カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

どこでも貼れる魔法の付箋「magnetic NOTES」

僕は名刺サイズぐらいの大きさの付箋をよく使います。

そんな付箋を何に使うかというと、アイデアや思考を整理するためです。
何でも良いので、思いついたキーワードを付箋に書いて、壁にペタペタと貼ります。ある程度出し切ったら、今度は関連する付箋をまとめたり、関連性が分かるように並び替えたりします。
そうすると、何度も剥がして貼ってを繰り返すことになるので、そのうちに粘着性が弱ってきて上手く貼ることが出来ずに新たに書き直していました。

強粘着性の付箋もいいのですが、ちょっとオシャレなモノは無いかと思っていたら、いい商品がありました。

それは「magnetic NOTES」です。
magnetic.jp
f:id:Pi-suke:20170626145751j:plain

貼る場所を選ばない

f:id:Pi-suke:20170626145810j:plain
フィルムタイプの付箋なのですが、フィルムとフィルムの間に静電気を閉じ込めてあるので、静電気の力で張り付きます。
そのため、普通の付箋が苦手な木材や布なんかにもしっかり張り付きます。多少の凹凸があっても問題無く貼れます。
また糊ではなく静電気でくっついているので、付箋を動かすのは滑らせるだけ。

裏面がホワイトボード仕様

裏面がホワイトボード仕様になっているので、ホワイトボードマーカで書いて繰り返し使うことができます。
イデアや思考をまとめる際に、このホワイトボードマーカで繰り返し使えるのはとてもいいです。

鉛筆でも書けちゃいます

f:id:Pi-suke:20170626145827j:plain
フィルムタイプの付箋なのですが、鉛筆でも書けます。そして当然消しゴムでキレイに消せます。
鉛筆を普段使いしている僕にとってはとてもありがたいのですが、世間一般にはどうなんでしょう。

パラパラしちゃダメ

magnetic NOTESさんのサイトにも記載されていますが、パラパラは禁止です。
パラパラをしてしまうと、フィルムに帯電している静電気が放出されて吸着力が弱くなってしまうそうです。
僕は購入時パラパラしたくなりましたが、いい大人なのでぐっと我慢しました。


※今回の写真は全てmagnetic NOTESさんのサイトからお借りしました。普通の付箋が付かないような場所が身近に無く、僕の悪筆を晒すのは憚れます。



このmagnetic NOTESは普通の付箋よりも値段が高額なので躊躇されるかと思いますが、試しに一つ買って使ってみてください。
今までの付箋よりも使い勝手がいいです。特に僕みたいに思考を整理するために使われている人は、一度試してみる価値があります。