カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

携帯型でも切れ味抜群「フィットカットカーブ ツイッギー」

最近マスキングテープを多用するようになり、携帯型のハサミを持ち歩く事が多いです。
ただ携帯型のハサミって、切れ味が良くなかったり、ペンケースの中での収まりが悪かったりとイマイチしっくり来る物がありませんでした。

でも、プラスさんの「フィットカットカーブ ツイッギー」を購入してから、上記の不満点が見事に改善されました。
www.plus.co.jp
f:id:Pi-suke:20170525211106j:plainf:id:Pi-suke:20170525211129j:plain

収納の状態はボールペンとほぼ同じ太さと長さです。
この形状の為ペンケース内でも、邪魔になることがありません。
他のペンと仲良く居てくれます。


そしてハサミの本分である切れ味だが、携帯型のハサミとしては抜群の性能だと思う。
この性能を実現しているのが、「ベルヌーイカーブ刃」ということ湾曲している刃である。
そもそも「ベルヌーイカーブ刃」って何?というと、上記のHPからの引用だが、

刃のカーブを設計する際に参考にした、対数螺旋の祖とも言われる数学者ベルヌーイの名前から命名

ということらしい。
プラスさんの造語なのだろう。
このハサミのスゴいのが、まさにこの「ベルヌーイカーブ刃」にある。

手元にあるハサミを見て欲しい。
ハサミを大きく開いた時と、閉じかけの時の刃の角度が違うことに気づかれただろうか。
この角度が違うために、刃の奥では切りやすいのに、先端になると切りにくい、なぜなら力がより必要となるからだ。
刃の奥と先端とで、必要とする力が違う理屈は、テコの原理をハサミが使用しているから。


でもこの「ベルヌーイカーブ刃」は、刃の奥でも先端でも角度が同じなんですよ。
なので一定の力で、刃の奥から先端まで切ることが出来る。
f:id:Pi-suke:20170525211211j:plainf:id:Pi-suke:20170525211232j:plain

正直めちゃくちゃ地味な進化だと思う。
だけど、このめちゃくちゃ地味な進化が機能面を大きく進化させている。




携帯用のハサミを探している人は、ぜひ一度手にして実際に使ってみてほしい。

プラス はさみ 携帯タイプ フィットカットカーブ ツイッギー ブルー 34-575

プラス はさみ 携帯タイプ フィットカットカーブ ツイッギー ブルー 34-575