カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

歴史と物語が詰まっている「MOLESKINE」

連日ボールペンが続いたので、今日は気分を変えて書かれる物であるノートを取り上げよう。

 

ノートといっても、それこそ星の数ほどある。
その中から所有欲を存分に満たすこと間違いなしな「MOLESKINE」を紹介します。

www.moleskine.co.jp


MOLESKINE」にはさまざまな種類があるが、一番オーソドックスな「クラシック ノートブック ハードカバー Large」が1冊3,132円(税込み)の価格だ。
※ノートだけではなく、ダイアリー、さらにはパッションジャーナルという本やワイン・レシピを記載するフォーマットが整ったものまである。
※さらに限定で「START WARS」や「星の王子さま」のカバーの販売されている。

 

f:id:Pi-suke:20170428191429j:plain

写真では分かりにくいかもしれないが、表紙がハードカバーなので立った状態でも筆記に困ることはないし、裏表紙にはポケットが付いているので、ちょっとした物を入れておくことができる。
それにMOLESKINEの特徴の1つであるゴムバンドは、鞄に入れた際にページが開くことを防ぐ上、筆記時には右側のページを押さえることもできる。

ただノート1冊3,000円は、一般的に見て信じられない価格だろう。人によっては正気の沙汰とは思えないだろう。
1冊240ページとページ数は多いが、文房具屋さん大賞2017を受賞した「大人キャンパス」が、B5サイズ80枚で421円(税込み)なので、約2.5倍の価格差がある。
それでも、多くの熱狂的・ある種の狂信的なユーザが生まれ続けている。


なぜこれほどMOLESKINEは、多くの人に支持され続けているのか。
それはこのMOLESKINEというノートに、歴史と物語が詰まっているからではないか。

MOLESKINEは19世紀後半にフランスで発売が開始され、かの有名なフィンセント・ファン・ゴッホや、パブロ・ピカソが愛したというもはや伝説的ノートブックだ。
ただ残念な事に、1996年に生産が中止され、1998年にイタリアの別会社(現:MOLESKINE社)が似せてMOLESKINEとして復刻させたものだ。

生産が中止されたにも関わらず、別会社があえて復刻するとは、それだけのニーズがあったのだろう。
この復刻する時に、現MOLESKINE社の副社長マリア・セブレゴンディは「製品には“物語”があることが重要である」としている。

 

僕は今現在もMOLESKINEが支持される理由は、この副社長の発言が表していると思う。
ゴッホピカソが愛用したノートが、例え製造・販売元が代わっても発売が続いており、この先も続くであろう。
その過去から現在、そして未来へと繋がるMOLESKINE文化を担う一員になりたい。と思わせるだけの雰囲気がこのノートにはある。

 

 

っとここまで熱を入れて書き綴ってきたが、僕の現在の主のノートは実はMOLESKINEではない。
確かに一時期熱狂的・ある種の狂信的な気持ちでMOLESKINEを愛用していた。
その当時は、「MOLESKINEにあらずんば、ノートにあらず」な状態だっただろう。
ふとある時、その熱から醒めた。
それからはMOLESKINEは素晴らしいノートである事には違いは無いが、僕が使用することは無かった。

 

そんな状態だったが、今年の年始に縁があり数ヶ月前からMOLESKINEの使用を再開している。
使用を再開して改めて、このMOLESKINEはノートには違いはないが、独自の世界観を有していると改めて感じた。
もし現状使っているノートに不満があれば、このMOLESKINEを選択肢に入れてはどうか。