読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクかく

あなたの好きな・お気に入りの文房具はなんですか?

会議のお供に「ECRIDOR」

文房具 筆記具 ボールペン

今日はノック式のボールペンのCARAN D'ACHE 「ECRIDOR」の紹介です。


やはり現代社会で一番使用されている筆記具は、ボールペンですからね。

www.carandache.co.jp

f:id:Pi-suke:20170419162543j:plain

 

あえてこのノック式ボールペンを紹介するのはなぜか?
このCARAN D'ACHE の「ECRIDOR」は、他のノック式ボールペンには無い特徴があります。


金属製の軸に施されたデザインも豊富ですが、それだけはありません。
金属製の軸なのでしっかりとした重量があります。持っていてペンがフラフラすることがありません。
また軸が細身で太すぎないので、女性にもオススメできます。

軸の形状が鉛筆と同様に6角形なので、とても持ちやすいです。

 

そして最大の特徴は、ノック式なのにノック音がほぼ鳴らない事です。耳を澄ませば、かすかに聴こえる程度です。
会議とかで、カチカチとノック音を鳴らしている人っていませんか?
あの音って意外と気になるんですよね。
そう言いつつも僕も手持無沙汰だと、ついついノック音を立ててしまいがちです。
でもこの「ECRIDOR」なら、ノック音がほぼ鳴らないので、会議中に手持無沙汰でノックしても他の方の気になることは無いでしょう。

 

もし会議とかでノック音を頻繁に立てている人が居たら、さりげなく勧めてみてはいかがでしょうか。

第5世代世代ペン PARKER 「ingnuity」

文房具 筆記具

多くの人と同じ筆記具は避けつつ、出来たらちょっとオシャレがいい、だけどボールペンのように気軽に使いたい。という想いのある方にオススメな筆記具があります。

 

それはPARKERが第5世代ペンとして販売している、「ingnuity(インジェニュイティ)」という筆記具です。

www.parkerpen.com

いきなり第5世代と言われても、なんじゃそりゃ?第4世代とかあるの?と思います。
一応、以下のようです。
第1世代:万年筆
第2世代:油性ボールペン
第3世代:ローラーボールペン(水性ボールペン)
第4世代:シャープペンシル

言われてみると納得する世代だと思います。
じゃこの第5世代と言っているingnuityは、今までの筆記具とどう違うのか。
万年筆の高級感とローラーボールペンの長所を兼ね揃えているそうです。

万年筆の高級感と謳っているだけあって、モデルが豊富にあり、PARKER らしくオシャレです。


発売された当初に購入したのが以下の写真です。
購入してから長期間ずっと使い続けて、塗装が剥げてきてしまったので、剥げた場所の塗装だけ綺麗に剥がしてしまったので、地の真鍮がむき出しになってしまっています。
※現在販売されている軸は、モデルチェンジしています。

f:id:Pi-suke:20170419162334j:plainf:id:Pi-suke:20170419162409j:plain


特筆すべき点は、第5世代と言われるリフィルです。
ボールペンのように気軽に使えるのですが、万年筆のように筆圧を必要とせずに書くことできる点です。
また、ペン先が使っていくと摩耗して、自分の書く角度に馴染むのです。
そして第5世代と名乗っているだけあって、書き味は今までの筆記具とは全く違います。
書き味の印象は、サインペンに近いかな?
軽い筆圧なのに、鉛筆のように「書いている」という感じがしっかりと味わえます。

 

ちょっと他の人とは違うオシャレな筆記具が欲しい。
筆圧が弱くてボールペンが苦手だけど、万年筆はちょっと・・・という人にお薦めです。

マスキングテープを小さく持ち運ぶ「KITTA」

文房具 マスキングテープ

マスキングテープ(略して、マステ)を使っている人は多いのではないでしょうか。
僕もちょいちょい使っています。

でも、マステを持ち運ぶのって結構難しいですよね。
鞄に単体で入れるとどこかに行っちゃうし、かといってペンケースにも収まりが悪い。
確かにマステ専用のケースもありますが、そこまで気合いを入れたくない。

それにマステの柄って結構キレイで、切る時に躊躇しちゃうんですよね。

 

そういった問題を一気に解決してくれた製品が「KITTA」、KING JIMさんから発売されています。

www.kingjim.co.jp

改めてHPを見てみたら、高木学園女子高等学校の生徒さんとの共同開発だったんですね。勉強になります。

www.kingjim.co.jp

 

 

僕も以下のフレームタイプを使っていました。

f:id:Pi-suke:20170420143216p:plain


予め切れているので、使い勝手がいいのでひょいひょい使っていたら、無くなっちゃったんですよね。
今度文具店に行った時に、購入しなければならないアイテムの一つです。

 

この「KITTA」のポイントは
1.予め切れている
2.薄型で手帳とかに入れておいても邪魔にならない

僕的には1の「予め切れている」点はとっても大きいです。
先にも書いたとおり、通常のマステだと柄によって、切る場所を悩んでしまいます。
予め切れているので、柄によって切る場所を悩まなくていいんです。
そのため、ロールタイプのマステより気軽に使えます。

 

マステに興味あるけど、使い方が判らないといったマステの入門向けにも最適だと思います。
僕もロールタイプのマステの使い方がイマイチだったので、このKITTAをよく使っていたのですが、段々とロールタイプのマステも使えるようになりました。

1つのKITTAにはBasicタイプなら4パターン、Slimタイプなら8パターンの柄があるので、マステのお試しにも向いています。

すごいペン先 AURORA Flexible Nibs

文房具 万年筆 わたし気になります

先日Facebookをだらっと見ていたら、AURORA Flexible Nibs(フレキシブルニブ)の記事がありました。
以下の記事の動画を見てみてください。

www.facebook.com

すっごいしなやかなペン先です。
まるで一時話題になったCustom Namiki Falcon のようです。

 

Facebookの記事には、

筆記時に、ゆっくりとペンを動かしながらペン先に加える筆圧を加減することにより、元来細字の筆跡を太くしたり、特殊な筆跡を残したりすることが出来ます。通常の細字のペン先とは違った書き味と筆跡をお楽しみ頂けます。
~ 中略 ~
動画で使用しているペンとペン先は、テスト及びデモンストレーション用に製作されたものです。

とあります。
テスト及びデモンストレーション用に作成されたペン先とのことですが、量産販売モデルでどこまで実現されているのか、気になります。
でも、こんな特殊なペン先の使い方は、デザイナさんとかならするのかな?
少なくとも僕は、動画にあるような使い方はしないけど、気になるペン先です。

立った立った付箋が立った「SUTTO」

文房具 付箋

付箋をToDo管理に使用している方は多いのでは無いでしょうか。
ToDoを書いた付箋をパソコンのモニタに貼っていませんか?
でもそれって、ちょっとオシャレじゃ無いですよね?それに何となくですが、モニタに貼られた付箋って思考の邪魔をしてる気がするんですよね。ToDoなので片付けなければならないけど、作業中にその付箋が視界に入ると、作業の思考が中断するような気がします。

それじゃToDoを書いた付箋をどうしよう?
っといった場合に、Kanmidoさんの「SUTTO」はいかがでしょう?

www.kanmido.co.jp

 

f:id:Pi-suke:20170419162232j:plain

写真をよく見てもらうと、下にロールのフィルム付箋があります。引っ張るとドンドン出てきます。
終わったToDoが書いてある付箋は、ミシン目でキレイに切ることができます。

 また先日紹介した「PENtONE」と同じ付箋ですので、いろいろなバリエーションがあります。

 

僕はとりあえず新規のToDoをこの「SUTTO」に記載して、ToDo管理のExcelなどに記載したらミシン目に沿ってちぎってポイっとしています。
ToDo管理をしているExcelは、記載する項目がそれなりにあるので、いきなりExcelに記載するのはちょっと時間が必要だったり、ToDo管理のExcelに記載するまでも無いような細かなToDoなんか、これで管理しています。

また6行しか無いので、細かなToDoもちゃっちゃっと終えないと書けなくなるので、ToDoも強制的に片付ける事になります。

付箋がペンになったよ「PENtONE」

文房具 付箋

僕の付箋は使いたいときに限って、どこかに隠れてしまっています。
付箋は小っちゃいので引き出しの中で隠れたり、デスクに置いておいても、ノートの陰に隠れたりと、それは見事に観音隠れをしています。
それじゃ大きい付箋を使うか?というと使わないんですよね。
印として付箋を使っているので、あまり大きいと付箋が邪魔に、感じてしまいます。

そんな観音隠れの達人の付箋も、最近は隠れ切れていません。
どちらかというと、擬態が進みました。

 

それは付箋を「PENtONE」に変えたからです。

www.kanmido.co.jp

f:id:Pi-suke:20170418195833j:plainf:id:Pi-suke:20170418195903j:plain

写真を見てもらうと、3つのロール付箋が串刺しに収納されていることが判ります。
さらにペンと同じような軸径なので、ペンケースにもきれいに収納されています。
ロール付箋ですが12mm毎にミシン目が入っているので、必要な幅で使う事ができます。

必要な分だけ引っ張り出して、適当な個所できれば小さな付箋から大きな付箋まで賄えます。
ただ付箋がフィルムタイプなので、ボールペンだとうまく書けない時もあるので、この付箋を使うときの筆記具は、鉛筆やシャープペンシルがお勧めです。
僕は付箋に模様が無いほうが好きなので、無地の付箋にしていますが、模様の入っているパターンも何種類か発売されています。

 

この「PENtONE」ならペンケース内での収納場所を考えなくても、付箋が他の筆記具と同じように収納できて、1つで大きさもカバーできるので、かなり便利です。

君はこの問題を解く事が出来るか「文具知能能力検定」

文房具 雑記

先日「文具知識能力検定 第10回」を受けました。

まず「文具知能能力検定」ですが、「文具屋さんドットコム」さんが行っている検定です。今回受験したWeb 試験は、受験費用は無料でした。

www.bungukentei.jp

 

「文具知能能力検定」についてですが、HP からの抜粋です

あなたの文具通度を認定します。
もっと文具のことを知りたい、もっと文具の正しい知識を得たい、知識を仕事に生かしたい、という皆様の声を実現する

とのことです。

試験概要は

【第10回Web試験概要】
出題数は50問です。制限時間は30分。80点以上(40問正解)を合格として即座に採点し、合格不合格を判定して表示します。
設問内容は、過去の模擬試験で出題された問題を中心に、文具・事務用品・紙製品など製品についての一般的な知識、歴史から、製品の規格・呼称、商品ブランドについてなど、総合的な設問で構成しています。

 かなり出題範囲が広範囲です。
さらに正解率80パーセント以上で合格ということで、合格ラインが地味に高いです。


僕は本業が忙しくまったく勉強することもなく、ぶっつけ本番でした。
そもそも受験するだけなら無料なので、軽い気持ちで受験しました。

その結果が、こちら

f:id:Pi-suke:20170415221253p:plain

見事、不合格でした。
(試験終了後、ブラウザにも点数も表示されたのですが、画面コピーを撮る前に画面を閉じちゃいましたw)


正直舐めてました。
結果だけ見れば、あと2問正解していれば、ぎりぎり合格です。
しかし勘で答えた設問もあるので、同じ問題を受けてもこの点数になる保障はありません。

この試験を受験して思ったことは、
・この試験は文房具を扱う店員さんがメインターゲットであること。

文房具好きも受験してもまったく問題は無いのですが、それよりも東急ハンズさんやLOFTさんのような大型文房具店の店員さんだけでなく、街の小さな文房具屋さん・文房具を併設で販売しているお店の文房具担当者さんなど、文房具販売に携わるすべての方がターゲットだと思いました。
また、製品ブランドの問題は大人の事情なのか、ちょっとね・・・

試験を受けて改めて認識したことですが、僕は特に製品規格は駄目ですね。
感覚で覚えているので、A4 用紙を折らずに入る封筒の大きさの規格なんて覚えてないです。ちなみに正解は「角2」だそうです。
それに横罫線のノートの1行の高さの規格であるA罫・B罫は知っていましたが、C罫・U罫やUL罫なんてものもあるなんて知らなかった。ちなみに、A罫は7mm、B罫は6mm、C罫は5mm、U罫は8mm、UL罫は10mmなんです。

 

文房具コンシェルジュを名乗っているので、この結果はかなり悔しいです。
次回のテストがいつかは知りませんが、まじめに勉強しようと思います。