カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

MONO消しゴム50周年の限定セットが発売されます

消しゴムというと、トンボ鉛筆のMONO消しゴム派と、SEEDのRadar派と大きく2分されると思います。
SEEDのRadar消しゴムが昨年50周年だったのですが、今年はMONO消しゴムが50周年となります。

そんな50周年を記念して、「モノカラー誕生50周年記念セット」が発売されます。

「モノカラー誕生50周年記念セット」

f:id:Pi-suke:20190613215811j:plain:w300
モノカラー誕生50周年記念セット

プレスリリース

製品情報

  • 発売日:7月5日
  • 価格:600円(税別)
  • 内容物:1969年発売から5世代のスリーブの復刻消しゴム(全5世代)・周年記念「モノピンバッチ」
  • 販売数量:限定45,000セット

製品特徴

MONO消しゴムのスリーブが、発売からの全5世代がセットになっています。

f:id:Pi-suke:20190613215809p:plain:w300
全5世代比較

よく見てみると初代は青味が明るく、2世代以降とちょっと違います。
僕は親の影響か、SEEDのRadarを長く愛用しており、いまいちこの世代の違いを実感できません。
でもMONO派の人は、よく使用していたデザインが思い浮かぶのではないでしょうか。

f:id:Pi-suke:20190613215807p:plain
周年記念「モノピンバッチ」

50周年の記念として、MONO消しゴムのデザインのピンバッチも付いてきます。
カバンなどにつけて、文房具好きをアピールするのに良さそうですね。

MONO消しゴムと言えば上から順に、青、白、黒を配した3色柄のモノカラーが特徴です。
このカラーリングは、特許庁第一号の「色彩のみからなる商標」として登録されています。
このカラーリングになった理由は、文房具売り場で目立つように。という意図があると以前聞いたことがあります。
確かに文房具売り場で、このカラーリングは目立っていますよね。

さらに今では消しゴムの一大派閥のMONO消しゴムですが、元々は「MONO100」というトンボ鉛筆の鉛筆のおまけだったのですが、消し味が良いということで定番化したんですよね。
しかもこの消しゴムを製造しているのは、Radarと同じSEEDなんですよ。

 

発売されたらぜひ購入して、それぞれのデザインの細部を見比べて見たいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。