カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

三河地方最大の文具の展示・商談会「おかざき文具博」に参加してきました

今日はめっちゃ早起きして、愛知県岡崎市の竹内文具店さんが主催されている「おかざき文具博」に行ってきました。
竹内文具店さんは、実店舗では全国的に有名なPEN'S ALLAYがあります。文房具、特に万年筆が好きな人には是非行って欲しいお店です。

PENS'S ALLAY さんの詳しい紹介は、猪口フミヒロ(id:fumihiro1192)さんのブログがあるので、そちらに譲ります。

www.fumihiro1192.com

f:id:Pi-suke:20190222095246j:plain:w300
おかざき文具博 会場

「おかざき文具博」は、三河地方最大規模の文房具の展示・商談会です。
通常の展示・商談会は、小売業者など関係者の人しか入場できないのですが、「おかざき文具博」は一般の人も無料で参加できるようになっています。
展示・商談会で一般の人も参加できる数少ないイベントなので、僕はここ数年毎年参加しています。

まずは午前中に、人気文房具ブロガー 猪口フミヒロさんの「おかざき文具博 ツアーガイド」に参加しました。
このツアーガイドは、数多くある出展メーカーからフミヒロさんが気になったメーカーをピックアップして、メーカーの一押し文具を紹介してもらうものです。
毎年、各メーカーさんが気合いを入れて、非常にわかりやすくポイントを説明してくれます。
(ガイドツアーのお手伝いをしていたのと、気になる商品はほぼ新商品で撮影禁止なので、写真がなくて申し訳ありません。)

色々なメーカーさんを回ったのですが、その中で僕が気になったというか是非欲しいと思ったのが、プラチナ万年筆さんの100周年モデルを購入すると付いてくる「プラチナ万年筆のブランドブック」です。
非売品なのですが、プラチナ万年筆の全て書かれているようなすっごい本です。
是非プラチナ万年筆さんには廉価版で良いので、一般販売して欲しい・・・

あと多くのメーカーさんが、プレスリリース前の新商品を出品されていました。
本来であればプレスリリースがされて、商品の発売日にならないと触れられない商品を実際に触ることができちゃいました。
新商品に付いてはプレスリリースされたら、改めて紹介しますね。
メーカーさんがその商品にかける意気込みとか、なかなか直接聞く機会はないので、ほんとこういう機会は文房具好きにはたまらないですね。

変デジ研究所の中の人のろんすた (id:lonestartx)さんが早速詳しい「おかざき文具博 ガイドツアー」の記事を書いてくれていますので紹介します。

lonestar.hatenablog.com

 

実は「ツアーガイド」に参加する前に、どうしても確認したかったブースがあって、真っ先に向かったメーカーさんがあります。
それはトンボ鉛筆さんです。先日ブログで紹介した水性ボールペンの「ZOOM 505 META」の実物が出品されていないかな?と思って行ったら、ありました!!

f:id:Pi-suke:20190222165117j:plain:w300f:id:Pi-suke:20190222165147j:plain:w300f:id:Pi-suke:20190222165204j:plain:w300
Tombow ZOOM 505 META

やっぱりWebで確認も良いのですが、実物を確認することに勝ることはないです。
メタルボディの質感や筆記感は、ほんといいです。センターリングの真鍮のお陰で、持った時の感覚がすっごい気持ちよかったです。
インクも速乾性が高いので、筆記直後に触れてもかすれることがありませんでした。もうね、これを購入しない。という選択肢はありません。実際に触ったらますます欲しくなりました。

 

今年も午前中から非常に多くの方が来場されました。
比較的お昼ごろは空いていたので、ゆっくり見たい。という人はお昼頃に来場されると良いのではないでしょうか。

来年もまた参加しようと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。