カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

よくあるサインペンよりも書きやすい「筆touchサインペン」

フェルト芯のサインペンで名前を書いたところ、あまりの汚文字に自分自身で嫌になってしまいました。どうしてこうも自分の文字は汚いのか、そもそも一番書き慣れているはずの自分の名前ですら、なぜこのレベルなのか・・・綺麗でなくてもせめて年相応の見栄えのする文字を描きたいものです。

日課のように文具店にいったら、Pentel の「筆touchサインペン」の新しいパッケージが発売されており、試筆できるようになっていました。
毛筆どころか筆ペンですら満足に書けた記憶がないのですが、せっかくなので試筆してみました。そうしたら思いの外に書きやすい。しかも「トメ」「ハネ」「ハライ」が綺麗に書けた気がしました。

綺麗に書けたような気がしたので、今日はPentelの「筆touchサインペン」を紹介します。

f:id:Pi-suke:20180730200005j:plain:w200
Pentel 筆touchサインペン

www.pentel.co.jp

筆touchサインペン

Pentel のホームページには、

筆のような弾力のあるペン先を採用。サインペン感覚で気軽に書いても自然と描線にメリハリが加わり、筆タッチの味のある文字や線を描けます。

と紹介されています。

ペン先の「筆のような弾力」が、綺麗に書けたような気がした要因だと思います。

f:id:Pi-suke:20180730200026j:plain:w200
ペン先アップ

「筆のような弾力」とありますが毛筆や筆ペンよりも、根元にグッと弾力があります。この弾力のおかげで「トメ」「ハネ」「ハライ」が綺麗に書けるようです。

試しに書いた文字を晒してしまいます。(この時点でも綺麗とは言えませんが・・・それにサインペンでは、これよりも汚文字なのでとてもではないけど晒す勇気がありません。

f:id:Pi-suke:20180730200616j:plain:w200
筆touchサインペンを書いてみた

非常に書きやすくて、書いた文字も通常のサインペンよりも見られる文字のため、ペンケースに常駐させようかと思います。

ただ気になるのが、なぜかボディがラメなんです。ラメなのでペンケースの中でも目立ちはするのですが、なんか変な気分です。

 

サインペンで綺麗に文字が書けないという人は、一度試して見てください。筆ペンで書いたようにしっかりと「トメ」「ハネ」「ハライ」が表現できるので、それなりに綺麗な文字に見えることでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。