読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

鉛筆で知育

今日は名鉄百貨店無印良品で開催された「“木のぬくもりを感じよう。”色鉛筆づくりと塗り絵」というイベントに参加してきました。

 f:id:Pi-suke:20170429211029j:image

無印良品 名古屋名鉄百貨店 ワークショップ「“木のぬくもりを感じよう。”色鉛筆づくりと塗り絵」 | イベント予約 | 無印良品

 

このイベントは鉛筆を作る事を通して、木の温もりを子供達に知ってもらおうというものです。(僕は全然知らずに鉛筆作りというキーワードで参加を決めた大きなお友達です。)

 

鉛筆作りは非常にシンプルで、檜や樫の木にドリルで穴を開けて、開けた穴に色鉛筆の芯を入れ、最後は削って完成。というものです。

f:id:Pi-suke:20170429211252j:image

f:id:Pi-suke:20170429211308j:image

 

基本的に参加者は、小学校の低学年の子供達です。なので、材料となる枝を切っただけの木材にも興味深々の様子で、小刀で親御さんが削っているのも物珍しいようでした。

確かに今は自動の鉛筆削りがあるので、あえて小刀で削る所を見る機会はないですもんね。

たかだか20年ぐらい前は、鉛筆を小刀で削るなんて、当たり前な事だったんですけどね。

それに親御さんも数十年振りに小刀で鉛筆を削るというので、四苦八苦されてました。

 

 

何でも多様にある事が当たり前で、あらゆる物が便利になっている、そんな現代を見返す良いきっかけになりました。

先ほど確認したら、まだ参加枠に余裕があるようですので、小さなお子様の居るご家族は参加されてはいかがでしょうか?