カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

2018年をざっくり振り返りつつ、来年の展望をツラツラと・・・

さて、このブログを書いている時点で、平成最後の大晦日も残り4時間弱となりました。

2018年は皆さんいかがでしたでしょうか?
僕はあいも変わらず文房具三昧でした。

今年はなにやら周年記念が多かったような気がします。あと、イベントが色々と開催された事が記憶に残っています。

周年記念は、マルマンの図案スケッチが60周年、シードのRader消しゴムが50周年、意外に思われてるのがライフのノーブルノートが10周年。そしてパイロットが創業100周年でしたね。
僕もいくつか、周年記念の文房具を購入しました。流石にパイロットの100周年は手が出ませんでしたが・・・
さて来年が周年になる企業はどこでしょう。ちょっと気になったので、冬季休暇の宿題にしましょう。

イベントといえば、地元愛知の竹内文具店主催の「おかざき文具博」に始まり、ISOTなど多くのイベントに参加させていだきました。
第二回なのに文具女子博はすっごい人出で、文具と女性との親和の高さを実感しました。さらに来年は東京だけでなく、大阪でも開催されるそうですね。
さらに「東京インターナショナルペンショー」など、今年から開催されるようになったイベントもあります。
文具・文房具の熱は衰えるどころか、ますます裾野を広げているのではないでしょうか。
今年中旬から僕が主催する「文具の晩餐」という夕活を開催させてもらったのですが、イベントをゼロから立ち上げる難しさを学ぶ事ができました。

来年はどういう文具・文房具が発売されるのでしょうね。
また「文具の晩餐」や「文房具朝食会@名古屋」をはじめ、様々なイベントに参加して文房具仲間を増やしていきたいと思います。
文房具界隈で活動させて頂いているので、より一層盛り上がるように協力していきたいです。

皆様の文具のある暮らしが豊かになることを思いつつ、本年をざっくり思い返してみました。
来年も素敵な文房具ライフをおくれるように精進します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。