カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

投票受付中「2018年Bun2大賞」

偶数月に発行されている文具のフリーマガジン「Bun2」のVol.80 10月号で案内のあった「2018年Bun2大賞」の投票受付が始まっています。

f:id:Pi-suke:20181010202618j:plain:w300
2018年Bun2大賞
www.buntobi.com

2018年Bun2大賞とは

Bun2」2017年10月号から2018年8月号に掲載した新商品の中から、読者ハガキなどをもとに選んだ45点をノミネート。
その中から、読者に投票してもらい大賞を決定する。投票結果(ベスト30まで発表)は、2018年12月1日発行の「Bun2」12月号で発表する。

ざっくり過去1年の新商品から、今年の一番を決めよう。というものです。
こういう年間大賞的な企画が立ち上がると、今年も残りわずかだな・・・と感じます。

ノミネートされている文房具は・・・

以上の全45商品です。
筆記具からはさみやファイルなど幅広い文房具がノミネートされています。
ノミネートされている文房具のいくつかは、このブログでも記事を書きました。

見てみると、「あれ?これって今年発売されたんだ〜」と思うものもいくつかあります。

個人的には「万年筆用ボトルインク インク工房 染料 20ml」のランキングがどうなるのか気になります。
カクノをはじめとした格安万年筆によって万年筆を手に取りやすくなって、このインク工房の100色インクで、色々なインクを楽しめるようになったことにより、万年筆ユーザーが確実に増えたと思います。

こうしてみると筆記具は、高価格帯が増えたと感じます。
国産の筆記具は品質は抜群に良いのに、デザインや価格でどうしても海外メーカーに負けていたように思います。
サクラクラフトラボ001を始めとする高級筆記具は、オシャレなだけでなく贈答品としても使えます。今後も所有欲を満たすような筆記具が発売されると嬉しいです。

 

投票の締め切りは、11月6日(火)(ハガキ投票は当日消印有効)までです。
ちなみにハガキで投票した場合は、抽選で10 名に“文具福袋” が進呈されるそうです。

結果発表は2018年12月1日発行の「Bun2」12月号で発表されます。
どの文房具が「2018年Bun2大賞」を受賞するのか、気になりますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。