カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ノートとシステム手帳の融合「clipbook」

ルーズリーフは仕事に使うには、なんだかちょっと躊躇してしまいます。
きっとルーズリーフは学生が使う物。という先入観があるからでしょう。

ルーズリーフのように差し替え可能で、仕事に使っていても恥ずかしくない物はないかな?と考えたら、システム手帳があるじゃありませんか。
しかもシステム手帳には、大きなA5 サイズからポケットに収まるバイブルサイズまでサイズも豊富です。

ノートのようにシステム手帳を使うために、とっても優れたものがあります。
それはFilofox さんの「clipbook」です。
f:id:Pi-suke:20180410190336p:plain:w300
www.filofax.jp

大きさとリング径

f:id:Pi-suke:20180410190952p:plain:w300
大きさはA5 サイズの6穴で、リング径は25mmです。
25mmのリング径なので、200枚程度を綴じることが可能です。
これだけあれば、予定管理とノートを1冊にまとめることも可能です。
また表面が革のようなデザインになっているものもありますので、仕事で使っても問題ないでしょう。

付属のリフィル

横罫ホワイト・・・15枚
方眼ホワイト・・・15枚
無地ホワイト・・・15枚
ドントフォゲット・・・5枚
月間プランナー日付なし・・・6枚
イヤープランナー日付なし・・・1枚
週間ダイアリー&メモ日付なし・・・13枚

これらのリフィルがついていますが、専用のリフィルは店頭では見かけないのでそこが難点です。
ただA5 サイズの6穴タイプであれば、他社から発売されているリフィルを使用することができるので、特別大きな問題ではないでしょう。
僕は予定管理は別のシステム手帳を使っているので、このclipbook にはLIFE さんの方眼リフィルを入れています。

360度折り返しが可能

f:id:Pi-suke:20180410191838p:plain:w300
clipbook の最大の特徴です。
360度折り返して使用することが可能なので、立ったままでも筆記が可能です。
いつも座って、ノートを十分に広げられるスペースがあるとは限りませんので、これはとってもありがたい機能です。




僕も仕事で使っていますが、人前で使っても恥ずかしくありません。
そしてルーズリーフのように差し替えが可能なので、定期的に確認するようなドキュメントをこのclipbook に綴じています。
このファイルなら人目についても恥ずかしくないです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。