カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

大人が惚れる文具「SAKURA craft_lab. 001 / 002」

8月8日(火)・9日(水)に「マイドームおおさか」で開催されていた「文紙MESSE2017」。
本業の仕事が忙しく、残念ながら指をくわえてSNSで情報をみていました。眺めている中で特に気になったのが、サクラクレパスさんの「SAKURA craft_lab.」。

craft.lab.craypas.com


サクラクレパスというと、皆さんも子供の頃にお世話になったであろうクレパスやクーピーのメーカさんです。どうしてもその思い出が強いためサクラクレパスというと児童向けの文具メーカというイメージがあるんですよね。
そんなサクラクレパスさんが、大人向けに「SAKURA craft_lab.」を開始されたそうです。そのSAKURA craft_lab.の第一弾が001と002 というボールペン。

ひと目見たら、しびれました。001はシックなデザイン。002は華やかなデザイン。素敵です。国産ボールペンは書き味は抜群に良いのに、デザインがイマイチでワクワクしないというか、購買意欲が湧かなかったのですが、このデザインは素敵です。

書くということでリフィルが素晴らしい。なんと5種類のブラックインクなんです。そしてインクはゲルインキで、ボール径は0.5mmだそうだ。
インクの色は、ブラック、ブルーブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック、グリーンブラック。


SAKURA craft_lab. 001

f:id:Pi-suke:20170810101108p:plain

進化するペン。

このペンが兼ね備えているのは、
これまでの筆記具がわすれかけていた上質な手触りと
実用的な「道具」としての信頼感です。
デザインされたボディと適度な重量感は、
使い始めから手に馴染み、あなたとの一体感を生み出します。
真鍮製のマテリアルは使うたびに味わいが増し、
時の流れを刻みながらも、世界で一つのペンへと進化を遂げていくことでしょう。
ただ古くなっていくものと、ヴィンテージとの違いは、ここにあります。
「かく」を愛する大人のあなたに、
「相棒」と呼ぶにふさわしいペンの誕生です。

ペン先は真鍮でボディはアクリル。写真を見る限り真鍮は切削加工のようです。真鍮ですので、使っていくうちに酸化して、味わい深い風合いになっていくことでしょう。
まさに落ち着いた大人の男性に相応しいデザインだ。

SAKURA craft_lab. 002

f:id:Pi-suke:20170810101128p:plain

大人のクーピー。

手にするだけで、無邪気な気持ちを思い起こさせる。
体から溢れる思いを、まっすぐカタチにできる。
それがこのペンの魅力です。
クーピーペンシルをイメージしたデザイン、
真鍮とアクリルの二重構造でみずみずしい色合いが表現されたボディ。
上品でありながらも、カジュアル。
ちょうどいいバランスが、手にも心にもフィットするに違いありません。
目にした時、手にした時、素直な気持ちで紙に向かうことができる。
感性にピン!とくる大人のペンが誕生しました。

001と異なり、こちらは華やかなデザインだ。華やかなんだけど浮ついた印象ではなく、落ち着いた大人の女性のようなデザインだ。
こちらは真鍮ではなくアクリルボディっぽいので、001よりも軽量だろう。





国産ボールペンでしかもゲルインキで、こんなオシャレなボールペンが9月中旬発売とのことで、今からワクワクが止まりません。
これだけデザインがしっかりしているので、プレゼントにも最適ですよね。