カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

オマケにつられて購入した「サラサセレクト 限定セット」

先日、いつも通り文具店に遊びに行ったら、ゼブラのサラサセレクトの限定版が売っていました。
サラサといえばOKB(お気に入りボールペン)48で、昨年はついに絶対王者三菱鉛筆ジェットストリームに次ぐ、第2位になっています。

そんなSARASAの多色ペンが「サラサセレクト」です。
SARASAは大好きなのですが、多色ペンはあまり興味がないのですが、ついついオマケに惹かれて買ってしまいました。
(オマケにつられて購入するなんて、ダメな大人ですね・・・

サラサセレクト 限定セット

f:id:Pi-suke:20190408224019j:plain:w300
サラサセレクト 限定セット パッケージ

f:id:Pi-suke:20190408224108j:plain:w300
サラサセレクト 限定セット セット内容

www.zebra.co.jp

セット内容

  • サラサセレクト 5色ホルダー
  • ジェルボールペン 0.5mm リフィル
    (赤・コバルトブルー・オレンジ・金・ピンク)
  • 限定サラサプチ(ボール径 0.5mm)

サラサセレクト

メインの商品は、ゲルインキボールペンの雄、SARASAの多色ペンタイプです。
3色ホルダータイプと5色ホルダータイプがあります。

ボール径は0.3mm / 0.4mm / 0.5mm の3種類あります。 そしてゲルインキならではのカラー展開が豊富で、0.3mm / 0.4mm のボール径は18色、0.5mmのボール径ならば写真に書けるデコシャインがプラスされるので、合計で23色です。

f:id:Pi-suke:20190408230855p:plain:w300
サラサセレクト リフィルカラー

豊富な色種類から好きな色をセレクトして、3色もしくは5色の多色ペンが作れます。
せっかくなら、写真にも書けるデコシャインの5色だけで、一本作ってみたいですね。
ボディも使いやすいように一部が透明になっており、インク残量がわかるようになっています。

ちなみに、シャープ部機構も販売されており、なんと0.3mm / 0.5mm / 0.7mm の3つの芯太さから選ぶことができます。
シャープ部機構で、新太さが選べるのは嬉しいですよね。手帳に使うのかノートに使うのかで用いる太さを選べれますからね。
シャープ部機構では1つだけ注意が必要です。

f:id:Pi-suke:20190408224136j:plain:w300
シャープ部機構が搭載できるのは、一番出っ張りのあるノック部のみです

それはシャープ部機構が搭載できる場所が1箇所しかないということです。そのため1本のサラサセレクトに、複数のシャープ部機構を搭載することはできません。
シャープ部機構を搭載できるのは、一番出っ張りのあるノックのみにセットが可能です。

限定サラサプチ

僕はこの「限定サラサプチ」につられて、この商品を購入してしまいました。

f:id:Pi-suke:20190408224124j:plain:w300
サラサセレクトとサラサプチ

サラサセレクトと比べると、小ささがよくわかると思います。

f:id:Pi-suke:20190408224211j:plain:w300
サラサプチはリフィルとほぼ同じ長さ

クリップは通常のサラサ クリップと同じ大きさですが、全長がリフィルの長さがしかありません。
ノック部の先までリフィルが届いているので、短くできる限界のサイズでしょうね。

ちなみにリフィルは、サラサセレクトで使われているリフィルと同じですので、23色全て使えます。
シャープ部機構を購入し忘れたので確認はできていませんが、シャープ部機構も搭載できるかも知れません。(シャープをノックすることができるんだろうか・・・)

 

最大23色というカラー展開の豊富さと、シャープの芯太さも選択できるサラサセレクト。これだけのカラー展開の豊富さは、ゲルインキならではですね。
好きな色を選んで、自分の使いやすいように組み合わせられますね。

さらに今回は限定でサラサセレクトのリフィルの長さギリギリの「サラサプチ」が同梱されています。
胸ポケットに指していると、通常のサラサ クリップのように見えて、取り出してみると「えっ」と思われるサイズです。
標準で黒色のリフィルが入っていますが、せっかくサラサセレクトのリフィルが使えるので、好きな色のインキを入れて使いたいですね。

文房具好きの人はぜひこの限定パックを購入してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。