カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

800枚でもファイリングできる「ガバットファイル」

ファイリングする時に、果たしてこのファイルで事足りるのだろうか?と気になる時はありませんか?
僕は結構気になるタイプで、当初はこれくらいの厚みのファイルで大丈夫だろう。と思っても実際に書類が増えていったら、全然足らずに別綴じになることが多々あります。
ある程度ファイリングしてから、ファイルがいっぱいになって別綴じにしたら、2冊目が案外薄くてバランスが悪くて、フィリングをし直したりと結構面倒なことがあります。

どうにかならないかな・・・と思っていたら、KOKUYOから大容量対応のファイルがありました。
その商品名は「ガバットファイル」です。

商品名から、どういったものなのか推察できますよね。

ガバットファイル

f:id:Pi-suke:20181023221742p:plain:w300
ガバットファイル

綴じる書類量に合わせて、背幅が変えられるファイルになっています。
通常のファイルの背幅はおおよそ1cm程度なのですが、このファイルはなんと背幅が8cmにもなるものです。

f:id:Pi-suke:20181023221738p:plain:w300
背幅を調整すれば大量に綴じることができる

そのため閉じれる書類の枚数も、普通紙を800枚ととんでもない量です。

しかも通常のファイルと異なり、表紙が2重になっているので丈夫な作りになっています。
そのためチューブファイルのように自立性があるそうです。

 

何かと増え続けている文房具関係の書類を、この「ガバットファイル」でファイリングすれば、まとまった状態でファイリングできそうです。
書類が増えて、ファイルが何冊にも別れて困っている人は、導入してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。