カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

名古屋で「あたぼう」さんのお話会が開催されます

「飾り原稿用紙」をはじめ「スライド手帳」などすっごい文房具を開発・販売されている「あたぼう」さんが名古屋でイベントを行われます。
こういうイベントの多くは東京や大阪で開催はされても、名古屋は飛ばされることが多いんですよね・・・こんなところでも名古屋飛ばし(笑

でも、今回はなんと名古屋で開催されます。

三光堂さんでのお話会

イベント概要

イベント詳細

会場となる三光堂さんは、JR中央線大曽根駅から歩いて5分くらいかな。
メッツ大曽根というショッピングモールのすぐ近くにあります。
このお店は昨年2018年4月に創業90年を迎えられた老舗のお店です。

僕が知人に万年筆に興味があるんだけど、どこに行ったらいいかな?と聞かれたら尾張地区(ざっくり愛知の東半分)の人には、この三光堂さんをオススメしています。
三光堂さんは多くの万年筆を扱われており、なかなか素敵なラインナップで行くとついつい長居してしまいます。
また名古屋の地名などをモチーフにしたオリジナルインクも多数販売されています。
さらに万年筆だけでなく、文具道さんの扱われている商品が非常に多く扱われています。

そんな素敵な文房具店の三光堂さんの2階にある会議室でイベントが行われるそうです。

 

内容は、

1.三光堂さんとあたぼうのご紹介
2.三光堂さん、あたぼうのコンセプトと商品ストーリーのトークと質問
 参加者の自己紹介なども 3.書写企画「百人一首を書写してみよう!」
4.抽選会
5.限定品(ふたふで箋の違う紙バージョン)の販売会
※プログラムは変更になる可能性があります。

なかなか魅力的な内容です。
三光堂さん、あたぼうさんのコンセプトや商品ストーリーのトークは特に興味深いです。
あたぼうさんのホームページには、一部の飾り原稿用紙の商品ストーリーが掲載されていますが、ここでは語られていないお話が聞けるのかな?

書写も普段しない行為なのに、さらに参加者の皆様と一緒にというなかなか経験することが少ないですよね。基本的に書写って一人で黙々と行うイメージがあるので、多くの人と一緒というのは楽しいでしょうね。

 

まだ募集されているようなので、興味のある人はぜひ参加してください。
僕は募集が開始されたタイミングで速攻で申し込みしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。