カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ペンケースの中でも消しゴムを探す手間がなくなるかも「MONO zero」

ペンケースの中に消しゴムを入れていると、消しゴムがペンケースの中でどこに言ったのか探したことが皆さんあることだろう。
僕も学生のころによく探していたものだ。まぁ途中から間違えたことも思考の結果と思い、「消す」ということを極力しなくなったけど。

今ではボールペンを使う頻度が極端に減って、もっぱら鉛筆と万年筆といういつの時代?という筆記具体制である。鉛筆を使うため、その相棒である消しゴムもペンケースに入れている。使用頻度は高くないが・・・
そうすると筆記具という細長い形状の中で、ひとりだけ消しゴムという長方形という形状のためか、いざ使おうかと思うと入れたときとはまったく違う場所にいたりする。まるで「みにくいアヒルの子」がごとく、細長い筆記具達からひとりだけ長方形という形状のためいじめられているのか、本当によく隠れている。
まだまだ文房具愛が足りないからか、仲良くするように筆記具に伝えても、なかなか思うとおりにならない。
ならば、消しゴムの形を他の発起具と同じように細長い形状にしてやれば、問題ないのではないかと思ったら、すでにトンボ鉛筆さんが「MONO ZERO」を用意してくれていた。

f:id:Pi-suke:20170730200504j:plain
www.tombow.com

これはシャープペンやボールペンのように、後ろをノックすると先端から消しゴムが出てくるタイプだ。

実際に斜線の半分を消してみたのが、下の写真だ。
f:id:Pi-suke:20170730202626j:plain
消した感じは硬い感じだ。モノエアータッチのような軽い消し心地ではない。


アルミボディ

写真の「MONO zero」は、新商品の「MONO zero METAL TYPE」だ。今までの「MONO zero」はプラスチックだったが、この商品はアルミボディで、これまでのMONO zero の上級品という位置づけだ。
アルミボディになったことにより、ノックの重さが軽すぎず適度な抵抗があって、気持ちのよい状態になっている。

消しゴムサイズ

2.5×5mmという細い形状をしているので、細かな場所を消すことも容易に行える。手帳に書いた文字を消すのに、とてもよいサイズ感だ。

クリップ部も金属

ボールペンなどクリップ部がプラスチックだったりすると、割れたり壊れることがあるが、MONO zero METAL TYPE は金属なので手帳などにはさんでも、壊れるような心配がない。


社会人が持っても、デザイン的に恥ずかしくないものになっているが、トンボ鉛筆さんに1つだけ要望がある。
せっかく「エアータッチ」や「ダストキャッチ」などさまざまな消しゴムがあるのだから、MONO zero でもこれらが使えるように、変え芯を発売してほしい。僕はMONO 消しゴムのなかではダストキャッチが一番好きなので、ぜひ商品化してほしい。