カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

【レビュー】累計販売2,000万本超のシャープペンに ボールペン2色を搭載した「デルガード + 2C」

「折れないシャープペンシル」の代名詞的なZEBRADelGuardから多機能シャープの「DelGuard + 2C」が発売されました。 これは0.5mmのシャープと、ボール径が0.7mmの黒・赤のボールペンの多機能シャープです。

DelGuard + 2C

f:id:Pi-suke:20190202174303j:plain:w300
DelGuard + 2C

www.zebra.co.jp

製品情報

  • 価格:1,200円(税別)
  • 軸色:レッド・ブラック・ブルー・ホワイト

使用感

持った感じについて

早速使ってみたのですが、持った感じのバランスは癖がなく持ちやすいです。

f:id:Pi-suke:20190202174433j:plain:w300
グリップ部はラバー加工

写真では分かりにくいのですが、グリップ部がラバーになっています。ちょうど指先の部分に溝が入っているので、非常に握りやすいです。

多機能シャープなので、最大径13.1mmと太めな軸です。男性の僕にはちょうど良い太さですが、女性にはちょっと太いかな?っと感じました。
多くの多機能シャープとそれほど太さに違いはないので、気にしすぎかもしれません。

何より一番気になったのは、DelGuard機能を搭載したシャープペンシルの部分が重たいからか、カタカタと中で音がなります。筆記する際には気になる事ではないですが、ちょっと気になりました。

シャープペン機能

f:id:Pi-suke:20190202174508j:plain:w300
極小デルガード機構

肝心のDelGuard部分です。
従来の「DelGuard」の機構を1/26(体積比)になっている部分です。
パッと見た限り、そんな機構が搭載されているように見えません。ただ機能が満載だからなのか、従来のシャープペン部分より重量感があります。

慣れれば問題のないレベルですが、芯を出すためにノックする際に、思った以上にノック部を押し込む必要があります。
これは垂直に強い筆圧を逃すデルガード機能のためでしょう。

初めてDelGuardを購入した時もそうでしたが、今回も本当に芯が折れないのか思いっきり芯に荷重を与えたのですが、とても折れそうではありませんでした。

ボールペン

f:id:Pi-suke:20190202174530j:plain:w300
ボールペン部分

ボールペンは、エマルジョンインクというZEBRA独自のインクが採用されています。
エマルジョンインクは油性のしっかりした手ごたえと、ジェル(水性)のさらさらした軽さを兼ね備えたインクです。
水性インキの滑らかな書き味でありつつ、油性インキの発色の良さを兼ね備えています。

ボール径が0.7mmで標準では黒と赤のインクがセットされています。
多機能ペンに多い4C規格ではなく、独自のサイズのリフィルになっています。独自規格のリフィルは径の太さは3mmと同じですが、全長98.0mmと4C規格の67.0mmよりも長くなっています。

クリップ部

f:id:Pi-suke:20190202174414j:plain:w300
クリップ部アップ

クリップ部はただ軸とクリップの間で挟むという形状ではなく、軸の凸とクリップの凹があるので、より強力にクリップできるようになっています。

 

DelGuardを愛用していて、多機能シャープに移行できずにいた人は購入して間違いないです。
勉強や仕事にと色々な場所で使える多機能シャープです。

他の折れないシャーペンもこれに続くのか気になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。