カクかく

いつも側に寄り添っていて、人生を豊かにしてくれる文房具。そんな素敵な文房具をゆるく紹介します。

初Pelikan は「M205 デモンストレーター」

今年の5月末に発売されたPelikan さんのM205 デモンストレーターをお迎えしちゃいました。

f:id:Pi-suke:20180630175315j:plain:w200f:id:Pi-suke:20180630162628j:plain:w200

実はPelikan さんの万年筆は、これが初めてのお迎えです。
色々な機会にPelikan さんの万年筆は試筆しており、非常に癖がなく素直な書き味の印象を持っていたのですが、なかなか機会が合わず今まで購入に至りませんでした。

しかし今回タイミングが合って、初めてPelikan さんをお迎えしました。

M205 仕様

M205 ということで、かなり小柄なサイズです。

f:id:Pi-suke:20180630175355j:plain:w200

  • 長さ:約126mm
  • 軸径:φ12mm
  • 重量:約13.5g
  • ペン先:スチール
  • 吸入式

長さが約126mmのため、キャップを万年筆の後ろに挿さない僕は、ちょうど親指と人差し指の間に気持ちよくフィットします。

f:id:Pi-suke:20180630175604j:plain:w200
ペン先

ペン先はスチールなので、しなりはありませんが非常にスムーズに筆記することができます。ほんと、癖のない素直な書き味です。

M205 は吸入式なので、ボディ本体内にインクを保有します。
今回はお気に入りの「大垣セピア」を入れていますが、デモンストレーターなので外から見たときにインクが綺麗に見えます。イエロー系や明るい青系などのインクを入れると、素敵な外観になるのではないでしょうか。

実際に試筆

今回はF(細字)を購入しました。

f:id:Pi-suke:20180630163601j:plain:w200
新しい子で書いてみた

字幅を測ったところ、1Point(約0.35mm)程度でした。

これくらいの字幅だと、日常使いしやすい字幅だと思います。

 

まだ購入したばかりなので、まだまだ僕の書き癖に馴染んでいないので、「超きもちい〜」というほどの書き味ではないのですが、ほんと癖のない書き味です。
これから時間をかけて、僕の書き味に慣らしていこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。