カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

折れにくく消しゴムで消せる色鉛筆「Noris Club erasable」

岐阜県大垣市にある素敵な文具店の「川崎文具店」に遊びに行ってきました。 これといった用事もないのに、時間があると文具店に行きたくなる症状に病名をつけるとしたら、どんな名称になるのでしょうね。もし病名がつくのならば、僕はかなり重症かもしれません。

店主さんとこれといった話題もなく、だらだらと文房具談義をしていた時に、六角形の色鉛筆の話題になりました。
通常色鉛筆の軸は丸軸が非常に多いです。なぜなら通常の鉛筆の芯は黒煙を焼き固めるのですが、色鉛筆は油分を含んでおりただ圧力で固めているだけなので、力が分散しやすいように丸軸なっています。また鉛筆と違い立てて描くだけでなく、鉛筆を寝かせ気味で描くこともあるので、丸軸の方が持ちやすいという理由もあります。
しかし数少ないながら、通常の鉛筆のように六角形の色鉛筆もあります。三菱鉛筆だと添削する際に用いられる朱・紺色が六角形の軸があります。
文字を書くのであれば、丸軸よりも慣れた六角形の軸の方が楽だと僕は思っています。

そんな丸軸が多い色鉛筆の中に、六角形の色鉛筆を紹介してもらいました。
それはSTAEDTLER の「Noris Club」という色鉛筆です。

f:id:Pi-suke:20180814200452j:plain:w300
STAEDTLER Noris Club erasable

STAEDTLER 商品ページ:製品紹介(Products):ノリスクラブ 色鉛筆/水彩色鉛筆/消せる色鉛筆 | STAEDTLER Japan website!

紹介してもらったそのシリーズの中で「消せる赤鉛筆」を購入してきましたので、書き味を含めてレビューします。

Noris Club erasable「消せる赤鉛筆」

製品情報

  • 価格:100円
  • 2本セット

六角形の色鉛筆だけど折れにくい

f:id:Pi-suke:20180814200642j:plain:w300
芯が折れにくい「A・B・S」加工

写真のペン先を見てもらうと、芯と木軸の間が白くなっています。
これは「A・B・S(Anti Break System)」という芯折れ防止加工が施されているためです。

この加工のおかげで、折れやすい色鉛筆の芯をカバーしているようです。そのため、折れやすい色鉛筆の芯でも六角軸を実現しているんですね。

色鉛筆なのに消せる

通常の色鉛筆は、油分を使っているので通常は消しゴムで消すことはできません。
しかし、この「Noris Club erasable」は消しゴムで消すことができます。

f:id:Pi-suke:20180814200657j:plain:w300
Noris Club erasable には消しゴム付き

f:id:Pi-suke:20180814200424j:plain:w300
Noris Club erasable 試し書き

上記の写真の真ん中と右端は消しゴムで消したものです。
真ん中は色鉛筆に付属している消しゴムで消したもので、右端は普段僕が使っている二トムズの013:ERASER で消したものです。
共に綺麗に消せています。ここまで綺麗に消せるとは、想像していませんでした。

気になる書き味は?

消しゴムで消せる芯だからだと思うのですが、書き味は通常の色鉛筆よりも硬いです。
さらに発色も淡く、三菱鉛筆の朱色と比べるとその差が顕著に感じます。

f:id:Pi-suke:20180814200432j:plain:w300
三菱鉛筆の朱色

濃く塗ろうと思うと、強めの筆圧が必要でしょう。しかしそうすると消しゴムで消した際に筆圧の跡が残りそうです。

こんな人にオススメ

  • 淡い色で描きたい人
  • 色鉛筆で描いた物を消したい人
  • 色鉛筆の芯折れが気になる人

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【イベント告知】晩御飯を食べなら文房具談義をしませんか?

朝活というモノを知っていますか? 出勤前・始業前の朝の時間を、勉強や趣味などの活動に当てることで、2008年ごろからの聞かれるようになりました。

愛知も朝活を行われている団体がいくつもあります。その中には文房具関連の朝活もあります。
僕も参加している「文房具朝食会@名古屋」や「文具朝活 in 名古屋」です。

朝活ということで、「文房具朝食会@名古屋」では休日の9時ごろから、「文具朝活 in 名古屋」では水曜7時ごろという早い時間での活動です。
しかし、平日や休日の早朝に集まりにくいという方も多いかと思います。

ということで、「文具の晩餐」という朝活ならぬ夕活を始めることにしました。
文具の晩餐Facebook ページ

まだページの作成している最中で、どんどん素敵なページになるようにしていきたいと思います。

文具の晩餐

金曜日の夕方に晩御飯を食べながら、文房具談義をする活動です。
文房具といって、非常に幅広いので毎回テーマを決めていきたいと思います。

朝活と違い会社帰りに参加しやすいように、開始時間は19時以降を基本にしています。
晩御飯を食べながら、ということなので大人の方であればお酒を飲みながら・・・ということも大丈夫です。
お酒が入っても文房具談義ができるのか、ちょっと不安もありますが、まずはゆるゆると実施していきたいと思います。

ということで、早速第1回を開催する運びとなりました。

第1回「文具の晩餐」のお知らせ

早速第1回の「文具の晩餐」を開催します。

第1回のテーマは初回ですので、「お気に入りの文房具」です。 文具の晩餐:第1回募集ページ

www.facebook.com

  • 開催日:8月17日(金)
  • 時間:19:30
  • 参加人数:10名
  • 開催場所:ゆいの森
  • 会費:一人3,500円
  • 飲み物:各自持ち込み

開催場所の「ゆいの森」さんは発酵ベジ中心のお料理でとても美味しいところです。

www.facebook.com

とっても美味しい晩御飯を食べながら、今回は「お気に入りの文房具」についてお話をしませんか?
文房具に興味はあるけど、話をするほどじゃないから、参加者のみんなの話を聞きたい。という人も大丈夫です。

第1回なので進行する僕もドキドキしています。 まだまだ募集枠には余裕がありますので、興味のある人はぜひご連絡ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

文紙MESSEで購入した謎の北欧鉛筆

文紙MESSE で一般企業の物販コーナーに混ざって、文具ソムリエールの菅未里さんもブースを出されていました。

どういった文房具が販売されていたかというと、菅さんが海外へ出張に行かれた時に楽しさのあまり買い込みすぎた文房具を一部放出された物たちです。
どんな物が並んでいるのかな?と見てみたのですが、二日目の午後ということもあって、数点しか残っていませんでした。

その数少ない中で鉛筆とおぼしきものがありました。
鉛筆好きとしては、躊躇なくその鉛筆っぽい物を購入しました。

f:id:Pi-suke:20180812004803j:plain:w300
購入した謎の鉛筆

1本づつフィルムに包まれており、どことなくオシャレな雰囲気を醸し出しています。

パッケージには、「normann COPENHAGEN」と印字されているだけで、裏面にはバーコードのみです。しかも鉛筆自体にも、パッケージと同様に「normann COPENHAGEN」と印字があるのみです。
どういう鉛筆なのか、さっぱりわかりません。そう行った時は、インターネットで検索です。

Google で検索したら、「normann COPENHAGEN」のブランド情報がわかりました。

Jan AndersenとPoul Madsenにより1999年にデンマークで設立されたノーマンコペンハーゲンは、最も有名な北欧家具ブランドとして世界中で親しまれている。新進気鋭のスカンジナビアデザイナーとのコラボレーションにも積極的で、03ランプや69ランプ等のスタンダードな作品に加え、グラスやギフト等のアクセサリー商品にも力を入れている。2009年からは家具部門がスタートすると持ち前の北欧テイストを活かしたナチュラルスタイルの家具をリリースし注目を集めている。

ただこの鉛筆っぽいもののピンポイントの情報がわかりません。(それらしい情報はあったのですが、いまいち自信が持てません。)

しかし、「normann COPENHAGEN」とは、北欧の家具ブランドなんですね。
どうりでおしゃれな雰囲気なわけです。

normann COPENHAGEN の色鉛筆?

パッケージの上から確認しているだけですが、鉛筆の表面がベロアっぽいです。
しかも軸が丸軸なので、色鉛筆だと思います。でも、鉛筆のお尻には消しゴムが付いているので、普通の鉛筆かもしれません。

色鉛筆の可能性も捨てきれないので、削る時には念のため電動・手動問わず鉛筆削り機は使用を避けたほうが良さそうです。(色鉛筆には油分が含まれるので、鉛筆削りによっては色鉛筆を削ることを止めているものもあります。)

しかし、書き味や色などめちゃくちゃ気になりますが、もったいなくて当分の間はパッケージのままで愛でていたいです。
菅さんが最近は日本の雑貨屋さんなどでも見かけるというようなことをおっしゃっていたので、見かけたら購入して削ってみようかと思います。

 

ひとえに鉛筆と言っても、こんなおしゃれなものもあるんですね。
こういうオシャレな筆記具を使うと、描く以前に所有するだけでワクワクしますよね。
何かのタイミングで実際に削って、書き味を存分に味わいたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

15秒で使いたい筆記具を取り出せる「Zwei」

今のメインのペンケースは、POSTALCO のTool Box を使っています。
なにせ大容量なので、持ち運びたい筆記具が全て入りますし、何よりオシャレ!!

とっても気に入っているのですが、このTool Box の中に万年筆を入れていたのですが、なんだかボディに傷がつきそうで、ちょっと気が気でなかったです。

何か良いペンケースはないかな?と思ったら、文房具朝食会@名古屋の工作担当の大橋さんが立ち上げた「尚貴堂」(sho-kido)の「ノック式ペンシース:Zwei」(ツヴァイ)があるじゃないですか。

f:id:Pi-suke:20180809214732j:plain:w300
ノック式ペンシース:Zwei

shokido.thebase.in

(昨年12月に起業したばかりの尚貴堂ですが、今回紹介するZwie 以外にも「ひらくパスケース:Richt リヒト 」やシステム手帳の段差を解消する「Teppich」といった素晴らしい商品があります。)

Zweiは大橋さんから直接、何度となく素晴らしさを聞いていたので、今僕が求めているペンケースはこれだ!!ということで、思い立ったが吉日とばかりに、大橋さんにオーダーして購入しちゃいました。

今日は、そんな大橋さん直伝の「Zwei」の素晴らしさをお伝えしますね。

「ノック式ペンシース:Zwei

商品情報

f:id:Pi-suke:20171119115533j:plain:w200
Zwei

  • 本体:牛ヌメ革「ティーポ」
  • 価格:4,300円(税込)
  • 色展開:5色(ブラック・キャメル・レッド・ターコイズブルー・ブルー)
  • サイズ:70mm x 165mm x 5mm

製品特徴

15秒で取り出せる

なんと15秒で、収納した筆記具を取り出すことができます。
説明するよりも、この動画を見てください。

尚貴堂:Zwei使い方

グッと机などに抑え込むことで、ピョコッと収納した筆記具が取り出せるんです。

ちゃんとペンケースのお尻の部分も革でカバーされているので、筆記具に傷が付く心配は不要です。

ファスナーやボタンなどは使われておらず、シンプルな構造ながら、めっちゃ考えられています。

ペントレーにもなる

f:id:Pi-suke:20180809214804j:plain:w200
一時的に置いておくこともできます

筆記具を取り出し、ちょっと置いておきたいという時には、ペントレーになります。
僕は今までだと、Tool Box のツバに置いておきましたし、それ以前は机に転がしておくしかありませんでした。

こんな人にオススメ

  • メイン・サブの2本の筆記具を持ち運びたい人
  • すぐに筆記具を取り出したい人
  • シンプルなデザインのペンケースがいい人

 

先日受け取ったばかりで、まだ革が馴染んでいないので、まだまだ固いのですが、毎日何度も万年筆を取り出すので、そのうちに馴染んでくることでしょう。
スッと収納した筆記具を取り出すことができる、とっても優れたペンシースです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

あのホチキスが50周年で、記念セットが発売されます

ステープラーの絵を書くとしたら、こんな絵を描くのではないでしょうか?

f:id:Pi-suke:20180810212217j:plain:w200
ホチキスをイメージするとこんなんじゃないですか?

絵心の無い僕も、脳内ではこんなイメージが真っ先に思い浮かびます。

これはMAX のスタンダードなホチキスのHD-10D をイメージするからでしょうね。
多くのご家庭に必ず1台はあるのでは無いでしょうか。実家にも会社にも部分的にサビが生じているもの現役で活躍しています。

物心ついたときからホチキスといえば、この形です。そのため当然ホチキスの絵を描こうとしたら、これが脳内に浮かんでくるのは当然ですね。

そんなスタンダードなイメージのあるホチキス(HD-10D)が、何と今年で50周年を迎えます。
50年を記念して、「HD-10D 50周年記念セット」が9月26日に発売予定です。

f:id:Pi-suke:20180808132637j:plain:w200
HD-10D 50周年記念

50周年記念セットの内容

  • 群馬の塗装職人がハンドメイドでカラーコーティング
  • 本体色にあわせた限定生産品のNo10-1M プレミアムカラー芯を同梱
  • 専用針ケースは小物入れにも使用できます

ハンドメイドでのカラーコーティングは、BLUE / RED / GREEN の3色です。
希望小売価格は1,000円(税別)とのことです。

f:id:Pi-suke:20180808132626j:plain:w200
記念セット什器
 

先日行った文紙MESSE で実際にカラーを見たのですが、あの慣れ親しんだデザインがどころなくおしゃれになっていました。
さらにプレミアムカラー芯は、ため息が出るほど綺麗で、とてもでは無いけど使えそうにありませんでした。

またMAX の社員さんとお話ししたのですが、サビが生じても現役バリバリなすごいHD-10D ですが、MAX の社内で耐久テストを150万回行ったところ、全然故障する気配がないので耐久テストを終了したそうです。

今は軽い力で綴じることのできるホチキスや、金属の針を使わないものなど非常に進化をしているホッチキスです。そんな高機能なホチキスたちを横目に、原点回帰でこのおしゃれな50周年記念ホチキスを使って見ませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

文字がにじまない蛍光ペン「MojiniLine」は本当ににじまないのか検証してみた

ZEBRA から「MojiniLine」という蛍光ペンが新発売されました。

f:id:Pi-suke:20180809200105j:plain:w200
新発売のMojiniLine

www.zebra.co.jp

この蛍光ペンの特徴は、「ボールペンの文字をにじませない」ということです。
蛍光ペンでマーキングすると、にじんで軽くイラッとしませんか?僕はイラッとします。文字のインクがちゃんと乾いてからマーキングすれば済むことなのですが、なかなか実際には待たずに蛍光ペンでマーキングしてしまうんですよね。
新発売の「MojiniLine」は本当にボールペンの文字をにじませないのか、非常に気になることですよね。

ということで早速、メジャーどころのボールペンを引っ張り出して、本当ににじまないのか検証です。

MojiniLine

製品情報

  • 水性染料インク
  • 価格:¥100+税
  • インク色:ピンク、オレンジ、黄、緑、青
  • 線の太さ:3.5~4mm 3色セット、5色セットも有

ペン先には柔らかい素材のナイロンを使用し、しなって紙面にフィットする「JUST FIT」のシリーズです。

どうしてにじまないの?

プレスリリースに情報がありましたので、引用します。

水性ボールペンのインクがマイナスの電荷を帯びていることに注目し、蛍光ペンのインクにプラスの電荷を帯びた新成分を配合しました。互いのイオンが結合して、ボールペンのインクが紙面に固まり、にじみを抑えます。

f:id:Pi-suke:20180809210033p:plain:w300
イオンがボールペンのインクをコーティング

引用元:『ジャストフィット モジニライン』 発売

いざ検証

検証対象のボールペンは、
- uni:JETSTREAM
- Pentel:ENERGEL
- PILOT:Acroball
- サクラクレパス:SAKURA craft_lab
- ZEBRA:SARASA
- ZEBRA:SARASA dry

比較対象の蛍光ペンは、Tombow の蛍coat で、使用した用紙はmaruman のMnemosyne を使いました。

検証ルールは「もうすぐ夏休み」という文字を書いて、ノックなどを行い芯を仕舞ってから、蛍光ペンでマーキングを行う。という方法で行いました。

以降は検証結果です。

uni:JETSTREAM

f:id:Pi-suke:20180809195702j:plain:w200
JETSTREAM_蛍coat

f:id:Pi-suke:20180809195915j:plain:w200
JETSTREAM_MojiniLine

Pentel:ENERGEL

f:id:Pi-suke:20180809195711j:plain:w200
ENERGEL_蛍coat

f:id:Pi-suke:20180809195845j:plain:w200
ENERGEL_MojiniLine

PILOT:Acroball

f:id:Pi-suke:20180809195723j:plain:w200
Acroball_蛍coat

f:id:Pi-suke:20180809195855j:plain:w200
Acroball_MojiniLine

サクラクレパス:SAKURA craft_lab

f:id:Pi-suke:20180809195736j:plain:w200
SAKURA craft_lab_蛍coat

f:id:Pi-suke:20180809195906j:plain:w200
SAKURA craft_lab_MojiniLine

ZEBRA:SARASA

f:id:Pi-suke:20180809195748j:plain:w200
SARASA_蛍coat

f:id:Pi-suke:20180809195915j:plain:w200
SARASA_MojiniLine

ZEBRA:SARASA dry

f:id:Pi-suke:20180809195802j:plain:w200
SARASA dry_蛍coat

f:id:Pi-suke:20180809195926j:plain:w200
SARASA dry_MojiniLine

低粘度油性のJETSTREAM やAcroball は、MojiniLine 出なくてもにじみは少ないです。ENERGEL は速乾性のゲルインクなので、こちらもにじみが少ないです。
SAKURA craft_lab やSARASA はインクフローが多いので、蛍coat ではにじみが生じました。さらにSARASA dry もインクだっまりの場所は、蛍coat ではにじんでいます。

MojiniLine では、蛍coat でにじみの生じていたSAKURA craft_lab / SARASA / SARASA dry でにじみが改善されています。顕著なのは、SAKURA craft_lab / SARASA です。これらはインクだまりの場所で少しにじみが生じている程度になりました。

まとめ

今回は検証目的でしたので、文字を書いてから蛍光ペンでマーキングするまで、短時間でしたのでMojiniLine でもインクだまりでは若干のにじみが生じました。
実際にマーキングする際には、文字を書いてからもう少し時間が空くと思うので、これよりもにじみは少なくなることでしょう。

MojiniLine を使えば、お気に入りのボールペンで筆記してもにじみを抑えることは十分できると思います。
蛍光ペンでマーキングを行うと、にじみが生じてイラッとする人は、この蛍光ペンを使えばその小さなイラッが起きにくくなることでしょう。

ただ今回の検証でMojiniLine のペン先を確認したら、にじみが生じたためかペン先が黒く汚れてしまいました。

f:id:Pi-suke:20180809195345j:plain:w200
ペン先が汚れちゃいました

じみにくい蛍光ペンが誕生したので、蛍光ペンの次なる進化はペン先が汚れない。かもしれませんね。メーカーさん、ぜひペン先が汚れにくい蛍光ペンを開発してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

文紙MESSE Vol.9 に行ってきました

今日は連日40度近い殺人的な酷暑に見舞われる名古屋から、ちょっと涼しそうな大阪に避難してきました。
大阪でお昼に少し外に出たのですが、同じ日本なのか?と思うほど気候が違いました。名古屋だと外に出るだけ辛いのですが、大阪では全くそんな事もなかったです。それでも35度近い気温だったようです。人間の慣れとは凄いですね。

今回大阪に行ってきたのは、8月7日(火)・8日(水)の二日間に渡って、マイドームおおさかにて開催されている「文紙MESSE」に参加するためです。

昨年は仕事の都合で参加することができなかったのですが、今年は初めて参加することができました。

文紙MESSEとは

f:id:Pi-suke:20180808184925g:plain
文紙MESSE ロゴ

www.bunshi-messe.com

日本最大級!文具・紙製品のイベント!
進化し続ける文具を展示!

7月に東京ビッグサイトで開催される「【国際】文具・紙製品展(通称:ISOT)」と違い、誰でも自由に無料で参加できます。またISOT と異なり、国内企業ばかりです。
さらに、ショッピングゾーンもあって、一部の文房具はその場で購入することもできちゃいます。

また会場では色々なワークショップが行われています。僕はワークショップには興味がなかったので、スルーしましたが人気のあるものだと、かなり早い時間に予約が埋まっているようでした。

さらに多目的ステージでは、著名人の講演も行われています。
初日は商品開発コンサルタントの美崎 栄一郎さん、2日目午前は文具ソムリエールの菅未里さん、午後は文房具ソムリエの石津 大さん。がそれぞれ講演をされました。

ISOT は展示・商談会なので一般の人が入場できません。そのため非常にビジネス的な雰囲気ですが、文紙MESSEは関係者だけでなく一般の方も参加されるので、ブース自体も一般の人が楽しめるように工夫がされているものが多く見受けられました。

ISOT と異なり報道PASS で入場していないので、会場全体の雰囲気の写真は撮影はしていませんが、夏休みなので子供連れの方もかなりお見えになっていました。

初日に行っていないので、なんとも言えないのですが、2日目の午前は比較的空いていました。午後からは午前よりも入場者が増えているように見受けられました。

文紙MESSEは、参加型の展示イベントという印象を受けました。

文具ソムリエール 菅 未里さんの講演

会場に到着して、会場をざっくり回ったところで、菅さんの講演時間が近づいたので、講演会場に向かいました。

開始まで時間があったので、菅さんと恒例?のツーショット写真をお願いしました。

f:id:Pi-suke:20180808105156j:plain:w200
恒例?のツーショット

f:id:Pi-suke:20180808105520j:plain:w300
講演中の1ショット

講演の内容は、さすがプロです。めちゃくちゃトークが面白く、あっという間に時間がきてしまいました。内容は、文房具を使うとこんなに楽になりったり、楽しくなる。ということを実例を交えてで、とっても勉強になりました。詳しい内容については、こっそり僕に聞いてください。

あなたが選ぶ新製品人気コンテスト

会場とWeb で、デザイン部門・昨日部門のそれぞれを1点選んで投票するというものです。 ISOT の日本文具大賞と似ていますが、ISOT は専門家が審査しますが、文紙MESSE は一般ユーザの投票で決まります。

なかなか種類が豊富で、多くの人がどれに投票しようかと悩んで見えました。僕はWeb 投票の画面で商品を前もって確認していたので、会場ではスルッと記入して投票してきました。

SAKURA craft_lab 003 を実筆

今回の展示の中で一番楽しみ・気になっていたのは、先日のブログで紹介したサクラクレパスの「SAKURA craft_lab 003」です。
昨年の文紙MESSE で「SAKURA craft_lab 001 / 002」が発表されましたが、今年は「003」です。

f:id:Pi-suke:20180808124952j:plain:w300
話題のSAKURA craft_lab 003

ブースもこれだけのために、別ブースになっています。なかなかの気合の入れようです。

実際に試筆して見たのですが、好みがはっきりと別れる筆記具だと思います。
思いの外、軸が太くて短い。そして真鍮モデルはかなり重量が気になると思います。

写真のように真鍮モデルとアルミモデルをそれぞれ1つづつ購入して、ペン先のみを真鍮にするとだいぶマシかも知れません。(このペン先の部品のコンバートは、メーカーの人に驚かれてしまいました。)

平成生まれのコクヨの文具

f:id:Pi-suke:20180808133511j:plain:w300
平成生まれのコクヨの文具

最近、「平成最後の〇〇」ということをちょくちょく耳にします。
そういったことを意識したのか、コクヨさんは

僕にとっては「平成」なんてちょっと前のイメージですが、すでに30年ですから一つの時代ですよね。

平成になってからコクヨが発売した商品が並んでいたのですが、こうしてみるとずっと前からあると思っていた商品が、実は平成になってから発売されたものだったりして驚きました。
「Campus ルーズリーフ」は昭和から発売されていると思ったら、実は1996年(平成8年)からだったんですね。このコーナーは驚きがいっぱいでした。

個人的にめちゃくちゃ嬉しかったのは、歴代の「Campus ノート」の表紙に触れることができたことです。

f:id:Pi-suke:20180808133532j:plain:w300
歴代のCampus ノート

どのデザインの「Campus ノート」を一番よく使ったのかわかると、その人の年齢がおおよそ推察できそうです。

 

こんな人にオススメ

  • 文房具好き
  • 最新の文房具にいち早く触れたい

 

来年の8月6日(火)・7日(水)に同じく、マイドームおおさかで開催されることが決まっているとのことです。 ユーザー参加型の展示会なので、文房具が好きな人は間違いなく楽しめるイベントです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。