カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

マーブル模様がカッコいい水性ボールペン「ZOOM 505 HAVANNA」

最近はゲルインキや低粘度油性インキが一般的になってきたように感じます。
使い始めるとゲルインキや低粘度油性は、滑らかな書き味で従来の油性インキに戻れないですよね。

でも、滑らかな書き味という点では、水性インキの書き味にはまだまだだと思います。
水性インキだと、ボールペンなのにまるで万年筆で書いているかのようなヌラヌラした書き味を楽しめます。

ただ水性インキだと筆記する紙によって滲んでしまったり、ノック式ではなくキャップ式が多いので使用している人は少ないのかな?という印象があります。
僕も一時期は水性インキのボールペンに苦手意識がありましたが、ZOOM 505を手にしてから一気に水性インキ好きになりました。

今回は、そんな水性インキに目覚めさせてくれたZOOM 505でも、ちょっとオシャレなHAVANNAをレビューします。

ZOOM 505 HAVANNA

f:id:Pi-suke:20190319195932j:plain:w300
ZOOM 505 HAVANNA

www.tombow.com

製品仕様

  • 価格:5,000円(税別)
  • ボール径:0.7mm
  • インキ:水性顔料
  • デザイン:Smoke Gray / Burgundy / Tortoiseshell

製品情報

僕は3つあるデザインから「Burgundy」を選びました。
本来であれば、3種類を見比べて選びたいところですが、ZOOM 505 HAVANNAの在庫のあるお店が見つからなかったので、馴染みの文具店さんで取り寄せてもらいました。

標準のZOOM 505と基本は変わりません。

f:id:Pi-suke:20190319200109j:plain:w300
ZOOM 505 HAVANNA Burgundy

直径12mmのラバーグリップのため、しっかりと握ることができ、ラバーグリップのため手が滑るようなことはありません。
ペン先に重心が寄っている低重心になっています。このバランスを実現するために、ペン先の反対側に重しが入っています。この重しのために、ペン先に寄り切る訳ではなく、絶妙な筆記バランスを実現しています。

大きく異なるのはこのHAVANNAは、キャップやボディが特殊な塗装で仕上げられたマーブル模様になっています。そのため、1本1本表情が異なるそうです。
佇まいはまるで万年筆のようです。なんだか大人の筆記具のような印象を受けます。

インキ

水性顔料インキのブラックとロイヤルブルーの2色です。
赤色がないのに驚きました。僕は使う予定がないので問題ないのですが、赤色って需要がありそうなのに無いんですね。
(ロイヤルブルーのリフィルは現在取り寄せ中なので、届いたら色味や発色を確認したいと思います。)

水性染料インキと違い、水性顔料インキなので耐水性があり発色が非常に良いです。
また速乾性も高く、筆記直後に触ったのですが、書いた文字がかすれることはありませんでした。

ちょっと裏技

標準のボール径は0.7mmと中字相当の字幅です。
ただ画数の多い漢字を筆記する際に、ちょっとボール径が大きく感じて0.5mmは無いかな?と思い、 カタログを確認したらBK-LP05に対応と書かれており、0.5mmは対応していないように書かれていました。
しかしボール径が0.5mmのBK-L5Pシリーズも使えそうに見えましたので、合わせて取り寄せをお願いして試しに交換してみたところ、ちゃんと使えました。

実際に筆記した画像を貼っておきます。
罫線は5mm方眼です。

f:id:Pi-suke:20190319200029j:plain:w300
0.5mm / 0.7mm で5mm罫線に試筆

メーカーとして正式に対応していると記載されている訳ではありませんが、BK-L5Pの替え芯を使えば、0.5mmのボール径も使うことができます。

 

ゲルインキや低粘度油性インキも良いのですが、ボールペンでもヌラヌラ書きたい!!という人は、ぜひ筆記バランスが優れているZOOM 505 を使ってください。
大人っぽいデザインのZOOM 505 HAVANNAは、マーブル模様が素敵で筆記時だけでなく、ペンケースや机に置いておいても様になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。