カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

淡い蛍光色「MILDLINER」

自分だけが気にしているのかな?という事はありませんか?
例えば、学生の頃からみんな蛍光ペン・マーカーペンをどんどん使うのに、僕は蛍光色の主張が強すぎて苦手意識がずっとあります。
(重要な場所を目立たせる目的の蛍光ペンなので、主張するは当たり前なんですけどね・・・)
そのため重要な箇所は、朱藍の2色鉛筆で下線を引くことが多かったです。

まぁ僕ほどでは無いにしても、主張が強すぎる蛍光ペンが苦手な人は、ZEBRAから発売されている「MILDLINER」がオススメです。

「MILDLINER」は随分前から知っていたのですが、蛍光ペン苦手意識から購入には至っていませんでした。
今回、多分限定でMILDLINER型のハードケース付きが発売されていたので、ついつい購入してしまいました。

MILDLINER

f:id:Pi-suke:20190319204802j:plain:w300
MILDLINER

www.zebra.co.jp

製品情報

  • 価格:100円(税別)
  • 色数:全25色

単色での販売だけでなく、3色セットや5色セットなど色々なセット販売があります。
今回購入したハードケース付きは、10色セットでした。

製品特徴

この蛍光ペンの特徴は何と言っても、ほんのりと淡い蛍光色ということです。
どれくらい淡い蛍光色か、実際に今回購入した10色を見てみましょう。

f:id:Pi-suke:20190319205921j:plain:w300
購入した10色セットの試筆

マイルドオレンジやマイルドイエローは、角度によっては塗ってあることを見逃してしまうほどの淡さです。
どの色でも蛍光っぽさがかなり抑えられて、マーカーを引いてもその部分にばかり目が行くことを避けられそうです。

よくある蛍光ペンと同じように、ペン先は両端に太幅と細幅があります。

f:id:Pi-suke:20190319212320j:plain:w300
両端に太幅と細幅

太幅は4mm、細幅は細1.0~1.4mmとなっています。
細幅の筆記感がかなり柔らかい感じで、塗り絵に使ってみたい。と思ってしまいました。

使われているインキは、水性顔料です。
水性顔料は耐水性が高く、発色が良いのが特徴です。
この淡い色味を実現するために、染料ではなく顔料が使われているのでしょうね。

 

チカチカする蛍光ペンが苦手な人や、マーカーの部分にばかり目がいってしまう人は、ぜひこの「MILDLINER」を使ってみてください。
僕が学生の頃にこの商品があれば、朱藍の2色鉛筆を使わなかっただろうな。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。