カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ちょっとしたメモに「Boogie Board BB-12」

キングジムが販売している電子メモパッド「Boogie Board」に新サイズが登場です。

「Boogie Board」は、専用のスタイラスだけでなく爪などでも筆記でき、まるで黒板に書いたようなメモを取ることができる電子メモパッドです。

Boogie Board BB-12

f:id:Pi-suke:20181221102457j:plain:w300
Boogie Board BB-12

www.kingjim.co.jp

製品情報

f:id:Pi-suke:20190115121947j:plain:w300

  • 発売日:2019年2月20日
  • 価格:2,700円(税別)
  • 本体色:オレンジ、イエロー、ブルー、ブラック、ホワイト
  • 外形寸法:W86mm × H86mm × D5.5mm ※スタイラス除く
  • 画面サイズ:3.9インチ(W75mm × H64mm)

製品特徴

既存のBoogie Boardは、13.8インチの半透明液晶の「BB-11」・10.5インチの大画面の「BB-9」など数多くのモデルが発売されています。
従来のモデルで一番小さいタイプでも、スマートフォンのような大きさの4.3インチで外形寸法でH148mm × W92mmでした。これよりさらに小さいサイズになります。

今回発売される「BB-12」はさらに小さく、イメージとしては付箋サイズです。
そのため付箋の代わりに電話の横に置いて、簡単なメモを取ったりするのに向いています。

以外に電話受けた時にメモを取る頻度って多くないですか?
僕はちょっと大きい付箋を用意しておいて、そこにメモを書いていたのですが、走り書きなので人に伝える必要があるときは改めて書き直していました。
そのため付箋が走り書きの1枚と、書き直しの1枚で合計2枚の付箋が必要でした。
走り書きの付箋がもったいないな・・・と思っていました。

これがあれば、走り書きはBoogie Boardに書いて、必要に応じて付箋に書いて相手に渡すことができます。
そうすれば付箋も相手に渡す1枚で済みます。

さらにこのBoogie Boardには、背面にマグネットが付いているのでスチール机や冷蔵庫にくっつけることができます。
また付属でマグネットシートがあるので、マグネットが付かない場所でもマグネットシートをつければBoogie Boardを取り付けることができます。

 

メモの保存はできませんが、伝言メモなどちょっとしたメモなら十分対応できます。
しかも消去回数は3万回とのことですので、1回あたり0.09円。伝言メモに付箋を使っているなら、圧倒的にコストパフォーマンスがいいです。
事務職だったら間違いなく購入しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

シンプルな工夫で、書きたいページがパッと開くメモ帳

社会人になると何かとメモをする機会が多いかと思います。
例えば電話で受けた要件だったり、立ち話からちょっとした事を思いつたり・・・
僕も事務職だった頃は、社内ですれ違いざまに「手が空いたら後で寄って〜」と言われ、忘れないようにメモ帳に記録していました。
(たまに数時間後にその人のところに行くと、相手が何の用事だったか忘れていることもありました。)

常には必要ではないけど、さっとメモを書けるように手のひらに収まるくらいのリングタイプのメモを使っていました。
でも、さっとメモを書きたいのに新しいページを開くのに手間取りませんか?
僕は新しいページを簡単に開けるようにするために、記入した最後のページにゼムクリップを挟むことで解決していました。

今回、ミドリからこんなアナログな手法ではなく、パッと空白のページが開くメモ帳が発売されています。

パッとメモ

f:id:Pi-suke:20190118203833j:plain:w300
パッとメモ

www.midori-store.net

製品情報

f:id:Pi-suke:20190118203830j:plain:w300

  • 発売日:2019年1月17日
  • 価格:345円(税込)
  • ページ数:80枚(方眼罫2.5mm)
  • サイズ:H128mm × W76mm × D15mm
  • 中紙:MD用紙(ホワイト)

製品特徴

このメモ帳の特徴は、書きたいページをパッと開くことができることです。

f:id:Pi-suke:20190118203827j:plain:w300
ページの左側のみ糊付け加工

書きたいページを開くために、ページの左側のみ糊付け加工されています。
言われてみれば、「あ〜」となるような発想の転換で、書きたいページをパッと開けるようにしています。

ペーパーパッドのように剥がして書くことで、記入済みのページと未使用のページが分かれ、書きたいページを開くことができるようになっています。

ミドリの製品ですので、中紙はMD用紙が使われています。
MD用紙は非常に優れた筆記用紙で、鉛筆でもボールペンでも万年筆でも気持ちよく筆記することができます。

また罫線は2.5mmとかなり細かいですが、筆記する時に邪魔になるような濃い罫線ではありません。
図表を描く揃えて書きたいというときは、2.5mm方眼を意識して、ざっくりメモを取りたいときは罫線は意識しない。そんな使い方ができる濃さです。

 

メモを頻繁に取る人だけでなく、4月から社会人になる人には、ぜひ使って欲しいです。
なにせ社会人になって驚いたことは、メモを取る頻度の多さです。そしてメモしなくて覚えてられる。と思っても大概忘れてしまうものです。自分の記憶力の無さに呆れました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【速報】第8回OKB選抜総選挙 結果速報

2011年から始まったOKB48選抜総選挙
当初は雑誌の企画でしたが、現在では文具王の高畑さんがスポンサーとなって開催されているイベントです。

f:id:Pi-suke:20181002195224p:plain

sugobun.com

本日、18時からTBSラジオの「アフター6ジャンクション」にて第8回OKB48選抜総選挙の結果速報が流れました。

radiko」のタイムフリーでも聞くことができます。

radiko.jp

さて、僕は第8回のOKB48選抜総選挙を名古屋でクローズの会場を含めて3会場で握手会(実際に会場で試筆して投票)を開催させていただきました。

名古屋会場での結果は、以下の通りです。

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

ラジオで聞いたところ、総票数は2,243票だったそうです。
ちなみにWeb投票は1,057票、握手会は1,186票だったそうです。
握手会がWeb投票を上回る結果になりました。

全国集計が公式ページでも発表されました。

 

第1位 三菱鉛筆ジェットストリーム スタンダード

第2位 ゼブラ:サラサクリップ

第3位 ぺんてるエナージェルインフリー

第4位 三菱鉛筆ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングル

第5位 パイロット:ジュース アップ

第6位 OHTO:水性ボールペン CELSUS

第7位 ラミー:サファリ ローラーボール

第8位 パイロット:アクロボール 150

第9位 ゼブラ:サラサドライ

第10位 トンボ鉛筆ZOOM 505 水性ボールペン

 

トップ10をピックアップしました。

三菱鉛筆ジェットストリーム スタンダードが第1位です。
第1回の開催からずっと1位で、もうホント不動のポジションですね。
確かに滑らかで発色が良く癖がないので、推されるわけです。
ホント、ジェットストリームの牙城を崩すことは不可能なのでしょうか・・・

注目すべきは、低粘度油性やゲルがトップ10のうち半分を占めている点です。
従来の油性インキは、7位と8位のみです。ちなみに水性インキは6位・7位と10位です。

水性ボールペンが上位10位のうち3つを占めているのは、握手会の投票数が多かった影響ではないでしょうか。
普段はなかなか水性ボールペンを使う機会がないのでしょうが、握手会で実際に触れると万年筆のような滑らかな書き味に驚き、上位にランクインしたのではないでしょうか。

ラジオを聞いたところ、握手会では10代が多かったそうです。
その結果、学生に愛用されているであろうゼブラのサラサやパイロットのジュース アップが上位にランクインしています。

 

予定では今晩のうちにも、全国の投票結果の詳細資料が事務局から届くので、明日はじっくり分析して、後日詳細記事をアップしますね。

本年も第9回OKB48選抜総選挙が開催されることがラジオで発表されました。
来年も名古屋で握手会を開催します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

オフィス通販の「カウネット」が個人でも利用できるようになった

コクヨ生まれのオフィス通販の「カウネット」という通販サイトがあります。
さすがコクヨ生まれというだけあって、コクヨの商品が豊富にあります。
商品によっては、「カウネット」のみの取扱商品もあります。

昨年の12月22日から、個人も会員登録せずに注文できるようになりました。
プレスリリース

例えば会社で使っていて、使いやすいから自宅でも使いたいと思っても、どこで購入したら良いかわからないことありますよね。
でも、会社でカウネットで購入しているならば、同じように「商品番号」で検索して購入することができます。

先にも書いた通り、取扱商品の中には「カウネット」限定の商品もあります。

フタ裏がミラーになっており、ゴム印を押す前に印面を簡単に確認できる「ただしく押せるスタンプ台 ミスらん」や、「測量野帳」のカバーなど色々あります。

僕はこの「測量野帳」のカバーを文具女子博で購入したのですが、油で汚れた手で手帳を持っても手帳本体が汚れないので重宝しています。

 

会社で使っている文房具を自宅でも使いたいという人は、「カウネット」を利用されてはどうでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

創業70年以上の老舗大工道具メーカーが作った鉛筆削り

昨年、伝統工芸士さんと知り合い、昨年末に伝統工芸士さんが名古屋の円頓寺商店街にお店をオープンされました。
色々な職人さんたちの商品を直接手にして、見る機会が増えて本物の素晴らしさを実感しています。

脈々と受け継がれてきた技術に裏付けされた商品の美しさ、職人さんの細部に到るまで徹底した仕事を見ていると、少しづつでもそういった良いものを身の回りに置いて使いたくなります。
こういう良いものを持つと、そのもの自体も大切に使いますが、その商品に負けないようにと背筋が伸びるような気がします。

東海地区には、伝統工芸として豊橋筆や鈴鹿墨などの文房具もありますが、もう少し日常的に使える物はないかな?と思っていたら、ちょうどありました。

鉛筆削り Shin

f:id:Pi-suke:20190117121756j:plain:w300
鉛筆削り Shin

www.satomi-suzuki-tokyo.com

製品情報

  • Shin (下段ペンケース機能付)

f:id:Pi-suke:20190114211251j:plain:w300
Shin (下段ペンケース機能付)

商品サイズ:W270 x D33 x H51 mm
価格:20,000円(税抜)

  • Shin-Cuboid (下段小物入れ機能付)

f:id:Pi-suke:20190114211245j:plain:w300
Shin-Cuboid (下段小物入れ機能付)

商品サイズ:W105 x D60 x H48 mm
価格:15,000円(税抜)

  • Shin-Cylinder (鉛筆削りのみ)

f:id:Pi-suke:20190114211239j:plain:w300
Shin-Cylinder (鉛筆削りのみ)

商品サイズ:φ65 x H48 mm
価格:13,500円(税抜)

製品特徴

心の研ぎ澄まし。かんな屋がつくる鉛筆削り

書の初めに墨をするように、新しきことに向かい芯を研ぎ澄ます。
忙しさに追われる現代だからこそ、芯・清・心・真・新=清(すが)しい心で真摯に新たなことにのぞむ。Shinは、老舗のかんな屋が一つ一つ大切につくる心まで研ぎ澄ます特別な鉛筆削りです。

これは伝統工芸とは異なりますが、創業70年以上の鉋や鑿などの高級大工道具を製造販売する老舗メーカーの株式会社 角利製作所さんの刃が使われているそうです。

鰹節削り器と同じで鉛筆を前後に動かすことによって、削れるようになっているようです。
日々大工さんが使う鉋などの商品を作っている職人さんが、鉛筆削りの刃を作ったらさぞかし美しい削り面になることでしょうね。

安価な手動の鉛筆削りだと、削った面が毛羽立っており、美しいとは言えない状態です。別に削った面が毛羽立っていようと、筆記することになんら影響はありませんが、やはり削った面も美しいと気持ちいいですよね。
なので僕は極力鉛筆を削る際は、切れ味の良いナイフで削ることにしています。

 

普段から鉛筆を愛用している僕としては、是非とも購入したいです。
これで削った鉛筆は、さぞや美しい佇まいでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

トンボ鉛筆の高級鉛筆「8900番」70周年限定セット

国産鉛筆というと、三菱鉛筆トンボ鉛筆が思い浮かぶのでは無いでしょうか。
小学生の頃に三菱鉛筆トンボ鉛筆か、どちらを使っていましたか?

今年はトンボ鉛筆の高級鉛筆の「8900番」が、70周年ということで限定セットが2019年1月24日に発売されます。

行きつけの文具店に年始の挨拶がてらお邪魔したら、店頭に並んでいたので早速購入しました。

「8900番」の70周年限定セット

f:id:Pi-suke:20190113172701j:plain:w300
「8900番」の70周年限定セット

www.tombow.com

商品情報

f:id:Pi-suke:20190113172731j:plain:w300
金属缶ペンケース

  • 金属缶ペンケース
  • 価格:890円(税別)
  • 内容:8900番(HB)6本
  • 付属:ミニリーフレット

製品特徴

「8900番」は終戦直後の1945年の秋には、生産が再開されたそうです。
その3年後の1948年に、現在のオリーブグリーンのデザインに黄色いダース箱となり、現在まで引き継がれています。

f:id:Pi-suke:20190113172757j:plain:w300
特別刻印の鉛筆

鉛筆には、「THE JAPANESE CLASSIC 70th ANNIV.」と特別に刻印した鉛筆8900番が6本入っています。
トンボのロゴの頭の向きが、今と違い下向きです。すでに下向きのトンボロゴが懐かしく思えてしまいます。

「8900番」の歴史などを紹介するミニリーフレットがついているのですが、勉強になります。
発売再開当初は1本30銭だったそうです。これは学習用鉛筆の約3倍の価格だったそうです。
元々は「写真整理用」として製造・販売されていたそうです。これは当時は超微粒子の粘土が光線遮断性に優れていることから、写真整理用鉛筆として使われたそうです。

またトンボ鉛筆でずっと不思議だった「H.O.P」というロゴの謎も解説されていました。
これはトンボ鉛筆の創業者である小川晴之助「Harunosuke Ogawa Pencil」の略称とのことです。
トンボマークが商標となる1927年より以前は、品質の証として使用されてきたそうです。
現在ではこの「H.O.P」が記載されているのは、「8900番」鉛筆だけだとのことです。

 

終戦の数ヶ月後の1945年秋から生産が再開され、現代まで長く愛用されているトンボ鉛筆「8900」番。きっと今後も末長く愛される鉛筆でしょうね。
この機会に鉛筆を改めて使ってみるのは如何でしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

インクがより好きなるイベントが開催されます。(文房具朝食会@名古屋)

今年も年初からエンジン全開で、文房具朝食会@名古屋が開催されます。
今回はホントすっごいです。岐阜県大垣市にある川崎文具店さんとのコラボイベントです。

川崎文具店といえば、セーラーの100色インクをはじめ店頭にあるインクの全てを試し書きできるという、すっごいお店です。
さらにインクの少量販売(約3ml)も行われており、お店自体がインク沼のような場所です。(最大級の褒め言葉!!)

そんな川崎文具店さんが、オリジナルノートの販売を行なっているNO DETAIL IS SMALLさんとコラボです。

インク沼へようこそ!

f:id:Pi-suke:20190111192840j:plain:w300
告知広告

イベント詳細

  • 開催日:1月19日(土)
  • 開催時間:第一部9:00〜11:00 / 第二部13:00〜15:00
    ※コラボイベント自体は17時まで開催されています
  • 場所:NO DETAIL IS SMALL

詳細は以下のFacobook ページを参照してください。 第一部募集ページ(満員御礼)

www.facebook.com

第二部募集ページ

www.facebook.com

イベント内容

インクの試し書きから、ペーパークラマトグラフィーというインクの色成分やインクの特性がわかる実験、ミクサブルインク体験など盛りだくさんです。

川崎文具店の店長はめちゃくちゃ万年筆・インクについて造詣が深いので、万年筆・インク好きの人はぜひ参加して欲しいです。

せっかくインクの試し書きができますので、できればご自身がお使いのノートを持ち込むことをお勧めします。
わざわざノートを持ち込む理由は、紙によってインクの発色は微妙にことなるからです。
そしてせっかくですので、NO DETAIL IS SMALLさんで扱われている筆記用紙と書き味を比べてみて欲しいです。

 

つらつらと書きましたが、僕は当日関東に行くので今回このイベントに参加できないんです。

万年筆・インクが好きな人は、ぜひぜひ参加してください。めっちゃくちゃ楽しいひと時になることでしょう。そしてきっと小売のインクを手にして帰路につくことでしょう(笑)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。