カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

折れにくく消しゴムで消せる色鉛筆「Noris Club erasable」

岐阜県大垣市にある素敵な文具店の「川崎文具店」に遊びに行ってきました。 これといった用事もないのに、時間があると文具店に行きたくなる症状に病名をつけるとしたら、どんな名称になるのでしょうね。もし病名がつくのならば、僕はかなり重症かもしれません。

店主さんとこれといった話題もなく、だらだらと文房具談義をしていた時に、六角形の色鉛筆の話題になりました。
通常色鉛筆の軸は丸軸が非常に多いです。なぜなら通常の鉛筆の芯は黒煙を焼き固めるのですが、色鉛筆は油分を含んでおりただ圧力で固めているだけなので、力が分散しやすいように丸軸なっています。また鉛筆と違い立てて描くだけでなく、鉛筆を寝かせ気味で描くこともあるので、丸軸の方が持ちやすいという理由もあります。
しかし数少ないながら、通常の鉛筆のように六角形の色鉛筆もあります。三菱鉛筆だと添削する際に用いられる朱・紺色が六角形の軸があります。
文字を書くのであれば、丸軸よりも慣れた六角形の軸の方が楽だと僕は思っています。

そんな丸軸が多い色鉛筆の中に、六角形の色鉛筆を紹介してもらいました。
それはSTAEDTLER の「Noris Club」という色鉛筆です。

f:id:Pi-suke:20180814200452j:plain:w300
STAEDTLER Noris Club erasable

STAEDTLER 商品ページ:製品紹介(Products):ノリスクラブ 色鉛筆/水彩色鉛筆/消せる色鉛筆 | STAEDTLER Japan website!

紹介してもらったそのシリーズの中で「消せる赤鉛筆」を購入してきましたので、書き味を含めてレビューします。

Noris Club erasable「消せる赤鉛筆」

製品情報

  • 価格:100円
  • 2本セット

六角形の色鉛筆だけど折れにくい

f:id:Pi-suke:20180814200642j:plain:w300
芯が折れにくい「A・B・S」加工

写真のペン先を見てもらうと、芯と木軸の間が白くなっています。
これは「A・B・S(Anti Break System)」という芯折れ防止加工が施されているためです。

この加工のおかげで、折れやすい色鉛筆の芯をカバーしているようです。そのため、折れやすい色鉛筆の芯でも六角軸を実現しているんですね。

色鉛筆なのに消せる

通常の色鉛筆は、油分を使っているので通常は消しゴムで消すことはできません。
しかし、この「Noris Club erasable」は消しゴムで消すことができます。

f:id:Pi-suke:20180814200657j:plain:w300
Noris Club erasable には消しゴム付き

f:id:Pi-suke:20180814200424j:plain:w300
Noris Club erasable 試し書き

上記の写真の真ん中と右端は消しゴムで消したものです。
真ん中は色鉛筆に付属している消しゴムで消したもので、右端は普段僕が使っている二トムズの013:ERASER で消したものです。
共に綺麗に消せています。ここまで綺麗に消せるとは、想像していませんでした。

気になる書き味は?

消しゴムで消せる芯だからだと思うのですが、書き味は通常の色鉛筆よりも硬いです。
さらに発色も淡く、三菱鉛筆の朱色と比べるとその差が顕著に感じます。

f:id:Pi-suke:20180814200432j:plain:w300
三菱鉛筆の朱色

濃く塗ろうと思うと、強めの筆圧が必要でしょう。しかしそうすると消しゴムで消した際に筆圧の跡が残りそうです。

こんな人にオススメ

  • 淡い色で描きたい人
  • 色鉛筆で描いた物を消したい人
  • 色鉛筆の芯折れが気になる人

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。