カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

くるっと丸めて、パチンと閉じる!新方式ペンケース

クラウドファンディングのMakuakeで、新方式のロールペンケースがスタートしました。

新方式ロールペンケース

製品情報

f:id:Pi-suke:20181126045454j:plain:w300
新方式ロールペンケース

  • 実施期間:2019年1月21日まで
  • プロジェクト方式:All in型
  • 2本挿し
  • 価格は素材によって異なります
  • 外側:クラリーノ / 内側:倉敷帆布又は児島ジーンズ
    3,450円(税込)
  • 外側:本ヌメ(牛革) / 内側:ゴート(山羊革)
    4,800円(税込)
  • 外側:牛革 ねこと文房具柄 / 倉敷帆布   4,800円(税込)

それぞれの価格は、Makuakeの特別価格になっており、それぞれ限定で100セットとのことです。

製品特徴

「紐」ではなく「無垢材とマグネット」で、くるっと丸めてパチンと閉じる新方式のロールペンケースです。
通常のロールペンケースは、紐で括る必要があるのですが、このロールペンケースは、無垢材とマグネットでくっつける方式です。
使用方法の動画がありましたので掲載します。


amorph ロールペンケース「展」 使用感

紐で綴じないので、開閉がスムーズに行えることでしょう。そして紐の部分が盛り上がる事なくスマートな姿です。
収納する部分は、それぞれ別れており収納した筆記具同士がぶつかって傷付くことが内容になっています。

プロジェクトを立ち上げたアモルフ株式会社では、岡山で期間限定で試験販売したところ、大変好評を博しているそうです。

「ねこと文房具柄」をデザインされたのは、文具プランナーの福島槙子さんです。

f:id:Pi-suke:20181206012533j:plain:w300
福島さんのデザイン柄

福島さんのデザイン柄は、最新のプリント技術UVプリントを用いて、白地の本革に印刷されるそうです。

 

ロールペンケースはオシャレなのですが、紐が煩わしく使う頻度が低くなってしまっていますが、このロールペンケースなら使い続けることができそうです。
何より最近ねこ派に転向した僕は、「ねこと文房具柄」が欲しいです。
少数の本数のロールペンケースでありながら、オシャレなのが嬉しいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。