カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

文具ソムリエール 菅未里さんのトークショーに行ってきました。

東急ハンズ名古屋店で、文具ソムリエールとして活躍されている菅 未里さんのトークショーが行われてましたので、拝聴しに行ってきました。
f:id:Pi-suke:20180324113257j:plain:w300


文房具朝食会@名古屋も勝手に非公認コラボとして、大勢のメンバーが集まりました。
さすが多くのメディアに出演されている菅 未里さんです、すっごい大勢のお客さんがお見えになって多くの人が立ち見となっていました。(女性のお客さんが多かった印象です)
f:id:Pi-suke:20180324114526j:plain:w300


冒頭では「可愛い文房具が好きだっていいじゃない。」ということで、文房具の様々な楽しみ方が紹介されていました。
f:id:Pi-suke:20180324120152j:plain:w300

様々な楽しみ方が紹介されました。
f:id:Pi-suke:20180324120720j:plain:w300

要は楽しむ事に貴賎はない。ということです。
文房具に限らず、好きなことはどんな楽しみ方でもいい。ということです。

あとは鉛筆に関連して、スッゴいいい話しが聞けました。
この鉛筆の内容は、めっちゃ楽しくてかなり僕はテンションが上がりました。


その後、オススメの文具の紹介です。

菅さんオススメの文具をピックアップして紹介します。

PLUS 「Pastyルーズリーフバインダー」

bungu.plus.co.jp

ポイントは8穴リングで中心部にリングがないので、左側のページを筆記する際にリングが邪魔になりません。
また表紙の裏側が、表面がツルツルしているので、付箋を貼って持ち歩くことができます。
多くのバインダーの表面は、汚れが目立たないようにザラザラとした表面です。そのため表紙の裏側もザラザラになっているので、付箋を付けておいてもすぐに落ちてしまいます。
この商品は、表紙の表と裏で表面処理が違うので、表紙の裏側に付箋を付けて持ち歩くことができます。表紙の表側と裏側とで表面処理が異なるのは、かなり珍しいのではないでしょうか。

SONiC 「トガリターン」

鉛筆を差し込んで、ハンドルを回します。削り終わると、自動的に鉛筆が排出されるという優れた鉛筆削りです。
無駄に削り過ぎることもないですし、上部の形状が弓なりになっているのでお子さんの小さな手でも押さえやすいです。
トガリターンは過去に記事にしていますので、そちらを参照してください。
pi-suke.hatenadiary.jp



最後には、菅 未里さんと学研ステイフルさんとコラボした商品の紹介がありました。
www.gakkensf.co.jp

f:id:Pi-suke:20180324141051j:plain:w300
こちらの商品シリーズの「たたむファイル」「スリムペンポーチ」「まとまるIDホルダー」については、過去に記事にしています。
pi-suke.hatenadiary.jp



そんなこんなでトークショーの1時間はあっという間でした。
本当にすっごい人数の観覧者の方がお見えになり、やはり文房具来てるんだな〜と思いました。
やはり文房具は店頭で見るだけでは、いまいちその文房具の良さや優れた点が伝わりにくいので、こういうトークショーでオススメの文房具を知りたい。という方が多いのでしょうね。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。