カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

プロに相談して決めてた1本「rotring 600」

仕事でシャープペンシルを使用する頻度が非常に高くなり、これまで購入してきたシャープペンシルを週替わりで使っています。

しかし「これだ!!」という物になかなか出会えていません。それは書き味や持ち味という感覚的な部分が非常に大きく、しかも昨日はいい感じと思っても、翌日にはちょっと違うな・・・となったり、それこそ午前・午後とでも感覚的にしっくり来ない時もあります。

僕自身どういう筆記具が好みなのかということは分かっているつもりですが、数多くあるシャープペンシルからなかなか選ぶことができません。

そんな時はプロに相談しよう!!ということで、岐阜県大垣市にある「川崎文具店」の店主さんにちょっと雑談レベルで相談したら、僕の筆記具の持ち方などからオススメの一本を選んでもらいました。

店主さんが選んでくれたのは、「rOtring 600 0.5mm」です。
rOtring というブランドは知ってはいたのですが、今まで手にする機会がありませんでした。今回試筆して見たら、僕の好みにドンピシャでした。 ほんと一目惚れならぬ、一持ち惚れです。

rotring 600 0.5mm

商品情報

rOtring の代表的なアイテムになった600シリーズで、rOtring の象徴となった六角形のフルメタルボディです。

芯径:0.5mm / 0.7mm
カラー:ブラック / シルバー
価格:2,500円(税別)
重量:20g

rOtringの真ちゅうメカニズムがリードの正確な芯出しを実現

リードガイドスリーブが固定されているため芯折れを防ぎ、定規を使った精密な製図でもページをスムーズに確認可能

金属バーレル

完全なメタルボディが重量感と感触の理想的なバランスを実現。六角形の軸の形状のため筆記や製図時に疲れない。 机に置いた時に転がらない形状。グリップ部の滑り止め加工

芯を出す時のノック音がかなり心地の良い手応えと音です。
せっかくのメタルボディなので、それなりに重量感のあるノック音で気持ちがいいです。

 

持った時の重量感やバランスがかなりいい感じです。
求める筆記感は、人それぞれ違うので一概にこの筆記具が最高だ!!とはとてもではないが言えないです。しかし、いまいち筆記具にしっくり来ていないのであれば、rOtring の筆記具を候補に入れてみはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。