カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ジェットストリームの高級モデル「Steward」を試筆してきたよ

先日、愛知県岡崎市にある「PEN'S ALLEY Takeuchi」さんに遊びに行ったら、三菱鉛筆ジェットストリームの高級モデル「Steward」がありました。
昨年?の発売当初から気にはなっていたのですが、全く見かけることがなく、僕の中では幻のボールペンでした。

それが馴染みの文具店で扱われていてびっくりしました。
せっかくなので、試筆させてもらいました。

写真は「Steward」の中でも高級な「DLC」モデルです。

f:id:Pi-suke:20190331145449j:plain:w300
Steward DLC モデル

デザイン

デザインはファーバーカステルの伯爵シリーズのギロシェを連想してしまうのは、きっと僕だけではないでしょう。
トップの王冠部分といい、ペン先の形状にクリップ部分等、本当によく似ています。

ボールペンに限らず、一般的な物はある程度デザインが似てしまうのでしょうね。

使用感

芯の出し方はノック式ではなく、トップにある王冠のような部分を回転させて芯を出す回転繰り出し式になっています。
クリップもバネが内蔵しており、大きく開いて、適度な力で止めることができます。

芯を出すため王冠を回転させたのですが、結構硬かったです。慣れの問題もあるかと思いますが、片手で芯を出すのはちょっと難しいかもしれません。
デザインが似ているファーバーカステルギロシェは、最初の留めに若干の抵抗がある程度ですが、慣れれば片手で芯を出すことが可能です。

Stewardは常に抵抗があるので芯を出しているという感覚がしっかりとあります。
この芯を出す際の感覚は、好みの別れるところだと思います。
ノック式のボールペンでも、ノック時にしっかりと抵抗としっかりとしたノック音が良い。という人もいれば、そうではない人もいますからね。

筆記感

インキがジェットストリームなので、非常に滑らかにサラサラと筆記することができます。

ただ持った際にトップヘビーで、ちょっとペンを寝かしてしまうと筆記しづらい感じがありました。
しかし、しっかりと立てて筆記するとトップヘビーは気になりませんでした。

リフィル

このボールペンのインキは低粘度油性のジェットストリームが使われているのですが、リフィルが「G2規格(通称、パーカー芯)」です。
もしジェットストリームの書き味が合わないのであれば、G2規格のリフィルであれば使うことができます。

 

僕の中で幻のボールペンだった三菱鉛筆の「Steward」が、実は身近なお店にあって驚きました。
デザインが優れており、筆記時にペンを立てるようするなど慣れれば、見た目だけでなく実用性も高いボールペンだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。