カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

書類を入れたまま書き込めるファイル「カキコ」

書類を保存するためにクリアーファイルに収納することは、社会人に限らず多くの人が行なっているのではないでしょうか。
しかし、クリアファイルに収納した後に追記したい。という時に、ファイルから取り出して、書き込みをして、収納し直す。
面倒な作業ですよね〜

僕も経験があります。
収納した時はそれで完結したつもりでも、後から誤りや修正事項が見つかって追記したことは、数え切れないぐらいあります。

この面倒な作業は、クリアーファイルだから仕方がない。と諦めていましたが、実はファイリングした後から書き込みができるクリアーファイルが発売されていました。

それはKING JIM さんの「カキコ」です。

f:id:Pi-suke:20180513175045j:plain:w300
カキコ
www.kingjim.co.jp

製品紹介

これは通常のクリアーファイルとは異なり、ポケットに入れるのではなく、上下に付いているフラップで書類を挟むことで書類を収納するタイプです。

f:id:Pi-suke:20180513180339p:plain:w300
A4 書類を綴じたり・・・
f:id:Pi-suke:20180513180322p:plain:w300
A3 書類を綴じたり・・・
この上下のフラップで挟むことで、文面の部分は紙がそのままですので、後から追記することが可能となっています。

さらに上下フラップなので、A3書類を見開きで収納することができます。
この使い方だと、スケジュール管理や図面などA3書類も収納しつつ、後から追記が可能です。

このカキコで秀逸だと感心したのが、左ページなら左側、右ページなら右側のフラップが側面にしっかりと付いているので、側面から落下する心配がありません。

f:id:Pi-suke:20180513175117j:plain:w300
書類が端から落ちないように工夫されています

あと表紙裏に、一時的や不定形の書類を収納するポケットが付いていたり、裏表紙にはペンホルダーも付いています。
こういう細かな点がありがたいです。

f:id:Pi-suke:20180513180353p:plain:w300
それ以外に便利機能もあります

製品展開

ポケット数 価格
20ポケット 600円
40ポケット 900円

カラー展開は、「赤」「水色」「ネイビー」「黒」「白」の5色展開です。

 

後から追記することが予想される書類は、このクリアファイルに綴じて運用したいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

親子のコミュニケーションツール「kazokutte」

学研ステイフルさんから、2018年5月17日(木)に、新ブランド「kazokutte(カゾクッテ)」第一弾が発売されます。

info.gakkensf.co.jp

kazokutte のコンセプトは、

「kazokutte」は“家族みんながハッピーになれる商品を!”という思いから誕生しました。「kazokutte」のアイテムを使うことで、“まなび”に触れながら家族がともに育ち、つながりを深め、笑顔になることができる・・・そんな、家族のきずなを深めるブランドとして様々なアイテムをご提案します。

共働きしていると、なかなかお子さんとコミュニケーションが取れないですよね。
場合によっては、平日は寝顔しか見られないなんていうお父さんも見えるかもしれません。

コミュニケーションをいかに取るか、なかなか難しいですよね。
でも、今回発売される商品は、そういった問題を解決する一助になるかもしれません。

第一弾は「家族でお手紙の交換」と「交換日記」です。
これらは保存しておけば、子どもの成⾧記録・思い出となります。

家族でお手紙の交換

f:id:Pi-suke:20180522203828p:plain:w300f:id:Pi-suke:20180522203823p:plain:w300

手紙の交換が楽しめるように、可愛らしいポストです。
お子さんは寝る前にポストに投函して、夜のうちにお父さんが返事を書いて、ポストに投函。翌日の朝にお子さんがポストを開けると、お父さんからの返事が入っている。
想像しただけで、ほっこりします。

お手紙のデザインも可愛らしいです。きっと書くことが楽しくなることでしょうね。

f:id:Pi-suke:20180522203818p:plain:w300f:id:Pi-suke:20180522203812p:plain:w300

ちゃんとお手紙を保管するアルバムもあります。

交換日記

交換日記は、僕は人生で一度だけ母親としていました。
母親が入院していたので、その時に毎日病院にお見舞いにいく時に書いて行きました。この交換日記は、今でも大切に保管しています。(ただ恥ずかしくて誰にも見せられません)
内容は学校で何があったとか、取り留めのない内容ばかりですが、ほんとこれは大切な思い出です。

取り留めのない内容ですが、将来本当にいい思い出になること間違いないです。
僕が使っていたのは、交換日記には味気ないCampus ノートでしたが、この商品は可愛らしいデザインです。

f:id:Pi-suke:20180522204635p:plain:w300f:id:Pi-suke:20180522204630p:plain:w300

嬉しいのが、お子さんの書いた内容に対して、返信できるレイアウトになっている点と、親が書く文量が少なくなっている点です。
マス目が大きいとそこを埋めるのに、大変な思いをしてしまいますが、これくらいの大きさなら書けるのではないでしょうか。

 

共働きで親子のコミュニケーションが夜の少しの時間だけだったり週末だけだったりと、なかなか難しいご家庭は試しに導入されてはいかがでしょうか。
と独り者の僕がいうのもなんだか変な話ですが・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

古墳にコーフン文房具

世には「はにわ文具」なるジャンルがあることをご存知でしょうか。

「はにわ」は古墳時代に特有の素焼の焼き物で、馬、武人などがあります。 歴史の教科書に載っていたので、目にしたことがあることでしょう。

そんな「はにわ」をモチーフにした文具が「はにわ文具」なのですが、どうやら根強い人気があるようで、東急ハンズ新宿店7階で開催される「古墳にコーフン!in東急ハンズ新宿店」で6月1日~15日までイベントが行われるそうです。

www.dreamnews.jp

ふせん、マスキングテープなど、可愛らしいデザインのものがあります。
僕もそのうちの一つ「測量野帳」の古墳バージョンを持っています。

f:id:Pi-suke:20171125113134j:plain:w300
右端が古墳バージョンの測量野帳
ただ、デザインが古墳なので何を書こうか・・・と思案しているためにいまだに使えていません。

古墳・はにわ文具に興味があるけど、東京まで行けない。愛知県民に朗報です。
僕の近所であるJR高蔵寺駅(名古屋から約30分)から徒歩13分の場所にあるORI COFFEE さんに古墳・はにわ文具が販売されています。
なにせORI COFFEE さんは、「古墳でコーフン協会」の名古屋支部なんです。
さらにお店の近くには志段味古墳群といい、名古屋にある古墳のうち多くのものがあります。

店長が古墳大好きなので、モーニングのメニューに古墳をあしらったものまであります。
古墳・はにわがお好きなら、朝ORI COFFEE さんでモーニングして、古墳・はにわ文具を購入して、それから志段味古墳群を散策されてはいかがでしょうか。

 

文房具なら勉強や仕事でも使えるので、好きな物があしらわれた物を使うことができます。
古墳やはにわが好きなら、こういう文房具もあるんですね。

メモブロックの違いを検証(RHODIA とMnemosyne)

先日、とっても素敵なメモブロックのカバーを入手しました。

pi-suke.hatenadiary.jp

まずは手元にあったロディア メモブロック No11 を入れたのですが、よくよく考えればサイズさえ合えばロディアである必要はありません。

ということで手元にあるロディア メモブロック No11 と同サイズのメモブロックを探したら、RHODIA No11 メモブロックとMnemosyne SPEEDY STYLEの2つがありました。

f:id:Pi-suke:20180516131937j:plain:w300
RHODIA とMnemosyne

今まで同じサイズぐらい意識してきませんでしが、この機会にこの2つのメモブロックを比較してみようと思います。

結論からいうと、僕の好みはMnemosyne でした。

まずは比較表で確認してください。

| RHODIA | Mnemosyne |
--|---|---| 坪量 | 80g | 80g サイズ カバーの時 | 74mm x 104mm | 74.5mm x 105mm サイズ 1枚の時 | 74mm x 89.5mm | 74.5mm x 92.0mm 紙厚 | 0.09mm | 0.10mm 入り数 | 80枚 | 65枚 価格 | 200円 |190円

RHODIA とMnemosyne のデザイン

f:id:Pi-suke:20180516132102j:plain:w300
RHODIA
f:id:Pi-suke:20180516132112j:plain:w300
Mnemosyne
両方ともマイクロミシンが入っており、簡単に切り取ることができます。
見てみると、RHODIA は全体に罫線が入っています。Mnemosyne は上部に日付やタイトルを書けるように罫線が入っていません。
ただ罫線がRHODIA の方が色が濃いです。

ちぎりやすさ

RHODIA はピリピリ、Mnemosyne はピシッという感じです。
どちらも同じようなミシン目なのに、微妙に感触が違いました。

書き味

f:id:Pi-suke:20180516132242j:plain:w300
RHODIA 試し書き
f:id:Pi-suke:20180516132223j:plain:w300
Mnemosyne 試し書き
微妙ですが違います。ちょっとだけRHODIA の方がざらつくかな?というぐらいで、目隠しして書いたら気づかないかもしれないレベルです。
比較したから気が付いたようなレベルで、ローラーボール・油性ボールペン・ゲルボールペン・鉛筆と書き比べましたが、ほぼほぼ違いが無いです。
裏移りも共にありませんでした。

紙質

RHODIA の方がザラザラしたような質感で、Mnemosyne の方がサラサラした感じです。この違いが書き味に影響したのだと思います。
最大の違いは、めくった時の紙のコシです。
RHODIA はコシをあまり感じませんが、Mnemosyne はコシをしっかりと感じます。紙厚の0.01mmの違いなのか確証は持てませんが、全く違います。

価格

RHODIA は1枚あたり2.5円、Mnemosyne は1枚あたり2.9円と少しだけMnemosyne の方が高いです。でも、0.4円なのであまり気にしなくても良いのかなと思います。

 

僕は最終的にMnemosyne が好みに合いました。
決め手は、RHODIA の罫線が目に障るというか濃すぎる点と、めくった時のコシの感じです。
罫線が濃くて気になってしまいます。そしてページをめくった時の感じがMnemosyne の抵抗というか感触が好みです。

今回比較して優越が付けにくく、好みの問題では無いかと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

防げる事故は未然に防ごう「食品アレルギー缶バッチ」

食品アレルギーがあると、アレルギー食品が使われていないか食事に気をつけないといけません。 大人であれば、自分で確認できますが、お子さんの場合はそうはいきません。

食品アレルギーは命に関わることですので、相手に伝え知ってもらうことが大切です。

さりげなく相手に食品アレルギーの有無を伝える素敵なアイテムがあります。

それは「文具道」さんで扱われている「 食品アレルギー缶バッチ」です。

f:id:Pi-suke:20180518200537p:plain:w300
食品アレルギー缶バッチ
www.bungudo.jp

缶バッチは安全ピンタイプなので、お子さんのカバンとかに気軽に付けることができます。

f:id:Pi-suke:20180518200530p:plain:w300
食品アレルギー缶バッチ(裏側)

さらにこの缶バッチは先日、Asahi デジタルでも報道されたので、記事を読まれた方も見えるのでは無いでしょうか。

www.asahi.com

対応している食品アレルギーは、

【デザインで対応している商品】
たまご、ぎゅうにゅう、こむぎ、そば、らっかせい、えび、かに、だいず、ぎょらん、さかな、やさい、くだもの、ごま、ねぎ、おさけ、メロン、バナナ、グレープフルーツ、くるみ、ナッツ、カシューナッツ、ピーナッツ・ナッツ、かふん、いぬ、ねこ、ラテックス、しがいせん、きゅうり、におい、乳製品、ぜんそく、とりにく、ぶたにく

の30種類以上です。
内閣府令で定められている特定原材料の7種類(卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かに)は当然カバーされています。それ以外にも多くのデザインがあります。

さらに販売サイトを確認したら、

ご紹介している以外のアレルギーの缶バッジのご要望がありましたら文具道まで教えてください。

とあります。

小さなお子さんは食品アレルギーを確認することができないでしょう。また、お友達のおうちに遊びに行って、おやつが出てこれば例えアレルギー食品が含まれていても食べてしまうでしょう。
実際、以前にお子さんも交えてのお食事会に参加した時に、お子さんにアレルギーが無いか確認しました。万が一、お子さんが食品アレルギーがあるのに、口にしたら大変な事になるからです。

この缶バッチをつけていれば、これ食べちゃダメだよ。と伝えられますし、注意することができます。

この商品がマタニティーマークのように、広く世に知られて、1件でも不幸な事故が減ることを切に願います。

なお、Asahi デジタルで報道されたため、発送が少し遅れるようです。

www.bungudo.jp

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

第92・93回の文房具朝食会@名古屋が開催されました

5月19日(土)に文房具朝食会@名古屋が開催されました。
今回は岐阜県大垣市にある川崎文具店さんにお邪魔しての開催です。

川崎文具店さんは、以前僕のブログでも紹介したので、その時のリンクを紹介しますね。

pi-suke.hatenadiary.jp

また、川崎文具店さんのオリジナルインクの「大柿セピア」の記事も合わせて紹介させていただきます。

pi-suke.hatenadiary.jp

 

とっても素敵な文具店さんで、初めてお邪魔した時に店構えから惚れてしまいました。
店長さんもとっても気さくで、特に万年筆の造詣がとても深く勉強になります。
こんな素敵な文具店さんは、もっと多くの文房具好きに知ってほしい。と思い、文房具朝食会@名古屋のイベントを行いたい。とお願いしたところ、快諾していただき今回のイベントを開催することができました。

イベント内容は、川崎文具店さんの推しの一つ、試し書きコーナーをみんなで体験しよう。です。
今回はお店での開催ということで、午前(第92回)・午後(第93回)の二部構成でそれぞれ定員6名でしたが、すぐにいっぱいになってしまいました。
前回から新人枠を設けたのですが、それでもすぐに満員御礼となってしまいました。  

川崎文具店さんではセーラー万年筆さんから発売された「インク工房」の100色をはじめ、取り扱われているほぼほぼ全てのインクを試し書きできるようになっています。
試筆コーナーもしっかりできており、国内・海外問わず非常に多くのインクの試筆が可能です。

f:id:Pi-suke:20180519093354j:plain:w300
川崎文具店さんの試筆コーナー
試筆コーナーにあったMontblanc のインクが全て揃っているのは、なかなか壮観です。
f:id:Pi-suke:20180519111759j:plain:w300
Montblanc のインク勢揃い

しかも試筆コーナーには、調光ライトが設置されており、ライトの色による万年筆のインクの見え方も調整できるようにと、非常に本格的な環境です。
どうしてもお店のライトと、自宅でのライトの色味に違いがあるので、そういう差を極力排除して納得して購入してもらいたい。というお店の心使いです。

店長さんから試筆の説明を受けて、実際に試筆を行うみなさん。

f:id:Pi-suke:20180519111458j:plain:w300
試筆にみなさん集中しています
普段の文房具朝食会@名古屋とは違って、みなさん静かで黙々とインクと向き合っています。

なにせ100色以上ですので、生半可な気持ちではインク沼で溺れてしまいますので、みなさん必死です。
色見本では同じような色に見えても、実際に書いてみると微妙な違いがあり、しかも試筆する際に、つけペンGペン)とカリグラフィーペンがあったのですが、それぞれでインクの受ける印象が異なります。
普段つけペンGペン)を使う機会がないのですが、今回Gペンを使って独特の書き味を楽しみ、Gペンいいな〜と惚れてしまいました。
つけペンは字幅が細いのですが、カリグラフィーペンは字幅が太いのでよりインクの濃淡を楽しむことができました。

f:id:Pi-suke:20180519100504j:plain:w300
試筆用のカリグラフィーペン
さらにカリグラフィーペンの半分は、店長さんが調整しており書き味がめちゃくちゃサラサラとしたとても気持ちのいいもので、このカリグラフィーペンはみなさんが欲しがっていました。
万年筆の造詣がとても深いので、お話にみなさん聞き入っていました。

 

川崎文具店さんでの試筆はいつでも可能ですので、ご興味のある方はぜひお越し下さい。あっという間に時間が過ぎてしまいますので、時間に余裕を持って、しかも素敵な万年筆もたくさん取り扱われており、見ていると欲しくなるものばかりです。

今回、100色を超えるインクを腰を落ち着けて、試筆するというなかなか体験できないイベントを快諾していただきました川崎文具店さんに改めてこの場でもお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
また普段とは違い、遠方での開催となったにも関わらず、そして初めての文房具朝食会@名古屋へ参加していただいた方も楽しんでいただけたのなら、今回企画できて良かったです。

しかし、万年筆樹海2丁目インク沼とはよくいったもので、試筆していると素敵な色のインクの多さに驚きつつ、ついつい欲しくなってしまいます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1冊から手帳が作れる「ネットde手帳工房」に新機能が追加されます

1冊から作れる製本手帳「ネットde手帳工房」さんから、追加コンテンツの発表がありました。

ネットde手帳工房

まずは「ネットde手帳」とはなんぞや?というと、1冊から自分の思うデザインの手帳が作れる。というサービスです。
以下は以前に紹介した記事のリンクです。

pi-suke.hatenadiary.jp

今回追加されるコンテンツは、 - 飾り原稿用紙(7月上旬公開予定) - 手書きレイアウト(7月上旬公開予定) - お試しデザイン機能(8月末公開予定)

です。

飾り原稿用紙

2016年の日本文具大賞のデザイン部門のグランプリを受賞した、あたぼうステーショナリー商品です。
本商品はA4サイズの原稿用紙なのですが、枠などがおしゃれなデザインになっています。
※以下は、以前に飾り原稿用紙を紹介した記事です。

pi-suke.hatenadiary.jp

(飾り原稿用紙は僕も愛用させて頂いています。ちなみに僕は飾り原稿用紙ユーザ会 会員番号11です)
対応予定は、港煉瓦・碧翡翠・金鶯錯とのことです。
嬉しいですね、僕の愛用しているデザインの港煉瓦が含まれています。

気になるのは、ネットde手帳はA5サイズですので、片面に400字詰めになるのか?用紙は飾り原稿用紙の用紙なのか、ネットde手帳の用紙なのか?

続報を追いかけなければなりません。

手書きレイアウト

イラストレーターやライターの方が作成した手書きレイアウトを、サンプルから選択できるようになります。

とのことです。
どういう手書きレイアウトなのか、気になります。

でも手書きレイアウトだと、きっちりしたラインではなく、味のあるレイアウトじゃ無いかな?と思っています。

お試しデザイン機能

これは機能追加ですが、現状ではユーザー登録をしないとデザインを確認することができません。

ネットde手帳に興味はあるけど・・・という人がより試しやすくなります。
ただし、手帳を保存・注文するときは、アカウント登録が必要になります。

 

昨年リリースされたばかりの新しいサービスです。
1冊から作れるので、自分のニーズに合致した手帳が作れます。
そのため4月始まり・1月始まりとか気にすることなく、手帳が作れます。従来は1冊だけ手帳を作れるなんて想像だにしませんでした。

手帳はその人の生活・人生そのものですので、手帳を使っている人はぜひ一度このサービスを確認して見てください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。