カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

第98回 文房具朝食会@名古屋 その2「みんなの海外文房具」

昨日の続きで、日曜日に開催された第98回 文房具朝食会@名古屋の内容です。
昨日はハワイ在住のアッキーが話してくれた、アメリカ文房具情報でした。

今日は参加メンバーそれぞれの好きな海外文房具を紹介していきます。

森上くんの好きな海外文房具

今回は座った席の都合とでトップバッターを勤めさせてもらいました。

僕はアッキーのアメリカ文房具情報の冒頭で紹介したレターサイズのメモパッドとマニラフォルダを紹介しました。 それぞれ過去に記事にしていますので、そちらを参考にしてください。

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

レターサイズのメモパッドは、現在ではコストコAmazonでも気軽に購入することができるようになったのですが、マニラフォルダだけは日本で見たことがないんです。
マニラフォルダは使い勝手がよくて、どんどん使っていたら在庫が無くなってしまいました。

Kさんの好きな海外文房具

文房具朝食会@名古屋の重鎮のKさん。
あまり海外の文房具を使用しているイメージがないのですが、以下のものをプレゼンされました。

  • RHODIA ブロックメモNo12
    f:id:Pi-suke:20180902100632j:plain:w300
    RHODIA ブロックメモNo12

メモブロックとして根強い人気のあるRHODIA ブロックメモです。
Kさんは、文房具朝食会@名古屋の溜まり場?になっているNO DETAIL IS SMALL で扱われている革カバーに入れて使用されるとのことです。

RHODIA ブロックメモのNo12 は、大きすぎないメモとしてちょうどいい大きさなんですよね。

  • Pelikan 4001 Black

メインの万年筆に入れているインクとのことです。

Yさんの好きな海外文房具

ディスニーワールドのアニマルキングダムというシリーズのボールペンです。
なんでも全種類購入されたそうです。

ただ購入して年数が経過しているので、実際に筆記することができないそうですが、デザインが可愛らしいです。

  • マグネット

f:id:Pi-suke:20180902101110j:plain:w300
海外のマグネット(ごく一部)

海外旅行に行ったり、お土産でもらううちにコレクションになっているそうです。
ご自宅の冷蔵庫にはもう貼る場所もないほど集まっているとか。
それぞれの国の風光明美な景色が綺麗です。マグネットだと金額も少額ですし嵩張らないので、お土産に良さそうです。

Oさんの好きな海外文房具

  • 30年以上前から使用しているPelikan 万年筆

f:id:Pi-suke:20180902101734j:plain:w300
30年以上前のPelikan 万年筆

部分的に壊れてしまっているのですが、長年愛用している万年筆です。
ちょこっと試筆させてもらったのですが、ペンポイントが熟れていてとても気持ちのいい書き味でした。
これくらいまでのPelikan の万年筆はほんと書き味がいいので憧れます。

Nさんの好きな海外文房具

f:id:Pi-suke:20180902101814j:plain:w300
STAEDTLER / Faber-Castell の鉛筆削り

鉛筆の良さに築いたNさんは、東急ハンズにある鉛筆削りを少しづつ購入しているそうです。
その中からSTAEDTLERFaber-Castell の鉛筆削りを持ってきてくれました。
海外の鉛筆削りは、黒鉛用と色鉛筆用の2穴式が多いですよね。

Fさんの好きな海外文房具

  • イタリアのスリームクリップ
    f:id:Pi-suke:20180902102323j:plain:w300f:id:Pi-suke:20180903193814j:plain:w300
    スリームクリップ

ぐるぐると渦巻きになったクリップです。
鉄なのでちょっと固いのですが、おしゃれです。

Oさんの好きな海外文房具

  • 海外で購入したノート
    f:id:Pi-suke:20180902104136j:plain:w300
    海外で購入したノートたち

海外旅行のお土産に購入されたりしたノートだそうです。
フランスやイギリス・イタリアで購入されたノートだそうです。

イタリアのフィレンツェで購入されたノートは、フィレンツェの紋章入りです。

使おうと思っても、オシャレすぎてなかなか使えないそうです。

フミヒロさんの好きな海外文房具

  • VISCONTI 万年筆
    f:id:Pi-suke:20180902103528j:plain:w300
    VISCONTI 万年筆

VISCONTI のマーブル柄の万年筆です。
一目惚れして馴染みの文房具屋さんで探してもらって購入されたそうです。

この万年筆にはインクを携帯するための物も付いており、いつか旅に出てこの万年筆を使うのが夢だとか・・・

 

第98回の文房具朝食会@名古屋は、前半のアッキーのアメリカ海外文房具事情のお話がメイン?で、みんなのプレゼンはいつもより駆け足のように感じました。
でも、どの文房具を見ても国産とは違うオシャレな雰囲気が満載です。

どうしても品質にばかり目がいってしまいますが、海外文房具は手にするとワクワクするようなものが多いように感じました。

ちょっと駆け足でしたが、第98回の文房具朝食会@名古屋はこんな感じでした。
来週の第99回はどんな海外文房具がプレゼンされるのか気になりますが、僕は今回参加したので参加できないんですよね。
きっと主催の猪口フミヒロさんがブログで報告してくれることでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。