カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

スタイリッシュなコンクリート製ボールペン

ドイツの老舗筆記具メーカーのSTAEDTLER から興味深いボールペンが発売されます。
通常のボールペンのボディは、プラスティックや金属が一般的ですが、このボールペンのボディは何とコンクリート製です。

STAEDTLER CONCRETE

f:id:Pi-suke:20181205192628j:plain:w300
STAEDTLER CONCRETE

プレスリリース:新発売 ステッドラーコンクリート│ステッドラー日本【公式サイト】

製品情報

f:id:Pi-suke:20181205192624p:plain:w300
コンクリート軸のボールペン

  • 価格:3,000円(税別)
  • サイズ:W148mm x H49mm x D24mm
  • 重量:34g

製品特徴

以下、プレスリリースを引用

 一度、手に持つと分かる独特の素材感。筆記具に適した独自開発のコンクリートは、高密度で、耐久性に優れています。また、人間工学に基づき筆記時の疲労感を軽減する特殊な六角形の軸は、重量感を感じさせず、滑らかに筆記できるように設計されています。
 クリップには、ステッドラープレミアムのイニティウムクリップが採用されており、高級感と実用性を兼ね備えています。また、コンクリートの特性上、1本ごとに模様や気泡の位置が異なり、全てがオンリーワンのボールペンとなっております。使い込むほどに、手に馴染み、経年変化も楽しめる1本です。

コンクリート製なので重たいかな?と思ったのですが、サクラクレパスから発売されているSAKURA Craft_lab 001 と同じ重量です。
ただCraft_lab 001 はペン先に真鍮を用いており、重心がペン先に寄っていますが、このSTAEDTLER のボールペンは全体がコンクリート製なので、重心はどうなっているのでしょうかね。Craft_lab 001 のペン先の重心が苦手という人は、このボールペンを試してみるといいかもしれませんね。

またコンクリート製なので表面が適度に凹凸があって、グリップが効いて滑りにくいのではないでしょうか。

プレスリリースにある動画(以下にリンクを掲載しました。)を確認したところ、なんとハンドメイドだそうです。  


ステッドラー コンクリート【ステッドラー公式】

ハンドメイドで税別3,000円は驚きました。
またボールペンだけでなく、メカニカルペンシルもラインナップにあるそうです。

リフィルの情報がないので確証は持てませんが、海外のノック式ボールペンなので油性なのではないかな?
リフィルが独自規格ではなく国際規格のG2規格(通称パーカー芯)なら、自分のお気に入りのリフィルに交換できるのですが、どうなんでしょうか?

 

ちょっと人とは違うオシャレなボールペンを使ってみたい。という人は、一度試してみては如何でしょうか?
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。