カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

極細モノ消しゴムを搭載製図用シャープ

配置転換から、シャープペンシルの使用頻度がめちゃくちゃ多くなり、これ幸いと色々なシャープペンシルを試用しています。

色々なシャープペンシルを試用していて、思った以上に使い勝手がよかったシャープペンシルを紹介します。

それはTombowの「MONO graph zero」です。
芯径は、0.5mm / 0.3mm の2種類です。

f:id:Pi-suke:20180803204410j:plain:w200
MONO graph zero

www.tombow.com

良かった点

  • ローレット加工で握りやすく、低重心設計
  • 2.3mm径の繰り出し式モノ消しゴムを搭載
  • 4mm固定ガイドパイプで高い視認性を実現

ローレット加工で握りやすく、低重心設計

f:id:Pi-suke:20180803205625j:plain:w200
グリップがローレット加工

グリップがローレット加工されています。そのためグリップ感が高く、汗でべたついた状態でも滑ることがありません。

ローレット加工のために、グリップ部が金属のため低重心になっています。そのためペン先がブレることなく、書きたいところにしっかりと筆記することができます。

モノ消しゴム搭載

f:id:Pi-suke:20180803204440j:plain:w200
2.3mm径のモノ消しゴム

多くのシャープペンシルの付属の消しゴムは、消しゴムとは名ばかりで消字性に乏しい物が非常に多いです。そのために消しゴムを別途用意する必要がありました。
でも、このMONO シリーズはモノ消しゴムが採用されているので、安定した消字性です。

f:id:Pi-suke:20180803205432j:plain:w200
ちょろっと消してみた

しかも消しゴムが2.3mmと極細のため、一文字だけ消したい。図表の一部だけ消したい。というピンポイントの時に大活躍です。
その気になれば、シャープペンシルで書いた文字の一画のみを消すこともできそうです。

4mm固定ガイドパイプ

f:id:Pi-suke:20180803205349j:plain:w200
固定ガイドパイプで視認性抜群

製図用などのシャープペンシルにある機能である固定ガイドパイプが、筆記時の視認性を高くしてくれています。
そのため、細かな部分に記載する時にとても書きやすいです。

ただガイドパイプが固定のため、ポケットに入れるときに尖っているのが気になります。

 

こんな人にオススメ

  • 製図など細かな描画をする人
  • 高いグリップ感を求める人

 

週替わり?という頻度で色々なシャープペンシルを使い分けていますが、鉛筆に慣れすぎて未だしっくりとくるシャープペンシルに出会えていません。それに、シャープペンシルの芯によっても書き味が異なるような気がします。
ちょっとシャープペンシルの芯の書き味まで比較し始めると、ディープな世界に入りそうで怖いです。せっかくなので当面は色々なシャープペンシルを使って機能比較をしてみようと思います。また素敵なシャープペンシルに出会えたらレビューしようと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。