職場・業種で働いていても、手帳に求めるものが異なれば、当然マッチする手帳も異なってきます。

そうなるとなかなか自分のニーズにマッチする手帳を探すのは、本当に大変で手帳ジプシーの人は多いと思います。

そんな手帳ジプシー・自分に合う手帳を探す手助けとなるサービスが東急ハンズさんで始まりました。 それは「手帳検索事典」というWebサービスです。

hands.net

今日確認しただけで、98種類もの手帳からニーズにあった手帳が検索できるようになっています。
ただ手帳のレイアウトやサイズなどから検索できるだけでなく、管理したい内容でも検索ができるようになっています。
この検索項目はほんとすごいです。

いきなり検索しても良いのですが、「手帳のきほん知識」というページを一読してから検索することをオススメします。
手帳のレイアウトや、手帳の綴じ方といった手帳の作りだけでなく、「手帳選びのコツ」が記載されています。
この項目では手帳で何を管理したいのか・手帳で何がしたいのか。ということを見直すきっかけになると思います。
この「手帳選びのコツ」を抜粋しますが、

  • Planning
    ・目標設定を明確にしたい ・夢を叶えたい・計画的に行動したい
  • Scheduling
    ・予定を管理したい ・アポイントを共有したい・時間を効率的に使いたい
  • Task Management
    ・TODO管理をしっかりしたい ・やる、やらないを明確にしたい・チェックリストを活用したい

大きく分類しても、手帳に求める機能はこのように分類されます。
ということは、TODO管理をしたいと思っている人が、「目標設定を明確にしたい」という人向けの手帳を使ってもイマイチしっくりこないのは当たり前です。
まずはこの「手帳のきほん知識」を一読して、手帳に何を求めてるのか明確にしましょう。
それこそプランニングに特化した手帳と、スケジューリングに特化した手帳を併用して使用しても全然問題ないです。
機能が違うのだから、複数の手帳を使い分けるのも一つの方法だと思います。

綴じ手帳(リングを含む)が中心で、システム手帳のリフィルには対応していないので、システム手帳派の人は使えないので注意が必要です。

 

この非常に優れた「手帳検索事典」のサービスの監修を見てみたら、なんと関西手帳研究会会長の荒川さんと、書籍の企画・編集ユニット「choudo」の木庭さんじゃないですか。
荒川さんは、「手帳事典」の著者です。この「手帳事典」はほんとすっごいいい本で、色々な手帳が詳しく解説されているだけでなく、手帳の機能などがわかりやすく解説されているんですよ。
また「choudo」の木庭さんは、「文房具屋さん大賞」など文房具に関係する雑誌を発行されています。
このサービスが他に類をみないのは、このお二人の力ですね。

なかなか自分に合う手帳が見つけられないな・・・と悩んでいる人には、この検索サービスを一度使ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。