カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

トンボ鉛筆の高級鉛筆「8900番」70周年限定セット

国産鉛筆というと、三菱鉛筆トンボ鉛筆が思い浮かぶのでは無いでしょうか。
小学生の頃に三菱鉛筆トンボ鉛筆か、どちらを使っていましたか?

今年はトンボ鉛筆の高級鉛筆の「8900番」が、70周年ということで限定セットが2019年1月24日に発売されます。

行きつけの文具店に年始の挨拶がてらお邪魔したら、店頭に並んでいたので早速購入しました。

「8900番」の70周年限定セット

f:id:Pi-suke:20190113172701j:plain:w300
「8900番」の70周年限定セット

www.tombow.com

商品情報

f:id:Pi-suke:20190113172731j:plain:w300
金属缶ペンケース

  • 金属缶ペンケース
  • 価格:890円(税別)
  • 内容:8900番(HB)6本
  • 付属:ミニリーフレット

製品特徴

「8900番」は終戦直後の1945年の秋には、生産が再開されたそうです。
その3年後の1948年に、現在のオリーブグリーンのデザインに黄色いダース箱となり、現在まで引き継がれています。

f:id:Pi-suke:20190113172757j:plain:w300
特別刻印の鉛筆

鉛筆には、「THE JAPANESE CLASSIC 70th ANNIV.」と特別に刻印した鉛筆8900番が6本入っています。
トンボのロゴの頭の向きが、今と違い下向きです。すでに下向きのトンボロゴが懐かしく思えてしまいます。

「8900番」の歴史などを紹介するミニリーフレットがついているのですが、勉強になります。
発売再開当初は1本30銭だったそうです。これは学習用鉛筆の約3倍の価格だったそうです。
元々は「写真整理用」として製造・販売されていたそうです。これは当時は超微粒子の粘土が光線遮断性に優れていることから、写真整理用鉛筆として使われたそうです。

またトンボ鉛筆でずっと不思議だった「H.O.P」というロゴの謎も解説されていました。
これはトンボ鉛筆の創業者である小川晴之助「Harunosuke Ogawa Pencil」の略称とのことです。
トンボマークが商標となる1927年より以前は、品質の証として使用されてきたそうです。
現在ではこの「H.O.P」が記載されているのは、「8900番」鉛筆だけだとのことです。

 

終戦の数ヶ月後の1945年秋から生産が再開され、現代まで長く愛用されているトンボ鉛筆「8900」番。きっと今後も末長く愛される鉛筆でしょうね。
この機会に鉛筆を改めて使ってみるのは如何でしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。