カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

ガラスペンに興味がある人ぜひオープンイベントに参加しよう

ここ何年か文房具ブームと言えるような状態になっているのではないでしょうか。
様々な雑誌やテレビ番組でで文房具の特集が組まれたり、さらには文具女子博をはじめとる各種イベントが多く行われています。
そんな文房具ブームの中でも、特に大きな分野?がマスキングテープと万年筆のインクではないでしょうか。
マスキングテープや万年筆のインクは、それこそどれだけの種類があるのか分からないくらい、多くのメーカーからたくさん発売されています。

マスキングテープも万年筆のインクも、購入するのは簡単なのですが、なかなか消費が追いつかないのではないでしょうか。
どちらも使えば良いのですが、特に万年筆のインクは色を変えると万年筆を洗浄しなければならずちょっと手間ですよね。

万年筆のインクをもっと気軽に使いたい。というと、つけペンがオススメです。
ですが、いざつけペンを使おうと思っても、どう使えば良いのか、正しい使い方を知りたい。と思いませんか?
来月の4月20日(土)に岐阜県大垣市にある川崎文具店さんで、そんなつけペンの一種のガラスペンの使い方のオープンイベントがあります。

ガラスペン体験 (同時開催「万年筆相談会」)

www.facebook.com

イベント詳細

  • 場所:川崎文具店
  • 日時:4月20日(土)10:00〜17:00
  • 費用:500円(お土産付き)
    ※同時開催「万年筆相談会」は無料です

見た目がキレイなガラスペン、実際に触って書いてみませんか?
使い方やお手入れの仕方、楽しみ方までお教えします。
イタリア・ルビナートのガラスペンをご用意いたします。
”瓶にちょこっと残ったインクを使いたい””インクの色を気軽に変えて書いてみたい”などといった時に、つけペンタイプのガラスペンは便利なんです。
ご興味のある方はぜひお越し下さい 即売も可能!
さらに、ご参加頂いた方にはヨーロピアンレターセットをプレゼント!

*同時開催「万年筆相談会」
お使いの万年筆について、お悩みはありませんか?
店主が拝見し、クリーニングやメンテナンスをいたします。
クリーニング後、インクの吸入をしてお持ち帰りされる方は、すでにお持ちのインクやノート類も一緒にお持ちいただけるとスムーズです。

フリーイベントなので、申し込みなどは不要で当日来店すれば良いでしょう。

ガラスペンは、つけペンの一種ですので様々なインクを気軽に使えるとっても便利な筆記具です。
でも、ガラスで出来ているのでなんか欠けたりしそうで・・・どう使ったら良いのか?といった不安をぜひこのイベントに参加して払拭しましょう。

ちなみにガラスペンは、実は日本生まれなんですよ。
1902年に日本の風鈴職人である佐々木定次郎によって考案されました。
僕も1本、岡崎市にある哲磋工房さんのガラスペンを持っています。
簡単に色々なインクを使えてガラスペンは便利なんですよね。1回インクをつければ、ハガキ1枚分程度は書くことができます。

万年筆のインクが自宅に大量にあって、流石にインクの数だけ万年筆を揃えるのは難しい。という人は、ぜひこの機会にガラスペンに触れて良さを知って欲しいです。

僕も時間に余裕があればぜひ参加したいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。