カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

目の話せない一人文具メーカー「尚貴堂」

12月9日に、ポートメッセで開催されていた「クリエーターズマーケット」に縁があって行って来ました。
f:id:Pi-suke:20171209110337j:plain

色々な雑貨などオシャレなショップが所狭しと出店されていました。
先日購入した名古屋友禅の鞄を製造された伝統工芸士の赤塚先生のブースにご挨拶して、今回声をかけていただいた方とブラブラと会場内を徘徊していました。お互いに夕方には別件の予定があったので、かなり駆け足で見学したのですがこれは2日間じゃないとじっくりと見ることはできないぐらいの、出店者数と出品数の数です。

そんな会場内で、文具もいくつか扱われていました。
その中で、文房具朝食会@名古屋のメンバーで最近独立された大橋尚貴さんが出店されていました。
f:id:Pi-suke:20171209120617j:plain
尚貴堂 Shokido【公式】一人で文具メーカー始めました
最初は全く気づかず、一言二言話しているとお互いに「あれ?」っと・・・
大橋さんとは数回しかお会いしていなかったので、ご容赦ください。

文房具好きが会社を起こしただけあって、細かいところに気の利いた文具アイテムばかりです。
そんな尚貴堂さんの商品を紹介します。

「Richt リヒト」ひらくパスケース

片手で開くパスケースです。
f:id:Pi-suke:20171211155105j:plain
EdyTOICAのような非接触型の電子カードと、他のカードを分けて収納できます。非接触型の電子カードは、同じ非接触型のカードが重なっていると読み取りエラーが発生し得るので、分ける必要があります。これなら、一番よく使う非接触型のカードを分けることができて、さらに片手でスルッと分けた非接触型のカードだけをかざすことができます。
反対側の収納部には、クレジットカードタイプなら4枚ほど収納が可能だそうです。よく使うカードだと、これくらいの収納枚数で足りそうです。

Zwei ツヴァイ」ノック式ペンシース

パッと見た目はよくある2本挿しのペンケースです。
f:id:Pi-suke:20171211155825j:plain
しかし、さすが文具好きが作ったペンケースです。こういうタイプのペンケースは、いざ収納したペンを出そうとしても、中に潜ってしまって取り出しにくいことが多々あります。
そんな出しにくい不便さを解決したのが、このZweiです。
ちょっと大胆ですが、ペンケースのお尻をグッと抑え込むと、ペンが飛び出すんです。
f:id:Pi-suke:20171211160050j:plain
革で作られているので、中のペンを傷める心配はありません。ちょっとした発想ですが、これならストレスなく取り出せます。

「Teppich テピシ」システム手帳の下敷き

僕の一押し商品です。
f:id:Pi-suke:20171211160319j:plain
システム手帳は、リング部分と革の部分でどうしても段差が生じてしまいます。
その段差の為に、書き難いんですよね。システム手帳は差し替えが簡単にできるので、大好きなのですがこの段差のために使うのを避けていました。
でもTeppichを使えば、この段差が解消されます。
f:id:Pi-suke:20171211160552j:plain
素晴らしいのが、マグネットでの着脱方法にしている点です。
リングに通すのでは、この下敷きの取り外しが面倒ですが、マグネットなら簡単に挟むことができる上、落下する心配もありません。
ただこのTeppichですが、バイブルサイズのみなんですよね。
大橋さんには、しっかりA5サイズの製造を強くお願いしました。ほんと、A5サイズがあったら即買いしていました。



2017年12月に立ち上がったばかりの「尚貴堂」さん。
頑張って素敵な文具を生み出して欲しいです。
f:id:Pi-suke:20171209120718j:plain
尚貴堂の大橋尚貴さんとツーショット

中部の文具王 猪口フミヒロさんの「文房具進化論」

先日、名城大学ドーム前キャンパスのNFC(名古屋フューチャーセンター)にて、文房具朝食会@名古屋を主催されている猪口フミヒロ (id:fumihiro1192) さんがお話をされました。
f:id:Pi-suke:20171211185904j:plain

タイトルは「文房具進化論 仕事を楽しくする文房具の話をしましょう!」
数日前に文房具朝食会@名古屋の忘年会にあったばかりなのに、中部の文具王のフミヒロさんがどんなお話をなさるのか、興味津々で会場に到着しました。


そうしたらなんとフミヒロさん、パソコンは持って来たのに映すためのアダプタを忘れるというハプニング(笑)
同じくNFCで再来週僕も付箋紙をテーマに話すので、たまたま僕が動作確認のためにパソコンと変換アダプタを持っていたので、急遽僕のパソコンから映すことになりました。
いや〜何が幸いするかわからないですね。始まる前に実はこんなドタバタがあったんですよ〜

そんな準備でバタバタしていたら、なぜかスライド操作するという大役を仰せつかりました。
ブログの記事にするために撮影する気満々だったのに、スライド操作をしていたので、写真が冒頭ぐらいしかありません。
そんなやりとりをしていると続々と参加者の方がお見えになりました。
が!大半のメンバーが文房具朝食会@名古屋のメンバー(笑)数日前にお会いした方々・・・
ちゃんと学生さんも数名参加してくれましたよ。
f:id:Pi-suke:20171212185748j:plain



冒頭はフミヒロさんの自己紹介+2つだけ質問を受け付けて場の緊張をほぐします。
スライド操作に集中していたら、いきなりフミヒロさんから「森上くん、質問ない?僕のことがよくわかるような質問をするんだよ」と無茶振りが・・・
せっかくなので毎日ブログを更新して8年、目標の10年まで2年あるが、8年もの間毎日ブログを更新し続けるコツを質問してみました。
僕もどれだけ継続できるか不明ですが、「まずは1年間毎日ブログの更新をする。」という目標がある。
そうしたら「ストレスを溜めない」「ブログを書くことを習慣にする」という回答をいただきました。この「ストレス」や「習慣」というのがネックなんですよね。
「書く」ことがストレスになったり、「ブログのネタを考える」こと自体がストレスになったり・・・
また今まで文章を書くこと自体の習慣がないので、習慣にすることがハードルが高いんですよね。習慣化するために、ブログを書く時間を決める。という具体的なアドバイスも頂きました。
実は「ストレス」や「習慣化」については、すでに自分なりに感じていたことを、8年続けている先輩から言語化していただけたので、今の方法は誤りじゃない。と自信を持てました。


質問時間が終わると、前半のスタートです。
前半では、文房具界でフミヒロさんがどうやって今の地位を得たのか。というポジショニングの経緯をお話しされました。
このポジショニングのアプローチは、実は僕が今実践している方法でした。そしてしっかり僕の動きの意図がバレてました(笑)
そして前半の後半には「運」について、これはディープな内容なのでぜひ機会を見つけて聞いてください。僕はうまく説明できません。
誰でも実践可能な方法で、フミヒロさん曰く「運をコントロールする。」ということができそうです。
僕が話を聞いた限り、わかりやすく「運」と言っていますが、もうちょっと大きい感じなんですよね。でも「運」というキーワード以外に思いつかない。


後半は、参加者の方が2017年お世話になった文房具を紹介です。
参加者の学生さんが、ポストイット®️ノートにお世話になった。と発表され、どうポストイット®️ノートを使っているのかツッコミが入ると、なんとポストイット®️ノートを使ってアイデア出しをしている。とのこと。
驚きましたね〜今時の学生はすごいですね。僕もフミヒロさんも驚きを隠せませんでした。
僕が大学生の時にそんなことは考えもしませんでした。


「文房具進化論」というテーマでしたが、文房具がどう進化のか?という内容ではなく、文房具を通してフミヒロさんがどう進化したのか。という内容でした。
なかなか人のそういう話を聞く機会がないので、本当に良かったです。

第83回 文房具朝食会@名古屋 開催されました

12月9日(土)に、第83回の文房具朝食会@名古屋が開催されました。

今月は12月ということで、普段のように朝からではなく忘年会に向けて、0次回と称して15時からのアフタヌーンとして開催です。
会場は今回も国際センター近くのオリジナルノートが作れて、スペシャルコーヒーが飲める「NO DETAIL IS SMALL」さんです。
nodetailissmall.com

忘年会前の企画で、今回思い切り油断していたので、写真を撮っていません。まさかこの回もブログに上げることになるとは思わなかったので・・・(主催の猪口フミヒロさんが終わりがけに、「ブログよろしくね〜」っと振られたんですよね


閑話休題
今回のテーマは、ステーショナリーのフリー情報誌である「Bun2」の「2017年12月号を読もう」です。
12月号には、「2017年Bun2大賞」のTop30が掲載されています。
このTop30を読みながら、気になった大賞作品や今年のお気に入りな文房具をみんなで紹介し合いました。
僕は途中でコーヒーを取りに行ったり、アルコールを取りに行ったりと腰が落ち着かなかった上、参加者の方のお子さんの最近片言に話し始めた子とキャッキャと遊んでました。
そんな訳でみなさんの発表をちゃんと聞いていませんでした。申し訳ありません。
(まだ小さい子供が居るから、と文房具朝食会@名古屋への参加を躊躇われて居る方がいましたら、こんな感じで誰かが面倒を見てくれますので、安心してご参加ください。

ちなみに僕がBun2大賞で気になった・オススメの文具は、「デルガード Type ER」です。
www.zebra.co.jp
折れないシャープペンシルのデルガードなのですが、シャープペンシルに付いている消しゴムがストレスなく使える優れものです。
多くのシャープペンシルの消しゴムは、キャップが付いていてキャップを外す必要がある上、消しゴムの消字性が非常に低いんですよ。
付属の消しゴムだと黒鉛を伸ばしているだけで、本当に消しているのか?と思ってしまう品質なのですが、この「デルガード Type ER」はキャップがない上、シャープペンシルを逆さまにするだけで消しゴムが使えます。そしてちゃんと消字性が高いので、ちゃんと文字を消すことができます。

そして、今年お世話になった文房具は、散々悩んだのですが一次情報の保存さ気になっているLIFE ノーブルノート B5 を紹介しました。
このノートを紹介した時に、主催のフミヒロさんが「最終的にここに落ち着くんだね〜」といったようなことを発言されていました。確かにLIFE ノーブルノートは、そこそこの売り場面積のある文具店ならまず扱われているので、購入に不自由しない点と、筆記具を選ばない優れた用紙ですからね。なんだかんだと、結局このノートが一番よく使っているのかもしれません。


なんだかんだと、よそ事をしながらビールを呑んでいたら、あっという間に終わりの時間になりました。
今回はいつも以上にユルユルな雰囲気だったのではないでしょうか。僕が初めてお会いする方も見えたのですが、かなり楽しまれていたようです。



その後は、名古屋駅近くの居酒屋さんで20名近く集まっての忘年会です。
気心の知れた同好の大人が集まって、ワイワイと呑んで食べて、そしてクリスマスも近いのでプレゼント交換をして・・・
あっという間の2時間でした。ほんと、さっき始まったはずなのに・・・そんな楽しい週末でした。
昨年も文房具朝食会@名古屋の忘年会に参加したのですが、この忘年会が終わって年の瀬を実感しました。

SHEAFFER LON レビュー

先日、文具売り場の店員さんが使っているところを見て、一目ぼれして取り寄せを依頼した、SHEAFFER のLON が届きました。

f:id:Pi-suke:20171207200723j:plain

なかなかポップな感じだ。

これはボディを引っ張ると筆記部が飛び出す形状だ。
まずは短い収納された状態。
f:id:Pi-suke:20171207201042j:plain
長さはおおよそ9cm だ。
写真の黒い部分は、カバンなどにつけられるリングトップだ。これが付いても10cm 程度。

筆記するために伸ばした状態。
f:id:Pi-suke:20171207201100j:plain
この状態の長さはおおよそ11cm。


伸縮させて筆記するわけだが、伸ばした際に、カチッと収まる感触がないので若干不安だ。
また収納する際に、内部のバネの反動というか振動が気になる。
まぁここら辺をこだわると価格に影響するので、価格相応な品質だと思う。
ちなみに価格は1,800円だった。

リフィルはさすがに独自形状です。
f:id:Pi-suke:20171207201120j:plain
インクはゲルインクだ。
Mnemosyne に書いてみた。2枚目は裏写りを確認です。
f:id:Pi-suke:20171207201247j:plain
f:id:Pi-suke:20171207201310j:plain
さすが海外製。字幅が太いです。
ただインクのフローは滅茶苦茶気持ちいです。ヌラヌラ感が好きな人は喜ぶ書き味だ。
僕自身、最初水性インクかと勘違いしたぐらいだ。


このボールペンの特徴は、
・リングトップが付いているので、ネームタグやカバンなどに付けて置ける。
・書き味がヌラヌラ感満載
筆記具を常に持ち歩きたい人に非常におススメだ。

マスキングテープのお共に「クルカット」

マスキングテープはついつい増えてしまう。
今や文具店に限らずお土産屋さんでも、郵便局でも扱われている。
そしてそういったところで販売されているのは、ご当地デザインだったりするので、価格も数百円なのでついつい購入してしまう。
そして家に帰れば、何個・何十個、人によっては3桁だったり・・・

そしていざ使おうと思うと、断面がガタガタでキレイに切れずにもやっとする。
使うときにハサミを使えばいいけど、もっと手軽にキレイに切れないか。と悩ましい問題だった。
いや、すでにマスキングテープの専用カッターとして何種類も発売されている。しかし、既存製品は取り外しが面倒で、複数のマスキングテープを使うときには勝手が良くなかった。

そんな不満をいっきに解決してくれたのが、KOKUYO さんから発売された「クルカット」だ。
f:id:Pi-suke:20171207201518j:plain
商品特長 カルカット(クリップタイプ)|テープカッター〈カルカット〉|商品情報|コクヨ ステーショナリー

この商品はマスキングテープの幅が、「10~15mm」「20~25mm」の2種類ある。
店頭でサンプルを試したところ、簡単に着脱できて切れ味も良いので購入した。

使い方はとっても簡単。
洗濯バサミのように、写真のようにマスキングテープを挟むだけ。
f:id:Pi-suke:20171207201546j:plain
あとは使う分だけマスキングテープを出して、この挟んだ「クルカット」を押さえながら切るだけ。
ハサミなどほどの切れ味はないが、実用上の問題はない。
f:id:Pi-suke:20171207201630j:plain
写真の左側が「クルカット」で切った断面。右側がフリーハンドで切った断面だ。
一目瞭然、「クルカット」の方がキレイだ。


この商品の最大の特徴は、
・クリップタイプなので使う時に挟むだけ。
「クルカット」は嵩張らないので、マスキングテープを使う人はペンケースなどに入れておいて損はない。
そしてマスキングテープそれぞれに用意する必要はなく、「10~15mm」「20~25mm」の2種類をそれぞれ1個あれば十分だ。

複数のマスキングテープを使う頻度が高い人は、絶対に買って損はない商品だ。

逆算手帳のスペシャルイベントに行ってきました

今日は終業後に、ダッシュでTSUTAYAプロデュースのブック&カフェ「草叢BOOKS」新守山店で開催された、「逆算手帳スペシャルイベント」に行ってきました。

f:id:Pi-suke:20171208205157j:plain

なにがスペシャルイベントなのかというと、逆算手帳の生みの親であるGYAKUSAN 株式会社のCEO のコボリ ジュンコさんが講師なんです。
さらに逆算手帳・認定講師〈第1期〉のあまき まきさんも随時入るという贅沢でした。

参加者枠が10名でしたが、女性誌のCanCam10月号などで取り上げられたためか8名が女性の方でした。

そもそも「逆算手帳」ってなに?

f:id:Pi-suke:20171208220853j:plain
コボリ ジュンコさんが夢を実現するための手帳として開発されたものです。
まずは目標を設定して、そのビジョンを実現するにはどうすれば良いのか、逆算して計画を行うためのツールです。
大きさはA5サイズで、他の手帳と異なり「逆算思考」するためのページのみで、一般的な手帳についてくる「鉄道路線図」や「単位変換表」などいったページも「メモ」ページも何もありません。

詳しくは以下の公式HP を見てみてください。
GYAKUSAN planner
HP には「逆算思考で夢を叶える方法」の小冊子も無料でダウンロードすることが出来ます。

「逆算手帳」は通常の手帳と異なり、夢を実現するために逆算して行動を行うためのツールになるので、使い方が独特です。
出来れば認定講師の方などのセミナーに参加して、実際に使い方を学ばれるのが良いのですが、なかなか難しいかと思います。
そういう方は、ぜひこの「逆算思考で夢を叶える方法」の小冊子を読んでください。
f:id:Pi-suke:20171208221305j:plain
なお2018年版からは使い方ガイドも、逆算手帳に同封されています。

ちなみに2018年1月12日に「逆算手帳」の使い方や便利な文房具などが紹介されているムック本も発売されるそうです。


スペシャルイベントの内容

「草叢BOOKS」新守山店で19時から1時間のスペシャルなイベントでした。
まずはコボリさんが「逆算手帳」を開発に至った経緯の紹介です。
f:id:Pi-suke:20171208191226j:plain
GYAKUSAN 株式会社 CEO コボリ ジュンコ さん
この中で、通常の手帳は「やること・やらなきゃいけない事ばかり。ToDo を管理する。」という内容の話がありました。
まさにそうなんですよね。手帳っていうと、スケジュールやタスクの覚えのためのもので、大きなビジョンを捉えるのには向いていないんですよね。

「逆算手帳」は「やりたい事を実現する手帳」なので、まずはWish List 100 から始まります。
このWish List 100 を実現するための行動をアシストしてくれるのが「逆算手帳」なんですね。

コボリさんのお話しの中で、「最初の計画にこだわる必要はないですよ」という事は、ホントに良かった。
どうしても最初の計画に執着してしまう傾向があるけど、計画を立てた時はあくまでも未来のシミュレーションなので、目標に向かう途中で見えてくるものが変わってくるので、その都度修正する必要があるし、そもそも目標が変わることだって十分にありうる。
そうなんですよね、僕も今年「逆算手帳」を使いこなせてはいないのですが、自分の負担にならない程度で使っていますが、やはり目標に向かっている途中で計画した内容からズレが生じて修正していました。

「逆算手帳」の体験?として、Wish List 100 は時間が掛かるので「Life Vision」という「楽しみ」「学び・成長」「ライフスタイル」「健康」「ライフワーク」「仕事」「お金」「人間関係」の8つの項目を書き込むことをしました。
f:id:Pi-suke:20171208193921j:plain
逆算手帳・認定講師〈第1期〉 あまき まき さん
実は今年の「逆算手帳」の「Life Vision」は書こうとして、どうしても書ききれず挫折したページなんですよ。
実際に使われている方の「Life Vision」の写真を見せてもらったのですが、皆さんスゴイですね。



ざっくりとこんな感じでした。1時間なのであっという間に時間になってしまいました。
最後に参加者の皆さんと写真を撮ったり、コボリ ジュンコさんと写真を撮ったり。
f:id:Pi-suke:20171208202224j:plain
そして恒例?のコボリさんに「逆算手帳」にサインを書いてもらったり。
f:id:Pi-suke:20171208231700j:plain
しっかり僕も書いてもらいました。
f:id:Pi-suke:20171208223403j:plain

今年はいいかげんな使い方をした「逆算手帳」ですが、それでもWish List 100 に書いた夢がいくつも実現しました。
来年もスケジュール管理としてではなく、夢の実現のために「逆算手帳」を使いますよ。

SAKURA Craft lab リフィル 全5色コンプリート

今年のボールペン分野で一番話題を集めたと思っている、サクラクレパスさんのSAKURA craft lab 001 / 002。
craft.lab.craypas.com

運よく発売間もない時期に、特に話題となった001 を購入できた。
※購入レビューの過去記事
pi-suke.hatenadiary.jp


一番よく使うボールペンは、このSAKURA craft lab 001 だ。
滑らかなインクに、真鍮が使われているため適度な重量、そしてオシャレなデザインが気に入っている。持っているだけでワクワクする。
そんなお気に入りのボールペンなので、ついにリフィルをすべてコンプリートしてしまった。
と言っても、全部で5色。

ブラック・ブルーブラック・ブラウンブラック・ボルドーブラック・グリーンブラックの全5色。
全てブラックだ。
マルマンさんのMnemosyne に書いてみた。2枚目は裏写り具合だ。
f:id:Pi-suke:20171207195947j:plain
f:id:Pi-suke:20171207200009j:plain

ちなみに取り寄せてもらった際に、箱に入っていてその箱も頂いてきた(笑)
f:id:Pi-suke:20171207194412j:plain
ただの箱だが、この箱がイイ。なんか嬉しいんですよね。


さて、リフィルの色味だが、正直見比べないと違いが分からない(笑)
だが、使っているとこの微妙な違いが分かるようになる。違いの分かるオトナになれる。
個人的には捨て色とされているブラウンがお気に入りで、すでに何度もリフィルを交換している。

書き味もゲルインクなので、滑らかである。ただ、このリフィルはSAKURA craft lab を扱っている店頭でしか購入できないことだ。
そのため一番よく使うブラウンブラックは、常に在庫を持つようにしている。


さすがに001 をすべてコンプリートすると、財政的に支障をきたすのでリフィルを気分に寄って使い分けようと思う。