カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

第8回OKB48選抜総選挙 愛知会場の結果

今月の14日(水)・15日(木)・17日(土)の3日間、3会場で第8回OKB48選抜総選挙の握手会を、愛知県で行いました。
それぞれの会場では、昨年を上回る非常に多くの方にご来場いただけました。
この場をお借りして、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

さて、愛知会場での有効投票数は55票でした。
投票用紙の性別や年齢は自由記入欄のため、未記入もありましたが、うち男性は11票、女性34票でした。
年齢層としては、ボールペンを日常的に使用されている年代の方が多かったですね。
そして性別で述べた通り、女性の参加者の方が圧倒的に多かったです。
12月に開催される「文具女子博」が物語っている通り、女性の文房具に対する熱意を実感しました。

早速愛知県で行なった各会場の投票結果をまとめた結果を発表します。

第8回 OKB48選抜総選挙 愛知会場結果

f:id:Pi-suke:20181002195224p:plain:w400

第1位:水性ボールペン CELSUS(OHTO)(水性)69ポイント
第2位:ジュースアップパイロット)(ゲル)44ポイント
第2位:ジェットストリーム プライム三菱鉛筆)(油性)44ポイント
第3位:ジェットストリーム スタンダード三菱鉛筆)(油性)39ポイント
第4位:エナージェル インフリーぺんてる)(ゲル)35ポイント
第5位:サファリ ローラーボール(ラミー)(水性)34ポイント

※集計方法は、1位5ポイント・2位4ポイント・3位3ポイント・4位2ポイント・5位1ポイントとして集計しました。

まとめ

堂々の1位は、OHTOの水性ボールペン CELSUSでした。
2位とのポイント差も開いていて、圧勝でした。
このボールペンは、僕も書き味や持ち味に非常に驚きました。まずは48種類全ての筆記具を何も考えず、黙々と試筆した際にこのボールペンだけは手が止まりました。
ボールペンを持った時のバランスも優れていますが、何より書きたい場所に書ける感覚。そして非常に優れた書き味で、今年のOKB48のダークホースだと思っていたら、まさかの1位となり驚いています。

第2位は、パイロットのジュースアップでした。
ペン先が激細のニードル型と一般的なコーン型の中間のような独特な形状のペン先「シナジーチップ」により、1画目からカスれることなくスムーズに筆記できる非常に優れたボールペンです。
さらに発色もよく、女性に人気があるように思います。

同立の2位には、三菱鉛筆ジェットストリーム プライムでした。
低粘度油性という滑らかで軽やかな書き味が人気のジェットストリームの高級版です。芯を出すのもノック式ではなく、軸を回転させる高級感のある仕様になっています。このボールペンの替え芯は、通称「パーカー芯」と呼ばれる国際共通規格が採用されています。

第3位には、過去の選抜総選挙でずっと1位の三菱鉛筆ジェットストリーム プライムでした。
ボールペン = ジェットストリームというくらい普及しているので、根強い支持を集めていますね。
試筆すると、このジェットストリームの完成度の高さには驚かされます。この価格でこの書き味を実現している三菱鉛筆は本当にすごいと思います。

第4位にはぺんてるのエナージェル インフリーでした。
ゲルの滑らかな書き味に、エナージェルインクの速乾性、そして透明軸という見た目でオシャレ感がアップで初登場ながら4位にランクインです。
発売当初は限定販売でしたが、先日通常商品になったとプレスリリースがありました。
ジェットストリームやサラサといった人気ボールペンの牙城を崩す目があるのではないでしょうか。

第5位にはラミーのサファリ ローラーボールペンでした。
ラミーのサファリは、日本メーカーにはないスタイリッシュなデザインが人気の筆記具です。
グリップ部も持ちやすい形状になっており、見た目だけでなく実用性も抜群です。

 

今年の高順位のボールペンを見てみると、水性や低粘度油性やゲルといったインクが上位を占めていました。
軽く滑らかな書き味が好まれる傾向が強いようです。
さらに今回の握手会の投票結果を見ていたら、若干ですが同一メーカーの筆記具を好まれる方が見えました。
本人も同一メーカーに絞るつもりはなかったようですが、好みのボールペンがほぼ特定のメーカーだったことに驚かれてみえました。

とりあえず今回1位になったOHTOの水性ボールペン CELSUSを購入しようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。