カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

斜めにノートを配置する人にいいかも「伊葉NOTE nv」

今日もISOTの展示で気になるブース紹介の2回目です。

今日は変形ノートの「伊葉NOTE nv」です。

www.iha-notebook.com

f:id:Pi-suke:20190625223126j:plain:w300
伊葉NOTE nv

ノートを記述する際に、斜めにして書くことってありませんか?
それは真っ直ぐ横に腕を動かすより、ちょっと斜めにノートを設置した方がスムーズに書けるから無意識にしていることだと思います。

このノートの最大の特徴は、形が長方形じゃない点です。
サイズとしてはA5サイズに近いのですが、ノートの上部はA5よりも長くて、下部はA5よりも短い形状です。
これは鋭角部10° 開けば20°となる形状です。

f:id:Pi-suke:20190625223117j:plain:w300
開くとこんな感じ

f:id:Pi-suke:20190625214425j:plain:w300
サイズ感

上記のように台形のような形状をしているノートです。

この形状には訳があって、脇を固定して腕を振ると真横には移動できず、斜めに移動しますよね。
その動きに合わせての形になっているそうです。

ノートの罫線が斜めになったものは見たことはあるのですが、まさかノートの形状自体を斜めに対応させるとは驚きました。

製本方法は糸綴じ製本で、罫線は罫線6mmで31行、ページ数30枚とのことです。
本文に使われている紙はどうなんでしょう。HPを確認したのですが、見つけることができませんでした。

この形状は理論的には確かに便利そうなのですが、実際に筆記・持ち運ぶことを考えるとどうなんでしょう?
ここら辺は実際に実物を確認しないとよくわからないです。

ISOT会場で実物を確認して、紹介したいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

購入ページ