カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

本当の定規がノギスになりました

KOKUYOが毎年開催している「KOKUYO DESING AWARD」で、2014年に優秀賞を受賞し、その後に商品化された「本当の定規」をご存知でしょうか。

これは定規にある目盛りの線を、「境界線」に変えることで、線の厚みを無くした物です。
これなら線の手前が0なのか、奥が0なのか気にしなくても良くて、僕も愛用しています。

pi-suke.hatenadiary.jp

そんな「本当の定規」と同じ仕組みのノギスが、精密測定機の大手メーカーであるミツトヨから発売されることになりました。
※ノギスは、物の厚みや球や穴の直径を測る道具です。

本当の定規バージョン N-15K

f:id:Pi-suke:20181024220225p:plain:w300
本当の定規バージョン N-15K

プレスリリース:株式会社ミツトヨ|お知らせ

製品情報

  • 測定範囲:0 〜 150mm
  • 最小読取値:0.05mm
  • 価格:9,800円

製品特徴

ノギスも定規と同様で目盛りがありますが、この目盛りを太さのある「線」から、太さのない「境界線」に変更された物です。

f:id:Pi-suke:20181024220218p:plain:w300
太さのある「線」から、太さのない「境界線」

これにより線の幅にる目合わせの曖昧さを排除することができ、より正確な測定ができるようになります。
定規ではそれほどの正確さを求める必要がるのか?という気もしていましたが、ノギスではより正確に測定できるようになるので、この境界線の本領発揮ではないでしょうか。

しかも本尺とスライダの間にゴミの入らない段付き目盛り面です。
読み取りしやすいように、読取面は14°の傾斜が付いているそうです。
プロが使用するノギスならではです。

実店舗では、コクヨが運営する東京の千駄ヶ谷にある「THINK OF THINGS」で扱われるそうです。
お値段はそれなりにしますが、「本当の定規」と合わせて使いたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。