カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

「好き」を好きに綴じる本「Sara book」

広告の企画およびデザイン制作を手がけるクリエイターたちによって発足したブランドの「Re+g(リプラグ)」というブランドをご存知ですか?
僕のブログでも過去にこのブランドから発売されている商品を紹介しました。

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

先月に発売された「Sara Book」を購入したので、レビューをかねて紹介します。

Sara Book

f:id:Pi-suke:20190805214627j:plain:w300
Sara book

www.replug.jp

製品情報

スクラップブック Sara book

  • 価格:1,296円(税込)
  • サイズ:W148mm × H210mm(A5サイズ)
  • 仕様:表紙+表4+中面(10シート/40ページ)

表紙 Sara book parts【cover】

  • 価格:648円(税込)
  • 仕様:表紙+表4

替台紙

  • Sara book parts【blank】
  • 432円(税込)
  • 仕様:5枚(20ページ)
  • Sara book parts【grid】
  • 486円(税込)
  • 仕様:5枚(20ページ)
  • Sara book parts【line】
  • 486円(税込)
  • 仕様:5枚(20ページ)
  • Sara book parts【half】
  • 486円(税込)
  • 仕様:5枚(20ページ)

カラーバリエーション

  • black
  • red
  • white

製品特徴

HP から引用です。

「好き」を好きに綴じる本。
ノートとキャンバスとスクラップを一冊で楽しめる「Sara book」。
どのページも簡単に取り外せるので、自由に綴じることができます。
思うままに「好き」を集め、好きに綴じ、あなたらしい一冊をつくりあげてください。

「スクラップブック」が基本となります。
使い方は、「Log Book」と同様で上下に溝が入っており、その溝に裏表紙に鋲留めされたゴムバンドを引っ掛けて綴じます。

f:id:Pi-suke:20190805214650j:plain:w300
この溝にゴムバンドを引っ掛けて使う

そのためルーズリーフのように自由にページの差し替えができます。

穴にリングを通して綴じるのではなく、ゴムバンドで綴じますので、ちょっと見た目がオシャレです。
基本の「スクラップブック」の中紙は無地ですが、オプションの替台紙には「blank」だけでなく、「grid」「line」「half」があります。
用途に合わせて使い分けることができるようになっています。
中紙は普通紙っぽいですが、厚紙とまではいきませんがそれなりの厚みがあります。
また白い紙だけではなく、「black」「red」があります。
「黒」や「赤」の紙に描く機会って少ないですよね。ちょっと普段と違う気持ちで描けて、気のせいか文字も味があるような気がします。

「好き」なことを綴じるのであれば、オシャレなものを使いたいという気持ちにフィットしていると思います。

 

今回、「Re+g」さんのWeb SHOP で購入したのですが、びっくりしたのがロゴの入った丈のある白の丈夫な不織布に商品が入っていました。

f:id:Pi-suke:20190805214712j:plain:w300
ロゴ入りの不織布

丈のある不織布なので、その気になればラッピングに使えそうです。
またカタログがなんとΩ型針金が特徴的なアイレットが使われていました。

f:id:Pi-suke:20190805214729j:plain:w300
アイレットが使われたカタログ

これならリングファイルにそのまま綴じることができるので、嬉しいです。

製品だけでなく細かな所にも気を配られていて、さすがデザイン制作を手がけるクリエイター集団のブランドですね。

僕は今回購入した「Sara book」に、参加した水樹奈々さんのライブの半券を貼って、セットリストを書いて保管しようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。