カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

水の都 大垣に相応しいオリジナルインク「大柿セピア」

大垣市は「水の都」と呼ばれるほど、湧き水が豊富で全国水の郷100選にも選ばれたほどです。
そんな大垣市にある川崎文具店さんは街の文具店でありながら、店長のオススメのすっごい万年筆が陳列され、さらに試筆まで可能なんです。
ちなみに「万年筆」は英語で、fountain pen と呼ばれます。直訳すれば噴水ペン?湧き出るようにインクが出るから、こう呼ばれているのでしょうか。大垣市に相応しいお店と言えるのではないでしょうか。
以前、この川崎文具さんを紹介した記事のリンクを貼っておきますね。
素敵な文具店を発見!!大垣「川崎文具店」 - カクかく

今日は伺った目的は川崎文具店さんのオリジナルインクの購入と、ちょっとイベントのお願いと打ち合わせにお邪魔しました。
川崎文具店さんは街の文具店でありながら、洗礼なされたラインナップも扱っているので、お客さんの動きが2極化しています。
イベントの趣旨や日時についてお話ししていたら、洗礼されたエリアに迷いなく足を踏み入れる人と、一般文具のエリアに行く人と動きに違いがありました。なかなかお客さんを見ているだけで楽しかったです。

「大柿セピア」を購入するまでに、この洗礼されたエリアに躊躇なく足を踏み入れた方々とお話が盛り上がり、Facebook のとあるグループにお互い所属されているということで、プチオプ会のような状態が自然と出来上がりました。

そんな突発イベントもありましたが、湧き水の豊かな大垣市にある川崎文具店さんのオリジナルインクである「大柿セピア」を購入しましたので紹介します。

f:id:Pi-suke:20180421172041j:plain:w300
大柿セピア パッケージ

気になる色味

当然オリジナルインクなので、みなさん色が気になりますよね。
お店に行っていただければ、試筆も可能ですがなかなかそうはいかないでしょう。

通常は僕の悪筆で色味を紹介するところなのですが、先のプチオフ会で岡本さんがこの「大柿セピア」で書かれた素敵な絵をお店にプレゼントされておりました。

f:id:Pi-suke:20180421173321j:plain:w300
「大柿セピア」色味

大柿セピアの濃淡を余すことなく表現されており、見るひと全てが感嘆の声しか出ないという状況でした。
ちなみに書かれている絵は、大垣市が舞台になった「聲の形」というアニメ映画です。
※「聲の形」僕も観ましたが、めちゃくちゃすっごい作品です。子供よりも大人がハマる作品です。作品の素晴らしさを伝えようとすると、それだけで1つの記事になりますので、割愛させて頂きます。
(岡本様、掲載の承諾ありがとうございます)

本当に大柿セピアの濃淡が美しいです。
万年筆の楽しみには、インクの濃淡の楽しみがあります。
この絵を観ていただくと、この大柿セピアの濃淡がよく分かります。

この濃淡を観て、改めて大柿セピアの魅力に気づかされました。
この絵はお店にも飾られるそうですので、ぜひ来店して確認してほしい出来栄えです。



今からどの万年筆に大柿セピアを入れるか悩みます。
そしてこの濃淡のある世界を存分に楽しみたいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

文房具ブロガーの「カバンの中身」

今週のお題「カバンの中身」

Hatena Blog では毎週決まったお題が表示されます。
今週は、【今週のお題「カバンの中身」】ということです。

さて僕のある日のカバンの中身を公開しちゃいます。
僕はいつも帰宅したら、一度カバンの中身を全部出して、翌日必要な物を入れる。ということをしています。
そうしないと、カバンの中がぐちゃぐちゃになって、必要なものが取り出しにくくなるからです。

気になるカバンの中身

ちょっと気分転換に喫茶店に逃げて、ブログを書こうとしたので、こんな感じになっています。

f:id:Pi-suke:20180420162651j:plain:w300
文房具ブロガーのカバンの中身

早速何が入っているのか、見てみましょう。

カバン自体

カバンは、サンスター文具さんの「DELDE zakka トートリュック」です。
ワンアクションでトートにもリュックにもなる。という機能性が高く、立つペンケースで有名な「DELDE」のデザインなので、さりげなく文房具好きをアピールしています。

MacBook + 充電器

Macbook 12インチと充電器周りです。
なにせこれがないと目的のブログが書けないw
僕のMacBook には、目立つようにステッカーがペタペタ貼られています。

システム手帳

新潟の革工房ABALLI さんのA5 システム手帳です。
リフィルは、あたぼうさんのスライド手帳。そして写真には写っていませんが、RHODIA No16 メモブロックが入っています。

ノート2冊

LEUCHTTURM1917 とRollbahn の2冊。
LEUCHTTURM1917 はライフログ+ブログのネタ帳です。
Rollbahn はSmith NAGOYA の限定デザインで、僕のオススメカフェ・喫茶店ノートです。
ちょっとブログを書きつつ、カフェ・喫茶店ノートを整理しようと思って入っています。

ペンケース

システム手帳のDavinci シリーズで有名なレイメイ藤井さんの「クルマーレ」というペンケースです。
このペンケースの中には、鉛筆5本・シャープペンシル1本・ボールペン5本・マーカーペン3本に消しゴム1個。それに替え芯やゼムクリップが入っています。

写っていないけど・・・

写真には写っていませんが、名刺入れと長財布が入っていました。
名刺は会社の名刺ではなく、文房具ブロガーとしての個人用です。




意外に入っていますね(笑)
ペンケースは今日は「クルマーレ」ですが、かなり頻繁に入れ替わっています。
「つくしペンケース」だったり、「あなたの小道具箱」だったり、その時々で変わります。

天気予報をちゃんと確認しないので、雨に濡れて帰ることがしばしばあるので、本当は折り畳み傘を入れておいた方が安心なんですが、折り畳み傘を持ち歩く習慣が無いのでなかなか実践できていません。

今回はブログを書こうと思ったのでMacBook が入っていますが、システム手帳とLEUCHTTURM1917 とペンケースは必須ですが、あとの物はその時々で変わります。

この中で無くなって困るもの

せっかくなので、このカバンの中から無くなって困るもの。を考えてみました。
それは「システム手帳」と「LEUCHTTURM1917」ですね。
高価格というとMacBook ですが、最悪無くなってもMacBookは買えば解決しますが、「システム手帳」と「LEUCHTTURM1917」は無くなるとかなり困っちゃいます。
「システム手帳」は未来の自分を管理するための物ですし、「LEUCHTTURM1917」は過去の自分と今の自分を繋ぐ物であり、ブログのネタが書いてあるので、この2つは無くなるとホント困ります。
(だからって、MacBook を持っていかないようにw




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

書類をめくったまま固定できるクリップボード「マグフラップ」

クリップボードを使っていて僕が不憫な点は、壁などに貼り付けできない点と、めくった紙が固定できない点です。
壁にくっ付かないのは、マグネットシートを裁断してクリップボードの裏側に両面テープで貼って、スチールなどの壁に張り付くようにしていますが、もう一つのめくった紙が固定できないのは諦めていました。


そうしたらキングジムさんから5月18日に、これらの問題を解決してくれるクリップボードが発売されるそうです。

f:id:Pi-suke:20180418201247p:plain:w300
マグフラップ
www.kingjim.co.jp

2箇所にマグネット

f:id:Pi-suke:20180418201403p:plain:w300
背面にマグネット

背面フラップを搭載し、そこをマグネットでくっ付けるとのことです。
これならめくった紙を固定することができます。

f:id:Pi-suke:20180418201436p:plain:w300
底面にマグネット
さらに底面にもフラップをつける事によって、紙が折れてしまう事を防ぐことができます。
ここにもマグネットが付いています。

マグネットの力でスチール面などに貼り付けられる

上記の2箇所のマグネットにより、スチール面などに貼り付けることができます。

f:id:Pi-suke:20180418201853p:plain:w300
スチール面などに貼り付け可能
スチール面などに貼り付けられると、例えば会社のサイドテーブルにくっつけておいて、必要に応じてサッと取り出すことができます。
必要な時にスムーズに取り出せる上、サイドテーブルの側面に貼り付けるので場所も取らないというメリット。

ただスチール面に貼り付けるようにするためには、納枚数は最大でA4コピー用紙10枚までとのことです。
僕自身は、とっさのメモや手順書などを挟んで、スチール面などに貼り付けて閲覧する方法なので、特別10枚でも問題はないです。



手順書や要領書を確認しながらの作業や、メモや回覧書類を綴じるのに適していると思います。
発売されたら、購入して使い勝手を確認したいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ぷんぷく堂さんのオリジナルノートが発売です

夕方5時から開店する千葉県市川市八幡にある個性的な文具店の「ぷんぷく堂」さんから新たなオリジナル商品が発売されるそうです。
ぷんぷく堂さんといえば、昨年のISOT の日本文具大賞デザイン部門でグランプリを受賞した「あなたの小道具箱」が有名です。
「あなたの小道具箱」以外にも、「半分鉛筆」「1日100文字したたメモ 」「競馬新聞で作ったレポート用紙」「過保護袋」「スキマメモ」「メモッパチ」といったとっても魅了的で個性的なオリジナル文房具が豊富です。
そんなぷんぷく堂さんのオリジナル商品に、新商品が追加されるとのことです。

www.punpukudo.jp

発売は4月25日とのことです。

竹紙100%

このノートの特徴は何と言っても竹紙100%ということです。

f:id:Pi-suke:20180418194435p:plain:w300
竹紙100%ロゴ
通常の紙は木材パルプから製造されていますが、この竹紙は竹から製造されています。
竹紙は行きつけのNO DETAIL IS SMALL さんで、試筆した時にとの滑らかさに驚きました。特に鉛筆で書いた時の気持ち良さは、ぜひ多くの人に体験して欲しいです。
竹紙の詳細に付いては、製造元の中越パルプ工業株式会社のサイトを見ていただきたいです。
竹紙について - 竹紙 - 中越パルプ工業株式会社

デザインが素敵

f:id:Pi-suke:20180418192406p:plain:w300
ぷんぷく堂 オリジナルノー
表紙のデザインが素敵です。
ぷんぷく堂さんは京成本線の沿線にありますので、立地がうまくデザインに活かされています。
そして何と言っても、店主の櫻井さんの可愛らしいイラストです。
ぷんぷく堂といえば、店主の櫻井さんを抜きには語れません。
僕自身、櫻井さんに会いたいからぷんぷく堂に行くのか、個性的な文房具が見たくていくのか・・・分からないです。



このオリジナルノートは、実店舗か以下のAmazon で購入できます。
Amazon では予約販売です。

僕も知ったその日に予約しました。
そしてこのノートには、お気に入りの文具店さんの情報を書き溜めて行こうと思っています。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

「1マイ手帳」がスマホに対応

カンミ堂さんが無料提供してくれている「1マイ手帳」がスマートフォンからも印刷できるようになりました。
f:id:Pi-suke:20180413204421j:plain:w300
ichimai-techo.kanmido-ec.jp

【News】スマホで予定を見る方のための『1マイ手帳』(無料) サービス開始(2018.4.12) | カンミ堂

1マイ手帳とは

Googleカレンダーの予定を同期・印刷して“A4一枚”のスケジュール表をカンタンにつくれる無料ウェブサービスです。
フォーマット:A4一枚に一週間(6~7日間、一日最大14時間)を表示するバーチカル式
印刷した後は追加された予定を直接書いても良いですし、カンミ堂さんの「ペントネ」「ココフセンカード」で追加できる枠の大きさになっています。

今までは・・・

今まではパソコンから印刷する方法しかありませんでした。
4月12日からはスマートフォンからも印刷が行えるようになりました。
印刷ページURL:https://ichimai-techo.kanmido-ec.jp/

スマートフォンから印刷?

最近の家庭用のプリンタには、無線対応の物も多いです。
その機能を使って印刷するんですね。
でもプリンタの無い場合はどうするのか?これはコンビニさんが提供しているネットプリントサービスを利用するんです。

操作性は?

実際にiPhone から1マイ手帳のサイトを確認してみました。
f:id:Pi-suke:20180413204058j:plain:w300
f:id:Pi-suke:20180413204111j:plain:w300

フォーマットを「ココフセンカード」「ペントネ」「カ.クリエ」から選択します。
印刷をする期間、印刷を開始する日付を選んでボタンを押すだけです。
印刷を行う前に、プレビューでも確認できるのは嬉しいです。



フォーマットにある「カ.クリエ」ですが、A4サイズの1/3 サイズの大きさで使い勝手が良いノートです。
過去に「カ.クリエ」の紹介記事を書いたので、「カ.クリエ」についてはそちらを参考ください。
pi-suke.hatenadiary.jp

この1マイ手帳を使うのであれば、「カ.クリエ」との組み合わせは抜群です。
それこそ、毎週「カ.クリエ」を印刷すればバレットジャーナルとしても使えると思います。


基本的にGoogle カレンダーで予定管理をしていても、突発的に予定が追加されても印刷しておけば簡単に追記できます。
落ち着いてからGoogle カレンダーに予定を追加すれば、予定が漏れることもないでしょう。
基本はデジタルだけど、ちょっとアナログでも管理したいな。と考えている人にオススメのツールです。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

名古屋 タカシマヤ ゲートタワーモール 1st Anniversary 限定デザイン

タカシマヤ ゲートタワーモール 1st Anniversary ということで、同施設の2F に出店しているSmith さんが限定品を発売されています。

限定品はオリジナルデザインのRollbahn とクリアポケットです。

f:id:Pi-suke:20180415175316j:plain:w300
オリジナルデザインのRollbahn とクリアポケット

デザインは、「金のシャチホコ」と「小倉トーストのモーニング」です。

金のシャチホコデザイン

f:id:Pi-suke:20180415180048j:plain:w300
限定デザイン 金のシャチホコ クリアファイル

f:id:Pi-suke:20180415175846j:plain:w300
限定デザイン 金のシャチホコ Rollbahn


名古屋といえば、「尾張名古屋は城でもつ」と言われるほど名古屋城が有名です。
そして名古屋城といえば、尾張藩の財政のために何度も改鋳され身を削って藩政に貢献したのに、過去には何度も窃盗犯に鱗を剥がされたこのある「金のシャチホコ」が有名です。
そんな「金のシャチホコ」が特殊印刷されています。

モーニングデザイン

f:id:Pi-suke:20180415175801j:plain:w300
限定デザイン モーニング クリアファイル

f:id:Pi-suke:20180415175459j:plain:w300
限定デザイン モーニング Rollbahn


名古屋はモーニング文化があります。
他の地域の人からすると驚きでしょうが、朝の11時頃までなら多くの喫茶店でコーヒーの代金のみで、トーストやゆで卵などの軽食がサービスとして付いてくることが多いです。
喫茶店によっては、開店中であれば閉店までモーニングサービスがあったりします。
さらに軽食ではなく、さらに食べ放題だったりとモーニング文化はすっごいです。

このデザインでは、小倉トーストのお皿には「喫茶スミス」と銘が入っています。
なかなか芸が細かいです。



他の地域に在住の方へのお土産にいかがでしょうか?
文房具好きの方ならば、間違いなく大喜びされることでしょう。
開業時には1ヶ月も経たないうちに売り切れてしまった記憶があります。
興味のある方はお早めにお買い求めくださいね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

第91回 文房具朝食会@名古屋「新入社員時代にお世話になった文房具」- 後半

14日(土)に開催された第91回 文房具朝食会@名古屋の後半です。

後半は以下の記事です。
pi-suke.hatenadiary.jp


早速進めていきますね。

バスガイドさんの文房具

バスガイドとして働いていたMさんは、ガイドとして説明する際にしようしていたノートを持ってきてくれました。

f:id:Pi-suke:20180414095453j:plain:w300
マルマン ノート スパイラルクラウン 長型

このノートを使われていた理由は、表紙が裏表紙と一枚の紙で作られており、そのため表紙を捲った時に引っかかるようなことがないとのことです。
また用紙が縦長なので、ガイドルートを書いて案内することが出来るとのことです。
実際に使われていたページを見せてもらいました。

f:id:Pi-suke:20180414095146j:plain:w300
バスガイドさんのノート
面白いですね、経路が直線です。どこで曲がるのかポイントが矢印で書かれています。曲がっても道はまっすぐとしているので、観光ポイントが書きやすいようになっています。
これぞプロの書き方ですね。

半導体設計者さんの文房具

半導体設計のお仕事をされているNさんは、字消し板とダイヤモンドカッターです。

f:id:Pi-suke:20180414100552j:plain:w300
字消し板 ダイヤモンドカッター

半導体には石英ガラスを使うので、そのガラスにメモを書くためにダイヤモンドカッターを使われているそうです。
そして設計図を書く際に、細かい場所を修正する際に字消し板を使われてるそうです。

元文房具販売員さんの文房具

元文房具販売員のKさんからは、フラットファイルとクリアフォルダの紹介です。

f:id:Pi-suke:20180414100922j:plain:w300
フラットファイルとクリアフォルダ

毎月大量に届く新商品の書類を纏めたり、綴じたりするのに重宝されたそうです。
そして固有の机がなかったので、整理するのが大変だったとか。

事務のお姉さんの文房具

事務のお姉さんのAさんは、なんと数日前に愛用されておりプレゼンするはずだった物が行方不明になったとか・・・
紹介される予定だったのは、ボールペンで誤って記載してしまった時の修正道具。
ぺんてるさんのクリックイレーザー
www.pentel.co.jp

社会人になると使う筆記具がボールペンになるので、通常の消しゴムでは消すことができません。
しかし大人だって人間なので、間違えて書いてしまって修正したい時だってあります。
そんな時にこの「クイックイレーザー」を使って修正されているそうです。

学校の先生の文房具

学校の先生のTさんは、デスクペンとロットリンクを紹介されました。

f:id:Pi-suke:20180414102813j:plain:w300
デスクペンとロットリンク

通知表の他に学校内で生徒たちの情報を記載する際に、デスクペンを使用されていたそうです。
それも通常の使い方ではなく、ペン先をひっくり返して使っていたそうです。なぜそうするのかというと、その方が圧倒的に細い文字が書けるからだそうです。
確かに万年筆でも、ペン先をひっくり返したらめちゃくちゃ細い文字が書けます。
そんな細い文字で、事細かに生徒の特徴などを書いたり、通知表のコメントを書いたりと使用頻度が高かったそうです。

システム屋さんの文房具

最後にシステム屋さんとして働いていた僕は、メモパッド(レターサイズ)とclipbook を紹介しました。
それぞれ過去に記事にした物がありますので、リンクを貼っておきます。
pi-suke.hatenadiary.jp
pi-suke.hatenadiary.jp

メモパッド(レターサイズ)は、自分のメモが他の書類と混ざってもすぐに見つかるように、黄色の紙でさらに用紙サイズがA4 よりもちょっと縦に短く横に広いというレターサイズを使っていました。
そして手順書などの差し替えが行いやすいA5 サイズのシステム手帳であるclipbook です。



職種によってお世話になった文房具に違いがあるのは面白いです。
きっと同じ会社でも部署が異なれば、お世話になった文房具も異なることでしょう。
なかなか面白いテーマでした。みなさんが新入社員時代にお世話になった文房具は何ですか?


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。