カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

第27回 日本文具大賞 デザイン部門をピックアップ

先日発表された、第27回 日本文具大賞 デザイン部門の優秀賞を受賞された5商品の中から、僕が気になった商品を紹介します。

キングジムクリップボード マグフラップ」

f:id:Pi-suke:20180613195507p:plain:w200

以前にブログでも紹介したクリップボードです。
両面にマグネット付きのフラップが搭載されています。これにより、綴じた用紙がめくれて折れたりすることを防ぐとともに、スチール面などに掲示することもできる便利なクリップボードです。

僕はクリップボードの裏面に、ゴムマグネットを両面テープで接着してスチール面に掲示できるようにしていますが、これなら綴じた用紙がめくれることもないので、見かけたら購入したいです。

K-DESIGN WORKS 「FLEXNOTE - UPWARD NOTEBOOK」

f:id:Pi-suke:20180613195502p:plain:w200

リングノートのリングの変わりに金属の特殊リングを使うことにより、ページの差し替えや異なるサイズの用紙を綴じることが出来るものです。

リングノートのように使いながら、ページを差し替えることが出来るので、後から必要なページ構成に出来るのは嬉しいです。
さらに異なるサイズも綴じることが出来るので、同一フォーマットの用紙を使用すれば1冊に情報をまとめる事ができます。

この商品は以前、どこかで見かけた気がするんですよね。ただどこで見かけたのか思い出せないんです。

このリングで何ページ綴じる事が出来るのか、また綴じる部分の穴が独特の形状なので現状では専用紙となりそうです。

丸安精機製作所 「Laurett's MLK万年毛筆」

f:id:Pi-suke:20180613195451p:plain:w200

金属の削り出しにより筆ペンで、万年筆同様にカートリッジ式のようにインクが交換できるようになっているようです。
さすが削り出しだけあって、めちゃくちゃおしゃれな外観です。そしてインクが交換できることにより、通常の筆ペンのような使い捨てタイプではなく長く使う事ができるようです。

使われている毛は、高級イタチ毛を使用されているそうです。
書道に疎いのでよくわかりませんので、書き味など毛筆についてぜひ会場で勉強したいです。

万年筆は、字数で500万~600万文字程度書けると聞いた事がありますが、この万年毛筆はどれくらいの文字数が書けるのでしょうか。当然、万年筆とは異なり金属ではできていないので、万年筆より少ない文字数かとは思いますが・・・

 

デザイン部門グランプリは?

気になるデザイン部門のグランプリを大胆予想してみようと思います。
デザイン部門のグランプリ予想はめちゃくちゃ悩みました。

悩んだ末、K-DESIGN WORKSさんの「FLEXNOTE - UPWARD NOTEBOOK」だと予想します。
理由はページの差し替えができて、異なる用紙サイズも綴じる事ができるので、ノートとしてではなく、保管したり後から見返す事に重点が置かれているのではないでしょうか。
異なる用紙サイズが綴じてあることにより、ページのレイアウトとしてもおしゃれな使い方ができそうです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。