カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

クラウドファンディングで支援した「新方式ロールペンケース」

クラウドファンディングサービスの「Makuake」でamorph(アモルフ)さんのプロジェクトで支援した「新方式 ロールペンケース」が届きました。
このプロジェクトは、最終的に支援率218%を達成した商品です。

新方式 ロールペンケース

f:id:Pi-suke:20190318200217j:plain:w300
新方式 ロールペンケース

製品特徴

マグネット式のロールペンケース

ロールペンケースは、筆記具を1本づつ部屋を分けて収納するので、お気に入りの筆記具に傷がつくことを防ぐだけでなく、開いておけばペントレーのように使えるとっても便利なペンケースです。でも、一般的なロールペンケースは、紐で括るタイプです。
紐で括るタイプだと、さっと書きたい時には煩わしいんですよね。

でもこのロールペンケースは、「紐」ではなく「マグネット」を使用しています。
そのためくるっと丸めてパチンと閉じることができます。
マグネットを使っているので、ワンアクションで開閉することができます。

ロールペンケースの紐の煩わしさから解放されると、こんなにロールペンケースは使いやすいのか。と改めて感心しました。

デザイン

「高級皮革の本ヌメ革」・「倉敷バージョン」・「白地の本革にUVプリントを用いたねこと文房具柄」の3パターンがありましたが、せっかくなので「ねこと文房具柄」を選択しました。

f:id:Pi-suke:20190318200401j:plain:w300
ねこと文房具柄

これは文具プランナーの福島槙子さんのデザインです。

普段であれば、本ヌメ革か倉敷バージョンを選択していたと思いますが、クラウドファンディングならでは、きっとこの機会を逃すと買えないんじゃないか?と思ってこのデザインにしました。

それに犬派からねこ派に転向したことですし、ねこと文房具のデザインが可愛いじゃないですか。

収納力

2本挿しです。
実際にサクラクレパスの「Craft lab 001」(軸径18mm)と、PILOTの「TIMELINE PAST」(軸径13.5mm)を収納してみました。

f:id:Pi-suke:20190318201003j:plain:w300f:id:Pi-suke:20190318201035j:plain:w300
早速2本のボールペンを収納してみました

どちらも軸が太めなのですが、しっかりと収納できました。

CARAN d'ACHEのエクリドールのような細身の筆記具であれば、一部屋に2本収納することもできました。

願うなら・・・

マグネット式のロールペンケースで、非常に使いやすいのですが願うなら・・・

2本収納すると、お互いのペンクリップをずらして収納しないと干渉してしまうので、ちょっと横幅を大きくしてそれぞれの部屋の上部に蓋というかカバーがつくといいなと思います。
例えばPILOTの万年筆「カクノ」のようなペンクリップの無い筆記具でも、部屋の上部にカバーがあれば落下する心配がないだけでなく、カバーによりペンクリップが干渉することが無くなります。

 

気になった人は、現在はamorph(アモルフ)さんの公式サイトから購入することができます。(お届けは2019年3月中旬から)
ロールペンケースを使いたいけど、紐が煩わしいな。と思っている人は、ぜひ使って欲しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ギミック満載!!GLOO「テープのり」

KOKUYOの新しい「貼る」シリーズの「GLOO」特集第2回目は「テープのり」です。
この商品は前回オススメした「テープカッター」とはうって変わって、ギミック満載で男の子ホイホイじゃ無いかな?という商品です。

GLOO テープのり

f:id:Pi-suke:20190315214321j:plain:w300
GLOO テープのり

www.kokuyo-st.co.jp

製品情報

しっかり貼るタイプ(強粘着)

  • 本体価格:Sサイズ 310円(税別) / Mサイズ 420円(税別)
  • テープ幅:Sサイズ 7mm / Mサイズ 8.4mm
  • 詰め替え価格:Sサイズ 220円(税別) / Mサイズ 310円(税別)

貼ってはがせるタイプ(弱粘着)

  • 本体価格:Sサイズ 310円(税別) / Mサイズ 420円(税別)
  • テープ幅:Sサイズ 7mm / Mサイズ 8.4mm
  • 詰め替え価格:Sサイズ 220円(税別) / Mサイズ 310円(税別)

製品特徴

この「テープのり」は使いやすいことは間違い無いのですが、ギミックが満載です。
ただギミックが満載のために、ちょっと使い方や詰め替えが取説だけでは分かりにくいのが残念です。

このギミックが凄い!!

「テープのり」のあるあるですが、粘着面に埃がついたりして汚れてしまうことがありますが、先端にカバーが付いています。

f:id:Pi-suke:20190315214414j:plain:w300f:id:Pi-suke:20190315214433j:plain:w300
テープのり本体を出すと、自動的にキャップが開閉されます

なんとこのカバーが、本体を出すと自動的にスライドしてカバーが開いて、本体を収納すると自動的にカバーが閉じられます。
僕はこの時点で心を鷲掴みされちゃいました。

さらに持ち方を横・縦と選べるように、本体角度が2段階を選択できます。

f:id:Pi-suke:20190315214458j:plain:w300
第1段階

f:id:Pi-suke:20190315214519j:plain:w300
第2段階

しかし、この1段階から2段階にするためにどうするのか?が分かりません。
最初は力技で「えいやっ」とやったのですが、よくよく見てみると本体に白色のボタンが付いていました。
この白色のボタンを押しながらであれば簡単に2段階に変更することができます。

f:id:Pi-suke:20190315214537j:plain:w300
白色ボタンが重要

この部分が取説に記載がなかったので、結構力技でやっている人がいるんじゃ無いかな?
実は内部に溝が刻まれていて、1段階目で溝にハマってロックがかかっている状態なんですよ。白色のボタンを押すと溝からロックが外れて2段階目に変更できるようになっています。

ギミックは非常に面白いく、使う時の状態に合わせて自然な持ち手を選べるように2段階になるのは非常に良いのですが、如何せんちょっと説明不足な感じです。

詰め替えについて

「テープのり」が出たての頃は、使い切りタイプが多かったのですが、近年は環境意識からか詰め替えが当たり前になっています。

GLOO「テープのり」も詰め替えができるのですが詰め替え方法は、「KOKUYO」のロゴが印刷されている面を表にして、「OPEN」と印字されている場所から外側本体のカバーを開けます。

f:id:Pi-suke:20190315214628j:plain:w300
外側本体カバーを開けた状態

すると「テープのり」の本体が出てくるのですが、丸くなっている部分に2箇所「●」が印刷されています。

f:id:Pi-suke:20190315214720j:plain:w300
テープのり交換部品

その部分を持って引っ張ります。が、テープのりのヘッドも一緒に交換になるので、このヘッドの部分が結構引っかかる感じがあるので、様子を見ながら力を入れて外す必要があります。

 

持ち方を選べるように2段階調整機能があるためか、ギミックが満載で非常に面白い商品なのですが、「テープのり」と違って無意識でも使えるレベルなのか?というと正直疑問を持ちます。
以前、店頭に実物が置いてあって自由に触れるようになっているコーナーを観察していた時でも、多くの人が「どう使うんだろう?」という雰囲気ですぐに棚に戻される人が多かったです。
ほんと、しゃしゃり出てこの「テープのり」の使い方からここが凄い!!ということを小一時間くらいお話ししたくなりました。

ぜひ店頭で実物があったら、手にとってヘッド角度が2段階に変化する様など体験して欲しいです。
1度使い方が分かればどうということはなく、とても使いやすいのでオススメです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

めっちゃおすすめ!!片手で軽く切りやすいテープカッター

KOKUYOが昨年末に発表した新たな貼るシリーズの「GLOO(グルー)」。
スティックのり・テープのり・瞬間接着剤・テープカッターの4種類があります。

デザインオフィスnendoがデザインしたので、全てがめちゃくちゃオシャレです。
GLOOは、2019年の第一四半期で一押しの文房具です。

以前は全てをまとめて記事にしましたが、今回はピックアップして個々に紹介します。
今日はGLOOシリーズの中でも、特に僕がオススメで感動したものを紹介します。

それは「テープカッター」です。

テープカッター

f:id:Pi-suke:20190315212336p:plain:w300
GLOO テープカッター

www.kokuyo-st.co.jp

製品情報

  • 価格:1,600円(税別)
  • 外寸法:W38 / D149 / H133
  • 質量:126g

製品特徴

卓上の「テープカッター」です。

f:id:Pi-suke:20190315212331p:plain:w300
テープカッター

よくあるテープカッターって、底の部分が大きくて重量感のあるものが多いです。

このGLOOのテープカッターの特徴は、
1. 説明書を読まなくても、使い方がわかる。 2. 固定するために吸盤を使っているのに、片手で簡単に取り外せる。 3. 40mm無い幅なのに片手でストレスなくテープがカットできる。

f:id:Pi-suke:20190315212327p:plain:w300
吸盤でしっかり固定されます

何がすごいって何も意識することなく使っても、しっかり吸盤で固定できて、無意識に使っても取り外すことができます。
テープが収納されている輪っかの部分が握りやすくなっており、この輪っかを持って机に置くと自然と吸盤で固定できます。
取り外す時も同じように輪っかの部分を持ち上げると、吸盤の吸着力が弱まり自然に取り外すことができます。
吸盤の吸着力を弱めるために通常では、斜めにするなどした上で力が必要になるのに、これは輪っかをスッと持ち上げるだけで吸着力が弱まって取り外すことができます。

輪っかを押すと吸盤で固定でき、輪っかを持ち上げると吸盤の吸着力が弱まる。また輪っかを押すと吸盤で固定できる。というこのすっごい仕組みが気になって一度バラしてしまいました。

実は吸盤の上部に小さな穴が空いていて、輪っかに繋がる部分にシリコンの板がついており、輪っかを押すと小さな穴がシリコンの板で密閉されて吸着されます。
輪っかを持ち上げると、シリコンの板が持ち上がって吸盤の上部の小さな穴から空気が入って吸盤の吸着力が弱まります。

もうねこんな仕組みを意識することなく、使えるようになっているこのGLOOのテープカッターは、工業デザインの極みでは無いでしょうか。

今だとKOKUYOさんが力を入れているからか、多くの文房具店で実際に試すことができます。
どれくらいすごいかっていうと、以前開催された文房具朝食会@名古屋に参加された園児がめっちゃ興味津々で喜んでいました。

ぜひ店頭で簡単に固定・取り外しができることを体験して欲しいです。
テープカッターはなかなか買い換えるものでは無いのですが、これは買い換える価値があります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

万年筆をオシャレに収納する「文具箱」シリーズ

万年筆が好きな人は、同じシリーズで全ての字幅を揃えたり、好きな軸の色で揃えたり・・・
興味のない人からしたら、使うのは1本なのになんでそんなに購入するの?と不思議で仕方がないことでしょう。
「万年筆樹海」とはよく言ったもので、万年筆に興味を持つと気がつくとなぜかあの万年筆も、この万年筆も欲しくなる。という謎の症状が発症する人を多く見受けられます。

かくいう僕も、さほど多くはないにしても、10本前後の万年筆を所有しています。

それなりのお値段のする万年筆を購入したら、せっかくなら保管にも気を使いたいですよね。

今回、明治元年に創業の木箱の製造業を専門も株式会社常吉さんと、銀座 蔦屋書店さんがコラボして、高級筆記具のための「文具箱」シリーズを発売されました。

文具箱シリーズ

f:id:Pi-suke:20190315200644p:plain:w300
文具箱シリーズ

store.tsite.jp

引き出し型

f:id:Pi-suke:20190315200639p:plain:w300
文具箱シリーズ「引き出し型」

  • サイズ:幅215mm / 高さ240mm / 厚さ80mm
  • 価格:¥40,000(税別)
  • 収納可能本数:12本(1枚に6本収納可能な引き出し型トレイ×2枚)

試験管型

f:id:Pi-suke:20190315200634p:plain:w300
文具箱シリーズ「試験管型」

  • サイズ:幅250mm / 高さ195mm / 厚さ150mm
  • 価格:¥60,000(税抜)
  • 収納可能本数:18本

BOOK型

f:id:Pi-suke:20190315200629p:plain:w300
文具箱シリーズ「BOOK型」

  • サイズ:幅330mm / 高さ230mm / 厚さ65mm
  • 価格:¥100,000(税抜)
  • 収納可能本数:21本

 

どれも素敵な佇まいですね。
メインの素材は、常吉さんが得意とする「杉」が使われています。
「杉」は何と言っても軽量な木材ですので、持ち運ぶことも容易にでしょう。
さらに気密性が低く湿気を逃しやすいため、万年筆の保管に良さそうですね。

僕が特に気になるのが、「試験管型」です。
万年筆の正しい保管方法である縦で収納でき、さらにインク瓶も合わせて収納できます。
まぁ正直18本もの万年筆を携帯する時があるのか?と思いますが携帯するのではなく、自宅の保管場所として使いたい一品です。

万年筆が増加して、保管場所に困っている人はぜひ購入されてはどうですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

オトナの楽園の「KDM.txt 守山店」さんが閉店です

先日、Twitter でとっても残念なお知らせがありました。 それは名古屋市守山区にあるナレッジデザインさんが運営する「KDM.txt 守山店」さんの閉店のお知らせです。

f:id:Pi-suke:20170805125747j:plain:w300
KDM.txt 守山店の外観

自宅から近く何度伺ったか分からないぐらい通った、とっても気に入っていたお店だけに残念でなりません。

「KDM.txt 守山店」さんのTwitter を貼っておきます。

自宅から自転車でもすぐ行けるとっても素敵な書店であり、素敵な文房具を扱っているお店でした。(過去形で表現しないといけない悲しさ・・・) 昨年の10月からリニューアル工事で12月オープン予定ということで、心待ちにしていました。 年末になっても動きがなく、年明けから何度かどうなっているのか?と現地に確認に行ったほどです。

色々とリニューアルオープンについて噂を聞いていたのですが、再オープンを断念するという経営判断に至ったそうです。

このお店は本当に素晴らしいお店でした。 初めて伺った時は、入店してすぐに2階への階段があって、2階への自然に行きたくなるようなお店作りで、こんなオシャレなお店が近所にできた!!ととっても嬉しかったです。
それに店内に流れるBGMも、社長が厳選した機材から流れており広い店内なのにたった2つのスピーカーでまかなっていたんですよね。
イベント時には、本来は立ち入ることのできない音響機器が設置されている2階の踊り場に入れてもらったり・・・

書籍売り場では定番本はもちろん扱われていたのですが、何より棚を担当されている従業員さんの顔が見られるような、まるで担当者さんの本棚のように感じました。
ちょっと他の書店では見ることが無いような、面白そうな書籍が本当にたくさん取り扱われていました。
大型書店にはない顔の見える書店という雰囲気でした。

また文房具売り場も綺麗に陳列されており、お店のコンセプトが明確に伝わってきて、時間の許される限り居たいと思わせる素敵な空間でした。
すごいのがお店で扱われているちょっと高級な数千円台の筆記具が、全て自由に筆記できるようになっていたんです。
これくらいの価格値の筆記具って、なかなかお店で試筆する機会がないのですが、このお店では常時行われていました。
またボールペンの替え芯も、薬剤を収納する什器を使って分かりやすく陳列されていました。

 

「KDM.txt 守山店」のオープン間もない時期に、K3(ケイ・キュービック)という関西発の文房具イベント集団さんのウェブラジオのホジラジの公開録音に参加したり、文房具朝食会@名古屋もこのお店で開催させていただいたりと本当に思い出がいっぱいあります。

ホジラジの公開録音では、運営母体のナレッジデザインの信田社長からお店のコンセプトやこのお店にかける熱い思いを直接聴くことができ、とっても貴重な体験であり非常に勉強になりました。
文房具朝食会@名古屋のイベントでは、初めて僕がお店の人と連絡を取って段取りを行うという機会になりました。本当にこの回の文房具朝食会@名古屋は思い入れが強いです。

 

本当に今回の再オープンを断念するという経営判断となりましたが、このお店は今後の書店や文房具店の見本になるようなお店だと思っていただけに非常に残念です。
またいつの日にか「KDM.txt」さんが復活することを楽しみにしています。

最後に僕のブログで取り上げた「KDM.txt 守山店」さんの記事を紹介して終わりにします。

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

pi-suke.hatenadiary.jp

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

中高生に大人気の「スマッシュ」に待望の0.3mm発売

僕が通っていた小学校では、高学年になってもシャープペンシルの使用が禁止されていました。
そのためシャープペンシルは、お兄さん・お姉さんの使う筆記具という憧れがありました。

今の中高生に絶大な人気を誇るシャープペンシルがあることをご存知ですか?
それはぺんてるさんから発売されている「スマッシュ」というシャープペンシルです。
限定色などは、店頭で販売となると購入制限が設けられたりするほどです。

そんな「スマッシュ」に0.3mmが発売されることを記念して、「スマッシュ」の良さをお伝えします。
※一般的な芯太さの0.5mmも同価格で発売中です。

スマッシュ 0.3mm

f:id:Pi-suke:20190312202627j:plain:w300
スマッシュ 0.3mm

www.pentel.co.jp

製品情報

http://www.pentel.co.jp/news/10329/

  • 発売日:3月23日
  • 価格:1,000円(税別)

製品特徴

「スマッシュ」は1987年に発売され、今も中高生に絶大な人気のシャープペンシルです。
1本1,000円という、中高生にとっては高額であるにも関わらず、人気があるのは大人っぽいデザインというだけでなく、機能も優れているからだと思います。

スマッシュとは

プレスリリースを抜粋します。

スマッシュは、1987年の発売、先行して発売されていた製図用シャープペン「グラフ1000」のスペックのいいとこ取りをし、タフに使える一般向けシャープペンをコンセプトに開発されました。
スマッシュの中の部品には「グラフ1000」と同じものが使われています。シャープペンの心臓部ともいえる、芯をつかんでカチカチと繰り出す役割の「チャック」という部品が金属性で、精密に芯を出すことができます。

プロが使う製図用のシャープペンシルのいいとこ取りで、芯を出すチャック部は「グラフ1000」と同じ物を使う。という徹底ぶりです。
シャープペンシルで芯を出すという大事な部分を手を抜かずに、良い部品を使っているのはいいですね。

ペン先と一体化したグリップ

シャープペンシルを長く使っていると、ペン先の部分が緩むことってないですか?
ちょっとしたことなのですが、このペン先が緩むと気持ち悪いですし、集中が途切れてしまうことがあります。

f:id:Pi-suke:20190312202624j:plain:w300
ペン先と一体化したグリップ

でもペン先とグリップ部が一体になっているので、ペン先が緩むということがありません。

ラバー付きグリップ

「スマッシュ」と「グラフ1000」と、見た目の大きな違いはグリップ部のラバーの形状です。
「スマッシュ」はラバーがポツポツと付いています。「グラフ1000」はラバーが「スマッシュ」よりも大きくなっています。
ラバーが小さくなっているので、グリップ感が高いでしょうね。

さらに前軸全体が真ちゅう製で、ペン先側がやや重く、バランスのいい低重心となっています。

 

発売から30年以上も愛され続けている「スマッシュ」に、今回0.3mmの芯太さに対応です。
近年0.5mmよりも細い極細のシャープペンシルが各社から発売されており、需要が多いのでしょうね。やはり細い文字だとキレイに書けたり、限られたスペースの手帳に書く際にも便利ですからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ガラスペンに興味がある人ぜひオープンイベントに参加しよう

ここ何年か文房具ブームと言えるような状態になっているのではないでしょうか。
様々な雑誌やテレビ番組でで文房具の特集が組まれたり、さらには文具女子博をはじめとる各種イベントが多く行われています。
そんな文房具ブームの中でも、特に大きな分野?がマスキングテープと万年筆のインクではないでしょうか。
マスキングテープや万年筆のインクは、それこそどれだけの種類があるのか分からないくらい、多くのメーカーからたくさん発売されています。

マスキングテープも万年筆のインクも、購入するのは簡単なのですが、なかなか消費が追いつかないのではないでしょうか。
どちらも使えば良いのですが、特に万年筆のインクは色を変えると万年筆を洗浄しなければならずちょっと手間ですよね。

万年筆のインクをもっと気軽に使いたい。というと、つけペンがオススメです。
ですが、いざつけペンを使おうと思っても、どう使えば良いのか、正しい使い方を知りたい。と思いませんか?
来月の4月20日(土)に岐阜県大垣市にある川崎文具店さんで、そんなつけペンの一種のガラスペンの使い方のオープンイベントがあります。

ガラスペン体験 (同時開催「万年筆相談会」)

www.facebook.com

イベント詳細

  • 場所:川崎文具店
  • 日時:4月20日(土)10:00〜17:00
  • 費用:500円(お土産付き)
    ※同時開催「万年筆相談会」は無料です

見た目がキレイなガラスペン、実際に触って書いてみませんか?
使い方やお手入れの仕方、楽しみ方までお教えします。
イタリア・ルビナートのガラスペンをご用意いたします。
”瓶にちょこっと残ったインクを使いたい””インクの色を気軽に変えて書いてみたい”などといった時に、つけペンタイプのガラスペンは便利なんです。
ご興味のある方はぜひお越し下さい 即売も可能!
さらに、ご参加頂いた方にはヨーロピアンレターセットをプレゼント!

*同時開催「万年筆相談会」
お使いの万年筆について、お悩みはありませんか?
店主が拝見し、クリーニングやメンテナンスをいたします。
クリーニング後、インクの吸入をしてお持ち帰りされる方は、すでにお持ちのインクやノート類も一緒にお持ちいただけるとスムーズです。

フリーイベントなので、申し込みなどは不要で当日来店すれば良いでしょう。

ガラスペンは、つけペンの一種ですので様々なインクを気軽に使えるとっても便利な筆記具です。
でも、ガラスで出来ているのでなんか欠けたりしそうで・・・どう使ったら良いのか?といった不安をぜひこのイベントに参加して払拭しましょう。

ちなみにガラスペンは、実は日本生まれなんですよ。
1902年に日本の風鈴職人である佐々木定次郎によって考案されました。
僕も1本、岡崎市にある哲磋工房さんのガラスペンを持っています。
簡単に色々なインクを使えてガラスペンは便利なんですよね。1回インクをつければ、ハガキ1枚分程度は書くことができます。

万年筆のインクが自宅に大量にあって、流石にインクの数だけ万年筆を揃えるのは難しい。という人は、ぜひこの機会にガラスペンに触れて良さを知って欲しいです。

僕も時間に余裕があればぜひ参加したいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。