カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

第9回OKB48選抜総選挙 名古屋会場を主催した総評

先週はボールペンウィークでした。
それは10月1日から12月31日まで開催されている、OKB(お気に入りボールペン)48選抜総選挙の名古屋会場を開催していたからです。

okb48.net

OKB48選抜総選挙は今年で第9回目なのですが、第7回から一般でも開催できるようになり、第7回から愛知での開催を行ってきました。
3回目ともなると、なんだか季節行事のような感覚になってきますね。

合計で3会場で開催させてもらったのですが、多くの人にご参加いただけて開催してよかったです。

今日と明日のブログは愛知で開催した第9回OKB48選抜総選挙の報告をします。
今日は総評として全体を通して、僕が気になった・気づいた内容を中心に書きます。
明日は実際の投票結果を詳しく見ていこうと考えています。

第9回OKB48選抜総選挙 愛知会場

11日(月)・13日(水)・16日(土)の3日間3会場で開催させてもらいました。
(13日(水)は高校で総合学習の時間での開催でしたので、大人ではなく将来使うであろう高校生を対象としてクローズドな環境での開催でした。)

基本的に文房具が好き・興味があるという人の参加が多かったのですが、16日(土)の開催ついては、店舗で終日開催させていただいたため、偶然お店に来店いただいたお客様にも試していただけました。
偶然お越しのお客様の大半は、ボールペンに違いがあることを意識されていない方もお越しいただけました。

総評

普段使用されているボールペン

参加者の多くの方が普段使っているボールペンは油性インキ・ゲルインキが多いようです。
やはり水性インキだとどうしてもキャップ式になってしまうので、手軽に使えるノック式の油性インキ・ゲルインキが多いようです。

絶対王者の「ジェットストリーム スタンダード」はやっぱりすごい

過去8回の開催において、不動の1位の三菱鉛筆の「ジェットストリーム スタンダード」のすごさを実感される方が多かったです。
48種類のボールペンを書き比べした際に、ソツのない完成度に改めて感心していました。

でも、唯一の不評はデザイン。2006年発売当初から変わらぬデザインですが、ちょっと現在ではあまり受けがよくないようでした。特に女性からの書き味は良いんだけど、デザインがね・・・と多くの方がおっしゃて見えました。

替え芯の入手しやすさもポイント

OKB48選抜総選挙では、最大5位までのお気に入りのボールペンを投票します。
その際のポイントで、「1画目がかすれないか」「筆記バランスはどうか」「発色・滲み・裏写りは?」などなど色々な視点で決めて見えました。

その決めるポイントにおいて、「替え芯が手軽に入手できるか」というのも大きなポイントにされている方が多かったです。
中には書き味などではランクイン確実なのに、替え芯の入手がしにくいという点でランキングから外れたボールペンもありました。

推しポイントは人それぞれ

お気に入りのボールペンを決める。というイベントですが、先にも書いた通り、様々な判断基準があります。

でもね、これって「目玉焼きに合う調味料は何か?」と同じで、絶対的な正解って無いと思います。
「書きやすさ」と言っても、人それぞれです。サラサラした書き味が好きな人も、ヌメヌメした書き味が好きな人もいます。
だから「正直、書きにくいんだけど、デザインがめっちゃ好き!!」っていうのも全然ありだと僕は考えています。
僕なんかは結構マニアックに、書き味とか機構とか気になってしまいますが、そんな視線だけじゃつまら無い。色々な視線・視点があるから、色々な商品が出てくるから、色々な視点で投票して欲しいですね。

これから握手会に参加される人にアドバイス

OKB48選抜総選挙の握手会は「48種類のボールペンを試し書きする」という文房具に興味のない人からしたら、狂気のような物好きなイベントです。
文房具好きでも、1〜2時間で48種類ものボールペンを試し書きするとめちゃくちゃ疲れます。途中から違いが分からなくなる、ある種のゲシュタルト崩壊のような状態に陥ってしまいます。

なので適度に休憩を取りながら、慌てずゆっくり楽しんで欲しいと思います。

 

まだまだ握手会は全国で開催されていますので、興味のある人はぜひ足を運んでください。
なお12月1日(日)には、中間発表や文具王の高畑さんの解説がある握手会が東京で開催されます。 (愛知で3会場を主催したのに、この握手会に行きたいw)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。