カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

マンスリーとウィークリー・デイリーを同時に確認できる「セパレートダイアリー」

各社から来年の2020年版の手帳が発表されてきています。
早いメーカーだとお盆明けぐらいから、店頭に並び始めるのでこれくらいの時期に発表されるんですよね。
「来年の事を言えば鬼が笑う」という諺がありますが、手帳に限っては年が明けてからでは遅いですから、こればかりは鬼さんにも暖かい目で見て欲しいです。

今日紹介する手帳は、ちょっと珍しいタイプの「セパレートダイアリー」です。
ページの上下が別れており、上部と下部とで異なるページを開くことができるようになっています。

  • マンスリーとウィークリーの「ウィークリー&マンスリー」版
  • マンスリーとデイリーの「デイリー&マンスリー」版
  • マンスリー・マンスリーの「マンスリー&マンスリー」版

の3つのモデルがあります。

セパレートダイアリー

f:id:Pi-suke:20190806221313p:plain:w300
セパレートダイアリー

www.yumekirock.com

製品情報

ウィークリー&マンスリー版

  • A5サイズ(2,400円~)A6サイズ(1,900円~)

デイリー&マンスリー版

  • A5サイズ(2,600円~)、A6サイズ(2,100円~)

マンスリー&マンスリー版

  • A5サイズ(2,600円~)、A6サイズ(2,400円~)

製品特徴

ページが上下別れて、フォーマットが違っています。
そのためマンスリーのページと、ウィークリーやデイリーのページを同時に開くことが可能です。

よくある手帳では、マンスリーとウィークリーはそれぞれ異なるページにあるので、それぞれを見ようと思うとページをめくって行き来しなければなりません。
僕もマンスリーとウィークリーの綴じてあるスケジュール帳を使っているときは、このページの行き来が頻発して、結構煩わしく同時に開くことができないかな〜と思ったものです。

マンスリーにざっくり予定の件名だけ書いて、ウィークリーやデイリーのページに予定の詳細を書いてスケジュールを管理する際に、それぞれのページを同時に開くことができれば、記入するのも煩わしくないですし確認も簡単にできます。

バーチカル部分は、6時から24時まで時間軸があります。
夜勤などがある人だと、ちょっと使いにくいかもですね。流石にA5サイズやA6サイズのさらに半分のスペースに24時間表記は難しいですね。

これうまく考えれているな〜と思ったのが、上下でマンスリーやウィークリでページ数が異なるのでページの綴じた時の収まりが悪いですよね。
この綴じた時の収まりがいいように、月ごとにマンスリーのフォーマットが上下変わります。この方法であれば上下でページ数が均等になり、綴じた時に収まりがよくなりますよね。

購入方法

こういうちょっと他では見ない手帳って、どこで購入できるの?と思うことでしょう。
Webショップでは、9月3日(火)10時から予約受付が開始されるそうです。
実店舗では、銀座伊東屋本店と東急ハンズ(銀座店、名古屋店、ANNEX店、梅田店)で取り扱われるそうです。
手帳はフォーマットもそうですが、毎日使い続ける文房具ですので使い勝手を確認する意味でも、実店舗で手にしたいですよね。

最後まで読んでいたき、ありがとうございます。