カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

「インク工房」でフラッシュ?するオリジナルインクをお願いしてみた

2月16日(土)・17日(日)の2日間、JR高島屋ゴヤの11階の万年筆売り場でセーラー万年筆の「インク工房」が開催されていました。

セーラー万年筆さんは、数多くの万年筆のインクを販売されています。
代表的なのは「インク工房」という名称で100色のインクを発売されています。それ以外にも「SHIKIORI 四季織 十六夜の夢」や「SHIKIORI 四季織 月夜の水面」もあります。

そんな数多くのインクがある中で、それでも自分の好きなインクが見当たらない時は、この「インク工房」イベントが最適です。

インク工房 イベント

www.sailor.co.jp

製品情報

  • 容量:50ml
  • 価格:2,000円(税別)
  • インク種類:染料インク

イベント詳細

セーラー万年筆のインクブレンダーの石丸 治さんが、要望に沿ったインクを調合してくれます。
具体的な色ではなく、「夏の早朝の空の色」と言っても調合してくれます。イメージを具体的に伝えることが大切です。
その色をベースに調整してもらえます。

時間はイベント場所によって異なるかもしれませんが、1回15分程度です。
短い時間かと思うかもしれませんが、今まで数多くのインクを調合してきた石丸さんにかかると希望した色に調整してもらえます。

イベントを楽しむために・・・

非常に人気のあるイベントで、1日の参加者も25名程度だったりします。
そのため整理券の配布の場合があります。整理券の配布の場合は、開店前に並んで整理券を入手する必要があります。この場合は、お店の迷惑にならないように、気をつける必要があります。

そして参加する前に、作りたい色のイメージをしっかりさせておくことです。
ベースの色から微調整してもらうので、明確にイメージできていた方が15分という時間を有効的に使うことができます。

そして調合してもらった後に、オリジナルのインクのためそのインクに名前をつけます。色だけでなく、名前も考えておくと良いでしょう。

注意:非常に人気のあるイベントで、何色も作って欲しい。と思うかもしれませんが、ちゃんと主催者のルールに従っていただきたいです。
このイベントは、セーラー万年筆さんが、万年筆のある生活をより楽しんでもらいたい。という善意から行われているイベントですので、一人でも多くの人に楽しんんでもらいたいです。

今回調合してもらったオリジナルインク

もともと今回の「インク工房」へは、僕は参加する予定はありませんでした。
それは使いたいインクの色が揃ってきているので、一人でも多くの人にインク工房に参加していただきたい。と考えたからです。
でも、イベント開催の数日前に急に「こんなインクが欲しい」と思いついてしまったのです。そうなったら、もう行くしかない!!ということで急遽参加しました。

今回急に欲しいと思ったのは、「フラッシュする日常使いできるインク」です。
日常使いでフラッシュするということで、ベースは「紫」色にしました。
紫色は青色+赤色で調合されるので、ひょっとしたらレッドフラッシュするのでは?という狙いです。
「フラッシュする」とは、インクが乾いた後に光の加減などで光っているように見えるインクです。これは狙って作れるインクではなく、偶然できるインクであるので、難しいかな〜と思いながら、石丸さんにお願いしました。

石丸さんにお願いしたら、難しいけどやってみよう。ということで調合してもらいました。

f:id:Pi-suke:20190216123504j:plain:w300f:id:Pi-suke:20190216123243j:plain:w300
調合してもらったオリジナルインク

ベースを作ってもらったものがちょっとフラッシュしているようでしたので、微調整していただいたら、フラッシュしているようでした。
さすが2005年から活動されてきた石丸さんです。まさか本当にできるとは思いもしませんでした。
フラッシュするかどうかは、インクもそうですが筆記する紙にも影響されるので、これからどんどん使って確認していきたいと思います。

 

数多くあるカラーインクに満足できず、オリジナルのインクが欲しいと思ったらぜひ「インク工房」に参加してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。