カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

卓上日めくりカレンダー「himekuri」

今日紹介したいのは、今年のISOTの日本文具対象で機能部門優秀賞を受賞した「himekuri」です。

この商品は去年のISOTでベースとなる商品が展示されており、あっという間に「himekuri」という商品になったものです。

himekuri

f:id:Pi-suke:20181006103720j:plain:w300
2019年版himekuri

himekuri 発売元サイト

この商品は日めくりの付箋です。
何が凄いって、付箋なのに日めくりカレンダーなので1枚づつデザインが異なるところです。

この技術は実用新案登録されています。ほんと、どうやって一枚づつ異なるデザインの付箋を作っているのか、非常に気になります。

2019年版は進化しています

「himekuri」の使い方は自由ですが、卓上カレンダーのように使えるようになっています。

付箋なので、剥がした後は手帳やラッピングなどに使えます。

2019年版は進化しています。

まずはサイズが一回り小さくなりました。
2018年版はちょっと大きかったんですよね。卓上カレンダーの状態では気にならなかったのですが、手帳に張った際にちょっと大きくて気になりました。
2019年版はそういった要望があったのでしょうね、一回り小さくなっています。1ブロックが縦3.8x横2.5cmです。これくらいの大きさだと、手帳に貼っても目立ちすぎることなく、自然に使えます。

もう一つの進化した点は、粘着面が大幅に大きくなったことです。

f:id:Pi-suke:20181006103756j:plain:w300
折った部分以外は粘着面
2019年版は付箋の下部5mm程度が粘着面でないだけで、付箋の大部分が粘着面になっています。
粘着面が広くなったおかげで、手帳に貼った際にヒラヒラしにくくなりました。
2018年版だと、粘着面が通常の付箋と同じような面積だったので、手帳に貼って使っているうちに剥がれないかな?と気になっていました。

サイズがちょっと小さくなって、粘着面が大きくなったことで、より一層使いやすくなった「himekuri」です。

こんな人にオススメ

  • バレットジャーナルの日付がわり
  • 可愛い日めくりカレンダーが欲しい人

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。