カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

一度は使ったことのあるノートが手のひらサイズになって復刻

多くの人が使ったことのあるノートといえば、ショウワノートの「ジャポニカ学習帳」とコクヨの「キャンパスノート」ではないでしょうか。

ジャポニカ学習帳」は小学生、「キャンパスノート」は中学生以降でよく使ったのではないでしょうか。

これらのノートは、年代ごとにデザインが変化していることをご存知でしょうか。
ジャポニカ学習帳については詳しくわからないのですが、キャンパスノートはおおよそ10年周期でデザインが変わっています。
そのためどのデザインのキャンパスノートを使っていたかで、なんとなく年代がわかっちゃうんですよね。

そんな多くの人が使ったであろう「ジャポニカ学習帳」と「キャンパスノート」が手のひらサイズのミニサイズになって数量限定で発売されます。

あのころノート

あのころノート企画 ジャポニカ学習帳

  • キャンパスノート

あのころノート企画 懐かしの歴代キャンパスミニノート | コクヨ

製品情報

  • 発売日:4月26日
  • 価格:150円
  • サイズ:A7変形(タテ102mm・ヨコ72mm)

  • あのころノート「ジャポニカ学習帳

    f:id:Pi-suke:20190424203654p:plain:w300
    あのころノート「ジャポニカ学習帳

  • あのころノート「キャンパスノート」

    f:id:Pi-suke:20190424203659p:plain:w300
    あのころノート「キャンパスノート」

製品特徴

ジャポニカ学習帳」は、付録の読み物も再現されているそうです。
ジャポニカ学習帳」はこの付録の読み物が楽しかったんですよね〜勉強そっちのけでこの付録を読んだものです。

小学校の高学年くらいから「キャンパスノート」を使い始めるのではないでしょうか。
僕は「キャンパスノート」といえば、第二世代の表紙なんですよね。
家業で使っていたノートがこの第二世代の表紙で、大人っぽい表紙で憧れたものです。(実際に自分が使うようになったのは、第三世代の表紙からですが・・・)

 

多くの人が使ったであろうノートが、このような形で復刻するのは嬉しいですね。
1冊150円なので全種類揃えたくなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。