カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

大人が惚れる文具のSAKURA craft_lab に新商品追加

大人が惚れる文具の「SAKURA craft_lab」に新商品が追加されます。 今までは001 / 002 の2種類だったのですが、今年の9月下旬に003が追加されます。

craft.lab.craypas.com

プレスリリース:「SAKURA craft_lab(サクラクラフトラボ)003」を新発売!

SAKURA craft_lab 003

商品情報

  • 発売時期:9月下旬
  • 価格:8,000円(+消費税)
  • 回転式単色ゲルインキボールペン
  • ボール径:0.8mm
  • 全長:110mm / 軸径 13mm
  • 重量:真鍮55g / アルミ30g
  • レフィル:001,002との互換性なし(200円+消費税)

気をつけないといけないのは、従来のSAKURA craft_lab 001 / 002 のレフィルと互換性がないということです。

特徴

短寸太軸デザイン

f:id:Pi-suke:20180806200301p:plain:w200
SAKURA craft_lab 003

軸径が13mmとかなり太めな軸です。そして全長が110mmとかなり短いです。
さらにcraft_lab の特徴のサクラマークも、あえて切削跡を残すようになっています。

001 も男性的なデザインでしたが、003 はさらに男性的というか野生的な印象です。
例えるなら、001 は男性貴族、003 は野武士でしょうか。「かく」ということだけに特化し、それ以外は削ぎ落とした。そんな感じではないでしょうか。

個人的には太い軸で、短い軸というのはかなり魅力的です。

クリップはないけど転がらない

003 はクリップがありません。
でも、ペンが転がってしまうことを防ぐ仕組みが組み込まれています。

f:id:Pi-suke:20180806200255p:plain:w200
転がり防止機構

上図のように、
・オール金属は、真鍮内部を一部分厚くすることで、転がり防止
・オールアルミは、一部に穴を開け、その穴に真鍮棒を差し込み転がり防止
という仕組みが組み込まれています。まるで、野武士の奥義のような隠し技です。

ただこのように円の一部が重くなっていることによって、持った時の感覚がどうなのか非常に気になります。

 

まだ発売前ですが、早く試筆してみたいです。
craft_lab 001 / 002 と同じようにゲルインキボールペンで、デザインがしっかりしているので、人目に触れるシーンでも使えることでしょう。
またボール径が0.8mmのため、太めの文字になるのでサインや手紙の宛名書きに良さそうです。
試筆する機会があれば、ぜひ試筆してレビューをしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。