カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

クリスマスプレゼントに欲しい「電子ペーパー」

確かうちではクリスマスイブではなく、クリスマス当日の25日にプレゼントが届いていた気がします。
それも毎年「お菓子の詰め合わせ長靴」で、ワクワクした記憶が(笑)
でも、年に一度この時だけスナック菓子が食べられる!!という喜びがありました。

さてサンタさんは、30過ぎの男の子との所にも来てくれるでしょうか。
来てくれると期待して、せっかくなのでこの場を借りてお願いしてみましょう。

文房具好きの三十路男子が欲しいもの。
それはいくつもあります。せっかくなら普段自分ではなかなか購入できない物をお願いしたいです。

ということで、今年は1つに絞りました。

それは先日発表された富士通クライアントコンピューティングの「電子ペーパー」です。
今月の18日に発表されたのですが、当日のFacebookで文具の著名人の方々の投稿がこの発表で埋まりました。

ということで、この「電子ペーパー」をサンタさんにお願いしつつ、どういうものか紹介します。

電子ペーパー

f:id:Pi-suke:20181116093630j:plain:w300
富士通クライアントコンピューティング「電子ペーパー

製品情報

  • A4サイズ

    • 価格:86,200円
    • 解像度:1650×2200ドット
    • 内蔵メモリ容量/使用可能領域:16GB / 約11GB
    • 外形寸法(幅 x 高さ x 奥行):約224mm x 302.6mm x 5.9mm
    • 質量:約350g
  • A5サイズ

    • 価格:75,500円
    • 解像度:1404×1872ドット
    • 内蔵メモリ容量/使用可能領域:16GB / 約11GB
    • 外形寸法(幅 x 高さ x 奥行):約174.2mm x 243.5mm x 5.9mm
    • 質量:約251g

2019年1月16日(水)16時までは、キャンペーン中で価格が異なります。
- A4サイズ:74,800円(13%OFF)
- A5サイズ:49,800円(34%OFF)
- A5サイズカバー:4,000円(50%OFF)

製品特徴

「手書きができる、ペーパーレスノート」をコンセプトに誕生した、次世代の文房具です。
薄く、軽い本体に、紙の書き心地で自由に手書きができる、メモ、ノート、スケジュール機能を搭載しました。さらに、パソコンで作成した文書やスキャンしたPDF資料を取り込んで閲覧することができるほか、その資料に会議のメモやアイディアを手書き文字でそのまま書き込むことが可能です。打ち合わせのために膨大な紙資料を持ち歩くという不便さから自由になるうえ、メモを書き込んだ資料を見失うようなこともなくなります。サイズはA5サイズ、A4サイズの2サイズをご用意しました。

専用のスタイラスペンが付属で付いているのですが、Facebookの投稿を見ていたら書き味がすっごいらしいです。なんでも開発者の方が万年筆での筆記感を目指したそうです。

またパソコンアプリを利用すれば、USBケーブルやWi-Fi経由、Bluetooth通信を使って、PDFファイルの相互転送が可能とのことです。(ただし現在はWindows10のみ動作とのことです。)

サポートファイルフォーマットは、PDFとのことですが今は簡単にPDFが作成できるので全く問題ないですよね。
例えばパソコンで今使っている手帳に近いデザインのPDFを作って、この「電子ペーパー」に登録すれば手帳として使うこともできます。さらに電子ペーパーなのでノートとしても当然使うことができます。

実機をさわれていないので、スタイラスペンの感覚や描画速度・ファイル管理など気になることも多いのですが、移動時のカバンの重量の大半が手帳やノートで結構な重さになっているので、一度使ってみたいです。

 

なんにせよ、興味津々です。
ちなみに類似商品で、Sonyからも「デジタルペーパー」が発売されています。
もう贅沢言いません、A5サイズで良いので富士通でもソニーでもいいので、どちらか欲しいです。
今年一年良い子で頑張った僕にサンタさんは来ないかな?
(こんな欲まみれでいいのかw

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。