カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

今年もやりますOKB48選抜総選挙!!

社会人の多くの人が一番よく使っている筆記具はボールペンではないでしょうか?
あなたはどんなボールペンを使用していますか?
会社から支給されたから使っているのですか?それとも店頭で目についたから使っているのですか?

ボールペンはどれも書き味も違うし、持った時の感覚も違います。
特に理由なく使っているのであれば、自分にあったボールペンを探してみませんか?

でも、文房具店では数多くのボールペンがあって、スペース的にも試筆するにはちょっとはばかられますよね。
でも年に1回、厳選されたボールペンを思う存分試筆することができるイベントがあります。それはOKB48選抜総選挙です。

ちなみに、OKB48選抜総選挙は第8回目を迎えます。

第8回OKB48選抜総選挙

f:id:Pi-suke:20181002195224p:plain:w300

www.okb48.net

OKB48総選挙とは?

OKBとは、「お気に入りボールペン」の略。

今の日本のボールペンシーンを代表する48本を、OKB総選挙管理委員会が選抜。その中から、あなたの好きなペン(推しペン)に投票してもらい、日本の「筆箱のセンター」を決める一大投票企画です。

ボールペンを選ぶ基準は「書き心地」でも「見た目」でも、「コストパフォーマンス」でも「個人的な思い入れ」でも、なんでも構いません。

実際に全国各地の試し書き会場で投票する「握手会投票」と、Webアンケートで投票する「Web投票」の2種類があります。どちらに何回投票して頂いても構いません。ただし、実際に試し書きをして選ぶ「握手会投票」の方が配点が高くなるようにしてあります。

投票期間は、10月1日から12月31日となっています。

メンバーが一部入れ替わっています。

チームM三菱鉛筆

チームP(パイロット)

  • アクロ300
  • スーパーグリップG キャップ式

チームPII(ぺんてる

  • エナージェルインフリー
  • エナージェルフィログラフィ
  • フィール 単色ボールペン

チームZ(ゼブラ)

  • フォルティア300
  • タプリ ホールドクリップ
  • スラリ300
  • ライトライト

チームE(その他国内メーカー)

  • OHTO 水性ボールペン CELSUS
  • OHTO vi-vic

 

今回は海外メーカーが減って、国内の4強ががっつり組み合う形になりました。
さらに数百円のボールペンだけでなく、3,000円程度までのちょっといい値段のものまで様々です。
僕が注目しているのは、300円台のラインナップです。 これは書き味だけでなく、ボディの作りや質感も合わせて考える必要がありますね。

実際に試筆しよう

OKB48 はWeb 投票もありますが、各地で握手会という実際に48本のボールペンを試筆することのできるイベントが開催されます。

[ 開催場所一覧 ]

握手会日程 | 第8回OKB48選抜総選挙

ボールペン売り場でも試筆することは可能ですが、このイベントでは事務局により選抜された優れたボールペンをじっくりと試筆することのできる握手会へ参加することをオススメします。

まだ開催場所には掲載されていませんが、今年も11月に愛知県で何回か握手会を開催します。
日程が決まれば、このブログやFacebook で案内しますね。

OKB48公式試し書き用紙が発売されます

今年はOKB48公式試し書き用紙の、コレクションルーズリーフがマルマンより発売されます。

バインダー付きセットと補充リーフセットの2種類あります。

f:id:Pi-suke:20181002195256p:plain:w300
バインダー付きセット

f:id:Pi-suke:20181002195253p:plain:w300
補充リーフセット

僕が開催する握手会で取り扱えるように、詳細は握手会告知時に案内できるように現在調整しております。

 
 

第1回から昨年の第7回まで、三菱鉛筆ジェットストリーム スタンダートが第1位を獲得しています。絶対王者の名にふさわしいジェットストリーム スタンダードですが、近年順位を順調にあげているゼブラのサラサクリップがついに王者となるのか?
300円台や1000円以上の高価格帯のボールペンがどの順位となるのかなど、今年も目が離せません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。