カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ペントレーにもなるペンケース「WITH+」

ペンケースって多種多様で、自分の用途にあうペンケースが見つかると、本当に作業効率が良くなります。

今回紹介するペンケースは、KOKUYOさんから発売されている「WITH+」です。
www.kokuyo-st.co.jp
f:id:Pi-suke:20170624213137j:plain


このペンケースは学生や営業さんにオススメです。
その理由とこのペンケースの特徴を紹介します。


開くとペントレーになる

f:id:Pi-suke:20170624213225j:plain
このペンケースの最大の特徴です。
ペンケースを開くと、ペントレーのように入れてある筆記具を一覧することができます。
大きくフラットに開くので、中に入れてある筆記具が直ぐ解って、取りやすいです。

筆記具を2箇所に収納

ペンケースには公式サイトでは内側に8本、側面に4本入ります。
側面はペンケースを開ける必要が無いので、良く使う筆記具を入れてみてよいでしょう。
内側には8本入るので、マーカーペンとか、そこまで頻繁に使わない筆記具を入れて収納箇所を使い分けできます。

内側にメッシュポケットがある

f:id:Pi-suke:20170624213244j:plain
内側にメッシュポケットがあるので、ペンケースの中でシャープペンシルの替え芯や、付箋を入れてみてはどうでしょう。
筆記具と一緒に入れると収まりの良くないものを入れておくのに、ちょうど良いです。
またメッシュポケットも適度な深さなので、横に入れるよりは縦に入れて使うと、付箋とかも直ぐに手にする事が出来ます。

裏側に滑り止めバンド

f:id:Pi-suke:20170624213348j:plain
WITH+の裏側に滑り止めバンドが付いているので、ノートや手帳を夾んでそまま持ち運びが出来ます。
最初滑り止めバンドを馬鹿にしていましたが、ホールド感がしっかりしていました。



試用してみて感じたのは、10本以下の筆記具を使っている人にお勧めできるという事です。筆記具の太さに左右されますが、内側に8本入れると結構パンパンになってしまったので、ある程度収納するモノを絞った方が良いでしょう。
そういう点を考えると、比較的筆記具の本数が少ない学生や、何本かの筆記具を持ち歩く営業さんにお薦めです。